『週刊朝日』はいったい何を謝罪したのか?


前回のエントリーをアップした後、『週刊朝日』編集部と著者である佐野眞一氏のコメントが公表された。私の意見にはなんの変更もないが、『週刊朝日』編集部の正式な見解が次号に掲載されるというから、その前に論旨をもういちどまとめておきたい。

・『週刊朝日』に掲載された佐野眞一氏の「ハシシタ 奴の本性」は、「敵対者を絶対に認めないこの男の非寛容な人格」の秘密を知るために、「橋下徹の両親や、橋下家のルーツについて、できるだけ詳しく調べあげ」るノンフィクションだ。その目的が、出自や血脈(ルーツ)を暴くことで橋下市長を政治的に葬り去ることであるのは、連載の第1回で明快に述べられている。すなわち、佐野氏はこの記事が引き起こすであろう社会的な混乱を含め、すべてを熟知したうえで執筆している。

・『週刊朝日』編集部は、佐野氏のこうした執筆意図に完全に同意したうえで連載を開始した。それは、「ハシシタ 奴の本性」というタイトル(これは佐野氏が提案したのかもしれないが、タイトルの決定権は編集部にある)や、橋下市長の顔写真を前面に出し「橋下徹のDNAをさかのぼり本性をあぶりだす」とのキャッチコピーをつけた表紙、および新聞各紙への大きな宣伝広告を見れば明らかだ。

・この記事に対して橋下市長は、「血脈主義は身分制度の根幹であり、悪い血脈というものを肯定するなら、優生思想、民族浄化思想にも繋がる極めて危険な思想だと僕は考えるが、朝日新聞はどうなのか。アメリカでの人種差別、ヨーロッパにおけるナチス思想に匹敵するくらいの危険な思想だと僕は考える」と延べ、佐野氏の記事がナチスの優生思想そのものだとして、『週刊朝日』を発行する朝日新聞出版と親会社である朝日新聞社を批判した。その結果、『週刊朝日』編集部は謝罪と連載の中止を発表した。

・ところで、佐野眞一氏は連載の開始にあたって、「オレの身元調査までするのか。橋下はそう言って、自分に刃向かう者と見るや生来の攻撃的な本性をむき出しにするかもしれない。そして、いつもの通りツイッターで口汚い言葉を連発しながら、聞き分けのない幼児のようにわめき散らすかもしれない」と書いているように、こうした事態を最初から予想していた。佐野氏にとって橋下市長のTwitterによる攻撃は、「敵対者を絶対に認めないこの男の非寛容な人格」から当然のことで、自分の記事が正しかった証明でしかない。もちろん、佐野氏には記事を訂正するつもりもなければ、橋下市長に対して謝罪するつもりも微塵もないだろう。

・佐野氏は、「記事は『週刊朝日』との共同作品であり、すべての対応は『週刊朝日』側に任せています」「記事中で同和地区を特定したことなど、配慮を欠く部分があったことについては遺憾の意を表します」とコメントしているが、連載を継続するか中止するかは出版社の一方的な判断で、書き手が関与する余地はないのだから、本人の意思にかかわらず『週刊朝日』側に任せるしかない。遺憾の意を表した部分については後でもういちど述べるが、これが橋下市長への謝罪でないのは明らかだ。

・佐野氏の立場になってみれば、自分が「正しいこと」を書いたにもかかわらず出版社の一存で連載が中止されてしまったのだから、残された道は、別の媒体で連載を継続するか、単行本のかたちで作品を完結させて世に問うほかはない。逆にいえば、それができなければ筆を折るしかない――それくらいの覚悟で連載を始めたはずだ。

・このように、橋下市長と佐野氏の立場は真っ向から対立し妥協の余地はないものの、それぞれ一貫している。だが、『週刊朝日』編集部はどうだろうか。

・そこで、『週刊朝日』編集長のコメント

「記事中で、同和地区を特定するような表現など、不適切な記述が複数ありました。橋下徹・大阪市長をはじめ、多くのみなさまにご不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことを深くおわびします。私どもは差別を是認したり、助長したりする意図は毛頭ありませんが、不適切な記述をしたことについて、深刻に受け止めています。弊誌の次号で「おわび」を掲載いたします。」

