集団的自衛権を議論する前にやるべきことがある  週刊プレイボーイ連載(150)


集団自衛権についての議論が徒労感しか残らないのは、そもそもの前提を共有せず、わけのわからないことをいうひとがいるからです。それも、ものすごくたくさん。

地球の裏側の国がいきなり攻めてくることがない以上、安全保障というのは国境を接する隣国とどのようにつき合えばいいのか、という話です。

いつ裏切られるかわからない相手とのつき合い方は、ゲーム理論でもっとも研究されてきたテーマです。

社会心理学者のロバート・アクセルロッドは、「囚人のジレンマ」と呼ばれる協力と裏切りゲームを繰り返した場合、どの戦略がもっとも効果的かを調べるため、心理学、経済学、政治学、数学、社会学の5つの分野の専門家を世界じゅうから集め、コンピュータ選手権を開催しました。

選手権に挑戦した天才たちは、さまざまな戦略を持ち寄りました。相手に裏切られても協力するお人好し戦略、逆に、相手が協力しても裏切る悪の戦略、裏切った相手には徹底して懲罰を加える道徳的戦略、ランダムに協力したり裏切ったりする気まぐれ戦略、さらには過去のデータから統計的に相手の意図を推察し、最適な選択を計算する科学的戦略……。ところがこの競技を制したのは、全プログラムのなかでもっとも短い「しっぺ返し戦略」と名づけられた単純な規則だったのです。

しっぺ返し戦略は、次のふたつの規則から成り立っています。

  1. 最初は協力する
  2. それ以降は、相手が前の回にとった行動を選択する

しっぺ返し戦略では、とりあえずどんな相手でも最初は信頼します。それにこたえて相手が協力すれば信頼関係をつづけ、相手が裏切れば自分も裏切ります。いちど裏切った相手が反省して協力を申し出れば、ふたたび相手を信頼して協力関係に戻るのです。

この科学的知見を国際関係に応用すると、最強の安全保障戦略は次のようなものになります。

  1. 平和主義を宣言する
  2. 武力攻撃を受けた場合は徹底して反撃する
  3. 相手が撤退したらそれ以上の攻撃は停止し、平和条約を締結する

国際紛争を解決する手段としての武力行使を永久に放棄したうえで、自衛隊と日米安保によって反撃の意志と能力を示すというのは、ゲーム理論的にきわめて合理的な安全保障戦略です。戦後日本の政治家はものすごく賢かったのです(信じられないかもしれませんが)。

ところが残念なことに、「自衛隊は違憲ですべての軍備を放棄すべきだ」という暴論を大真面目に唱えるひとがこの国にはまだたくさん残っています。このひとたちは、「敵が攻めてきたら降伏すればいい」とか、「国民一人ひとりが武装してパルチザンになれ」とか、でたらめな理屈をいい散らかしてきました。

「平和」の名のもとに空理空論を振り回すひとがいるかぎり、安全保障についてのまともな議論は成立しません。だとすれば、常識のあるリベラル派がまずやるべきなのは、安倍政権を感情的に叩くことではなく、「進歩的知識人」の残党を徹底的に批判することです。

そうすれば日本でも、より現実的で実りのある安全保障の論争がはじめて可能になるでしょう。

『週刊プレイボーイ』2014年6月9日発売号
禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: , パーマリンク

集団的自衛権を議論する前にやるべきことがある  週刊プレイボーイ連載(150) への13件のフィードバック

  • 葵絆 のコメント:

    >地球の裏側の国がいきなり攻めてくることがない
    アメリカから、大陸間弾道ミサイルが飛んでくることはありえる。

    >ところがこの競技を制したのは、全プログラムのなかでもっとも短い「しっぺ返し戦略」と名づけられた単純な規則
    しっぺ返し戦略は、「永遠の報復合戦」となりえます。
    もし戦争になったら、相手が撤退するまで、徹底的に反撃できますか?
    これ、自分より確実に弱い相手にしか、通用しない戦略です。

    >国際紛争を解決する手段としての武力行使を永久に放棄
    これも、相手からは「日本は武力で反撃しない」と読まれていると思います。
    でも、軍隊を持っているのだから、「平和主義」そのものが信用されていません。
    都合良く、日本を「しっぺ返し戦略」国家、と思ってくれる国がどこかにあるのでしょうかね?