と、朝日新聞出版のコメント

「第1回の連載記事中で同和地区などに関する不適切な記述が複数あり、このまま連載の継続はできないとの最終判断に至りました。橋下徹・大阪市長をはじめとした関係者の皆様に、改めて深くおわび申し上げます。不適切な記述を掲載した全責任は当編集部にあり、再発防止に努めます。本連載の中止で、読者の皆様にもご迷惑をおかけすることをおわびします。」

を検証する。

・ここで、「同和地区を特定するような表現」や「同和地区などに関する不適切な記述」とあるのは、橋下市長の実父が被差別部落の出身であるとして、その地区の名称を文中で明示したことだ。コメントはまるで無自覚にこのような記載をしたかのようだが、同和地区を名指しすることが部落差別のタブーに触れるのは常識(というか常識以前の話)で、そんなことは絶対にあり得ない

・週刊誌の記事はデスクや編集長など編集部内の複数の人間が読み、社内の校閲を通している。そのうえ今回のような訴訟が予想される記事では、顧問弁護士のリーガルチェックも受けているはずだ(それをやっていなければ驚きだ)。文中で同和地区を名指ししたことは、著者と編集部の明確な意図のもとに行なわれたことだ

前回のエントリーで述べたように、これまでの差別問題というのは、著者や編集部の無自覚な差別意識を批判され、それを謝罪するというものだった。一方、佐野氏の記事ではすべてが自覚的に行なわれている。ところが『週刊朝日』編集部は、この問題を従来と同じ「うっかりミス」に矮小化しようとしている。

・同和地区を名指しすることはタブーだが、(その当否は別として)表現者は自らの意思でタブーを越えていくことができる。佐野氏は当然、部落差別のタブーを熟知しており、それを承知のうえであえて同和地区を名指しした。『週刊朝日』編集部は、社内の校閲や弁護士から懸念を伝えられていたものの、佐野氏の意向に同意して、それが部落差別のタブーを侵すことを了解したうえで記事を掲載した。それ以外に、同和地区の地名が週刊誌の誌面に載るなどということはあり得ない

・佐野氏は、同和地区の名称を名指ししたことを、配慮を欠く部分があって「遺憾」と述べたが、橋下市長に対してはいっさい謝罪していない。ところが『週刊朝日』編集部は、「同和地区を特定するような表現など、不適切な記述が複数ありました」と、佐野氏が認めたもの以外にも複数の差別表現があったことを認め、「橋下徹・大阪市長をはじめ、多くのみなさまにご不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことを深くおわびします」と橋下市長に謝罪している。先に述べたように、そもそもこの記事の目的は橋下市長の出自を暴いて政治的に葬ることにあったのだから、「不快な思いをさせ」たことを橋下市長に謝罪するのは明らかに佐野氏の「遺憾」の範囲を超えている。

・『週刊朝日』編集部は次号でおわびを掲載するというが、それと同時に、「複数の不適切な記述」とはどの部分のことなのか、その理由とともに読者に説明する重大な責任を負っている。

・橋下市長は今回の記事を、「ナチスの優生思想と同じ」と批判している。『週刊朝日』編集部が謝罪と連載の中止を決めたことで「これでノーサイドにしてやる」となったが、橋下市長の理解では、これは『週刊朝日』編集部が、佐野氏の記事を「ナチスの優生思想」だと認めたということだ(だから「ノーサイド」なのだ)。

・『週刊朝日』編集部が謝罪だけで反論しないのなら、橋下市長が批判するように、『週刊朝日』はナチスの優生思想を掲載したことになる。これはいうまでもなく、雑誌の存続にかかわるきわめて重大な問題だ。

・今回の事件では、言論・出版・表現の自由に対する『週刊朝日』編集部の立場が根底から問われている。『週刊朝日』編集部は、記事中にある不適切な表現とその理由を明らかにしたうえで、橋下市長のそれ以外の批判には毅然として反論すべきだ。もっとも、「記事を掲載したのは面白そうだからで、人権はただのお飾り、表現の自由はたんなる方便」ということなら、私にはこれ以上いうべきことはない。

追記:エントリーをアップした後、今回問題となっている同和地区の地名は、すでに別の雑誌に掲載されているとの指摘をいただきました。

上原善広「孤独なポピュリストの原点―「最も危険な政治家」橋下徹研究」(『新潮45』2011年11月号)によると、2008年1月、大阪府知事選に出馬した橋下氏が、街頭で自らこの地名を挙げて演説していたといいます。

同和地区の地名がすでに周知の事実となっているのなら、これを理由に連載を中止する理由はますますわからなくなります。

カテゴリー: Libertarianism タグ: パーマリンク

『週刊朝日』はいったい何を謝罪したのか? への40件のフィードバック

  • さる のコメント:

    記者会見に出て来れなかった週刊朝日。
    前日に宣戦布告されながら、何の理論武装もせずにやられ放題の朝日新聞。
    一般人も動画で見ることができる記者会見で、言論で対抗できなかったのは印象悪かった。
    今の時代、議論できないジャーナリストは淘汰されるべきなんだろう。
    言論の自由は戦って勝ち取るものだ。
    保障されるべきと思うのなら、誰にも迷惑をかけない無難な記事でも書いていればいい。

  • 会社員 のコメント:

    一言、言わせて下さい。
    あなた方出版関係社は、血縁や出身を語る際、橋本市長にも(何人も)子供がいることに全く触れず、配慮しないのは何故ですか?
    あなたを含め、連日の色んな方々の表現からは、このことが頭の片隅にさえ無い気がして恐ろしいです。
    同和地区の表記や出版社の姿勢を問う以前に、あなた方がお構い無しと思っている公人でも何でも無い子供まで傷つける大人の配慮の無いジャーナリズムは、無差別殺傷の凶器になっているとは思わないのでしょうか?
    それとも公人の子供は血縁や親族を世間に発表されても構わないということでしょうか?

    私は橋本派でも何でもありませんが、一人の親として、橋本市長の対応は極めて寛大だったと思います。
    また同時に、日本のジャーナリズムのレベルの低さを哀れに思います。

  • 大変だね のコメント:

    一言。朝日には社会における価値観、存在価値の意義(ミッション)が無い。あれば常に首尾一貫しているはず。場当たり的な言論がおおい。ペンは剣より強し。だから、無差別殺人と一緒となって攻撃を受ける。団塊の世代が会社をやり始めるとこうなるのかな。安保闘争の学生と替わらない。

  • もちもち のコメント:

    他の人がやってたから自分がやってもおk(b*ゝvƠ)=☆
    ていうのは違うんじゃないかなぁ…。
    いじめっ子の言いそうなことだよね。
    朝日も佐野もこのブログ主も、頭悪いってことはわかったよ!

  • イエローイディオット のコメント:

    何かあれば朝日を叩こうともくろんでいた橋下氏の策略に、朝日新聞社(あるいは朝日新聞出版)が見事にはめられ、世論もマスコミも「人権」という錦の御旗を妄信し、橋下氏の論調に無意識のうちに同調させられた感じがする。

    不適切とされた父親の出自のことは、橋下氏本人がすでに明らかにしていることで、なおかつ他週刊誌でもずいぶん前に伝えられているものだ。記事に目新しい事実は何もない。「DNA」という表現さえ、表紙のキャッチコピーにこそ使われているが、本文には一度も登場しないことを、注意深い読者であれば気づいているだろう(それだからこそ、DNAという言葉は今回の連載にはまったくふさわしくないし、不必要なものだった)。