    また『原発ホワイトアウト』で示されている通り、ほとんど武力など使わなくても、日本を壊滅させることは十分に可能ですよね。

  • 大岩四丁目 のコメント:

    『暴論を大真面目に唱えるひと』や『でたらめな理屈をいい散らかしてきたひと』は
    合理的な理由があるがゆえにそうしているのです。彼等が、馬鹿で阿呆で間抜けな訳
    ではありません。

    社会主義・共産主義などは糞の役にも立たない事が、私達凡民どもにまで解ってしま
    ったので、左翼ならぬサヨク系の人達は票を減らし、窮地に陥ってしまいました。
    最後のチャンスだった民主党政権も、実務で早々と馬脚を表してしまい、大衆に見限
    られました。小便の役には立つ自民党の方が、まだマシだとわかってしまったのです。

    政権担当の資格も能力もないサヨクは、もう理論さえも持っていないので、文学的表
    現でオツムの弱い大衆をあおるしか手がなくなってしまいました。それで、慰安婦と
    か原発事故とか集団的自衛権とかにおいて、優秀な頭脳をフル回転させて事実を捻じ
    曲げたり話を捏造したりして、ただヤンヤヤンヤと騒ぐだけが仕事になりました。

    コレで美味いメシを喰っている、サヨクという生業。

    橘さんもそう思っていると思いますが、これではリベラルが瀕死の状態で、小便の役
    しかできない政府を延命させることになり、何時までも実質属国のままにおかれます。
    本物のリベラルが復活して、ガンガン現実的な改革を進めて欲しいと思います。

    自衛隊機で「霞ヶ関への即時ミサイル発射OK!」ぐらいの決議ができるような永田町
    であって欲しいんですけどね。(冗談です、まずは厚労省と外務省だけで結構です)

  • 閣下様 のコメント:

    > ところが残念なことに、「自衛隊は違憲ですべての軍備を放棄すべきだ」という暴論を
    > 大真面目に唱えるひとがこの国にはまだたくさん残っています。このひとたちは、
    >「敵が攻めてきたら降伏すればいい」とか、「国民一人ひとりが武装してパルチザンになれ」
    > とか、でたらめな理屈をいい散らかしてきました。

    「敵が攻めてきたら降伏すればいい」はいいですね。笑えますね。
    降伏したら、全財産没収で、男は奴隷、女は性奴隷でライダイハンが大量に
    生まれますね。
    それが嫌なら戦わないといけませんが、竹槍ではB-29は落とせないので、
    F-22、3が必要でしょう。

    無抵抗平和主義を貫くと、何故、支那竹とかキムチが攻めてこないのか、そうでないのか、
    ちょっと考えれば分かりそうなものですが。

    ゲーム理論を持ち出すまでもなく、やるべき事は1つだと思いますけど。

  • 中将 のコメント:

    平和主義がいかに愚かしいことか、9条教の狂信者共は個人レベルで実践すれば良い。
    「強盗が押しかけてきたら降伏します」
    「私達は武器を持ちません。警察も呼びません」
    「話し合えばわかります」
    ってね。

  • だらりまら のコメント:

    投稿するところを間違えました。
    「我々人類の目的は戦争を地上から絶滅することである。
    そして、その唯一の方法は戦争である。
    戦争を消滅するには戦争を通じるほかはないのであり、鉄砲を不要にするには鉄砲を手にしなければならない(毛主席語録5戦争と平和)」
    橘さんの言いたいことは、これと同じですよね(笑)

  • だらりまら のコメント:

    毛沢東のこの言葉を最も忠実に守っている国があります。
    それは共産中国を最も嫌っている(いた?)、USAという国です。

  • 尖沙咀 のコメント:

    だから、囚人のジレンマに代表されるゲーム理論は、アメリカで発展したのだからアメリカの
    核抑止力に象徴される戦略もそれに沿ったものであるのは当たり前なのです。
    ところが、アメリカの「ハーモニック・コスモス信仰」だけで問題が解決されると思ったら
    大間違い!!!