    橋本氏が週刊朝日を糾弾するなら、過去に同様の記事を掲載した週刊誌もすべて俎上に上げなければフェアではない。にも関わらず今回それをしない理由は明らかだ。なぜなら、自分の政策に刃を向けるもの(今回の場合は朝日)に対する攻撃のタイミングを伺っていたところに、たまたま格好の材料が飛び込んで来たに過ぎないからだ。

    私は朝日側でも橋本側でもないが、ケンカは負けないと豪語し、粘着質的に相手を執拗な攻撃にさらす橋本氏のやり方は正直、気持ちのいいものではないし、国政をしょって立つ器でもないと思う。内心そう思った国民も多いのではないだろうか。

    今回のケンカは橋本氏の勝利に終わりそうな気配だが、長い目で見た場合、今回のような対応は彼にとって決してプラスには働かないだろう。それどころか、今後致命的となり得る彼のマイナス要因の片鱗を、図らずも見せてしまった。

  • あ? のコメント:

    書いてある内容に沿って議論すること自体がばかばかしい。朝日がしたことは、橋下氏や他の出版社がどういう発言をしたか、そんな次元じゃないでしょう・・・

    朝日は最初の特集を橋下氏の実家の親に送りつけて反応を取材しようとした。
    記事にできないような陰湿なことを裏でやってるんだよ。

    誰かも書いていたけど、朝日は民衆の矛先が自分に来たから出版取り下げただけ。橋下氏が激怒した直後に朝日が密室での謝罪を提案したことからも、護身目的の謝罪なのは明らかでしょう。

    最大限に糾弾されるべきなのは、朝日の差別発言そのものではなくて、差別発言の背景にあること。購読者数を得るためなら何でもやってのける陰湿な取材手法と、裏工作で自分への批判を避けようとする謝罪手法そのものだよ。

    朝日の謝罪文は朝日では読んではいけない。
    一般会社が謝罪をするときには他社メディアに金を払って広告を出すのがあたりまえ。
    いい加減にマスコミ中心主義は崩れてほしい!

  • かなめ のコメント:

    この一件に興味を持ち、まとめやblogをむさぼりましたが、
    結局のところ、最初の段階で目にしたこちらの文章を読みに戻ってきてしまいました。

    第一話に記された内容だけでさまざまな意見が飛び交っていますが、
    謝罪をするのであればやはり、連載する予定だったすべての内容を公開した上で、
    その内容が不適切であるなら謝罪、という形が筋だと思います。

    とはいえ、全体が見えない連載モノだからこそ、
    一期一会のような配慮が必要ではないかという意見もその通りですよね。

    しかしノンフィクションという「作品」である以上、
    その本質を世に問う前に引っ込めて完全降伏というのは、いかにも情けない。

    企画段階での鼻息の荒さ。世に放つだけの価値があると認めた判断と経緯。
    タブーとされる表現を乗り越えてでも公表すべきであったであろう説得力。

    そういったものが何一つ見えないまま、ただただ保身に走ったことが残念です。

    お金が動かないところに公平なジャーナリズムがないのは当然ですが、モヤモヤしますね。

  • かなめ のコメント:

    お金が動かないところに公平なジャーナリズムがなかったら大変だ(笑

    お金が動くところに、です。失礼しました。

  • 匿名 のコメント:

    ちなみに人権って錦の御旗でも何でもないですよ?元々は、「悪魔の証明」と同じくらいこっぴどく人を不条理な破滅に追い込む手法です。人権に嫌悪を抱く人は、弱いものを人柱・肉の壁としてのうのうとのさばる人権屋の悪魔のような狡猾さにまんまとハメられてる無知で可哀想な人たちなのです。悲惨ですね。

  • merrymaker のコメント:

    なんかですね、前回の投稿では橘さんの立ち位置が朝日よりみたいな誤解を招く文章だったのでコメントが荒れてましたよね。
    朝日の記事をよく知らない僕にも佐野さんの意見なのか橘さんの意見なのかよくわからなかったです。(一部「」がなかったからかな?)
    ですが今回の投稿でよくわかりました。 コメントもあまり荒れてないようでなにより。 応援してます。

  • yumotetsu のコメント:

    他人の素生はとことんまで暴くけど、自分は匿名で、って・・・・

    それでもって、自分たちは表現者で、その表現のためならば
    もとい、覚悟があれば逸脱しても構わないなんて・・・

    日本は、もう既に法治国家ではないのですか?

    最低限の道徳やモラルなども必要としない国に、いつからなったのですか?

    道徳教育を幼稚園あたりからやり直されたらどうですか?

    っていうか

    結局、あなたは何を主張されたいのですか?

    さぞ、あなたは、素晴らしい血筋であり
    先祖や親類縁者に、一人たりとも犯罪を行った方などいないんでしょうね

    橋下さんも、そんな家に産まれてたら、こんな最低な事を言われなかったのにね。

    最後に、『橋下さんの子供が、もし学校でいじめられたら、あなたは責任取れるんですか?』

    あなたは、その覚悟を持って、このブログを発信されましたか?

  • アットマン のコメント:

    『同和地区の地名が既に周知の事実』でも、その記事を読んで初めて知った人も居るはずです。『それを周知の事実』だから良い、っなにごとだ!

  • おい橘! のコメント:

    あなたも出自を公開するべきでしょう?それが常識だというのならば自分の発言に責任を持って実行してください

  • ki のコメント:

    連載を止めた理由は、やっぱり部落の地名を書いちゃったからでしょう 新潮で既出だから周知のことだと思って載せたら、予想以上に橋下が怒って親会社を脅してきたので、部落の地名を乗せちゃった弱みもあって連載を止めざるを得なかったのでしょう 部落の名前を載せたこと以外の、橋下の悪口に関しては朝日は謝ってないと思います ライターの感想なんだから嘘じゃない限り謝る必要ないし

  • you-me のコメント:

    民主主義社会でマスコミュニケーションが言論・表現・思想信条の自由や権利を放棄したら、私らはどうやって守ればいいんだっけ。

  • たま1016 のコメント:

    政治家の人のことを洗う?って聞いたことが歩けどそれは国がその人を雇っているんだから一般の会社なら社長のような人がすればいいのではないですか?それを関係ない人が断りもなくしてしまうことは犯罪ではないですか?それが犯罪という風に認識するのは一般的ではないのですか?もしもそうされて私が困れば困った人(私は)誰かに相談しなければなりませんよね。体力も経済力も力もなければ誰が助けてくれるのですか。もっとほかにそうされて困っている人がいるんじゃないですか?公にしてありますが、見えないところで困っている人は解決策になるでしょうか?

  • 空飛ぶほうれい線 のコメント:

    橘氏はかつて『宝島30』編集長時代「小林よしのり週刊SPA!解任事件」に関わっている。
    『宝島30』は当時露骨に小林寄りの記事を書き、その後「ご褒美」という事なのか小林の連載を得ている。
    この事件ではSPA!編集長は解任され宅八郎氏の連載は休止に追い込まれている。
    このことを橘氏はどう考えているのか?
    一つはっきりさせたいのは宅氏が書いたとされている「切通理作氏のプライバシー」は全て切通氏が著作で描いたことを引用しただけ(自宅居住地、当時の妻の仕事)という事。なお宅氏は切通氏の「自宅住所」は連載で書いていない。

  • m のコメント:

    橋本氏は、親が犯罪者であろうと、何であろうと、子は総理大臣になれると示せれば、よかったのではないか?
    橋本氏ほどの力がある人であれば、親のこと、血族のことを書きたてられても、むしろ、親に恵まれない人に勇気を与えることができたのではないか。

  • ピンバック: 橘玲ってどう思いますか? | 巷で話題のウワサ話し

  • 聖パウロ のコメント:

    「桜の宮自殺扇動教育破壊違法介入事件」の顛末は「統廃合の小五の自殺事件」である。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。