    冷戦時代に日本が取った戦略(米ソの2者対立に対し、アメリカのコバンザメとして生きていく)
    は確かに正しかったのかもしれませんが、現在はそういう2者対立だけを見ておけばよかった
    時代ではなく、トリレンマどころかさらに多極化した事態なわけで(たとえば、冷戦時代に
    ソ連の一員であったウクライナとロシアが内戦状態になることが想像できましたか?)
    ただ単に囚人のジレンマだけで一刀両断できる話ではないのです。
    たとえば、イスラム社会とキリスト社会の対立はおろか、イスラム社会内部でさえ
    シーア派とスンニー派の対立があり、それがシリアやイラクの内戦状態を引き起こし、
    原油価格の上昇を招いています。原油のかわりにシェールガスでエネルギー問題は解決という
    話でもなく、戦略物資たりうるシェールガスを、アメリカが安易に輸出するとも考えにくい
    わけで、ただ単に囚人のジレンマの解ですべて解決とはいかないのが現実なのです。

  • 匿名 のコメント:

    正論であるかどうかよりも、今回はゲーム理論からみた国防という切り口そのものがシンプルでおもしろかった。日米安保があるわけだし、政治家はそんなことは考えてはないと思うけどね(笑

  • あっぷる のコメント:

    日本人は言うこと=言論と、やることが別なのです。
    『日本人とユダヤ人』という本の中にこういう文章があります。『国民が一致して反対している安保を強行し、とある新聞は書いているが』と。ある新聞とは、その当時、最も販売部数が多かったと思われる朝日新聞の事でしょう。すなわち、国民はその言論を支持したと言うことです。しかし、『国民が一致して反対して』いたはずの、安保を強行採決した、その当時の政権党、自民党がその後の選挙で、敗北したという話は歴史的事実として残っていません。
     すなわち、単純な解釈で言えば、日本人は言論と、実行とが別の民族であるということです。
     『日本は武力を持たずに、攻められたら、奴隷になれば良い』なんて、言論を言っている人達ですら信じていないでしょう。いざとなったら、『なぜ、自衛隊は動かなかったのか』と批判するに決まっています。それが日本人の矛盾で、韓国や中国が警戒する所なのだと思います。
     私は、今の在日外国人に対する反感は、現実問題としての、在日外国人に対する差別が消えかかっている現状に対する、バランス感覚だと思っています。20年ほど前は、公式の履歴書に本籍記入欄がありましたが。今は15年ほど前から禁止になりましたし。在日外国人でも、国民年金等に加入出来るようになり、在日外国人でも障害年金が受給出来るようになりましたし。
     常にバランスを取ろうとする何かが日本人の中にはあります。アメリカ等は正義の国ですが。すぐに正義に行き過ぎてしまう傾向がありますが。日本は常にバランスを取ろうとします。そんな気がします。

  • ぺーいち のコメント:

    現実とは国家の対立?で人類が殺しあうこと。
    戦後、長らく現実から避けてきたのでこの辺で、PKOでも集団的自衛権でも何でもいいので
    「殺したことのない軍隊」に殺し合いを実感してもらったほうが早いと思います。

  • 中将 のコメント:

    ※10
    とんだお花畑野郎だな。
    自衛隊が他国兵と殺し合いを始めても俺様は遠く安全な場所にいる、とでも思っているのだろうが、
    100万の特ア在日と市街戦を展開することになるってのにな。

  • ぺーいち のコメント:

    *11 
    では「100万の特ア在日と市街戦を展開することになる」っていう影響を想定しないで
    海外での武力行使を可能にしようとしているんでしょうか?
    どっちがお花畑なんだか…

  • ティーパーティーの正体 のコメント:

    民主党が出鱈目な政党であり福島瑞穂の属する社民党を初めとする売国政治集団や、朝日新聞や毎日新聞に代表されるサヨク系マスゴミの恐るべき正体が明らかになった今、サヨク集団は急速に力を失っています。

    占領下での押し付け憲法は国際法上禁止されていますが、なぜマスコミはこの事実を指摘しないのでしょうか?

    現実に日本の周辺個国家は異常というしかない現実がありますが、憲法9条を墨守する事は亡国への道まっしぐらと思います。

    憲法前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」は出来の悪い作文で、アメリカが押し付けたと考えるのが普通です。

    日本の周辺国家に公正や信義を期待できる国家がどこにありますか?

    中国は我が国の領土を脅かしながら反日今教育を国是とし今にも戦争を始めるポーズをみせ、韓国は竹島を占領しながら大統領自ら反日の限りを尽くし、ロシアは北方4島を占領したままで北朝鮮はわが国民を拉致しています。

    中でも危険な国が中国で、アメリカの国力が衰えたと見るやいつ尖閣列島を襲うか分からない状態があります。集団自衛権に反対する方々は、これらの国のスパイとしか思えないですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。