「首相が変われば日本はよくなる」という幻想 週刊プレイボーイ連載(1)


野球でもサッカーでも、チームが負けてばかりいるとファンやサポーターは「監督を辞めさせろ」と騒ぎ出します。「負けたのは選手が悪いからじゃない。監督が代わればチームは生まれ変わるはずだ」というのが、世界共通のファン心理だからでしょう。サポーターなら誰でも選手を愛してやまないし、かといって敗戦の責任は誰かがとらなくてはなりません。だとしたら、生贄に捧げるのは監督しかいない、ということになります。

多くのひとが誤解していますが、古代社会の王は絶対権力者として民衆の上に君臨していたのではありません。古代の王は神との交渉係で、ひとびとは王がその仕事をうまくやっているかぎりにおいて崇め奉ったのです。そのかわり日照りや長雨など悪いことがつづくと、神を怒らせたとして、民衆はさっさと王の首をはねて生贄にしてしまいました。

東日本大震災の後、菅首相への批判はとどまるところを知りません。「能力がない」「逆切れする」というのはまだマシなほうで、「ひととして間違っている」「こころを病んでいる」など人格を全否定するようなものも目立ちます。当然のことながら支持率も低迷していて、震災後も20%前後をうろうろしています。評判の悪かったブッシュ前大統領ですら9・11同時多発テロの直後は支持率90%に達したことを思えば、この不人気は驚異的です。

あらかじめ断わっておきますが、私はこの驚くべき人望のなさを擁護するつもりはありません。とはいえ、「菅以外なら誰でもいい」という倒閣運動は、「後任はサルだっていい」と怒り狂うサポーターとまったく同じだということは指摘しておく必要があります。

日本では総理大臣が毎年のように代わりますが、これはバブル崩壊以降、20年にわたって日本経済がずっと不況だったからです。これにはさまざまな理由があり、みんなそのことはなんとなくわかっているのですが、現実に悪いことが起きている以上、誰かが責任をとらなくてはなりません。このようにして次々と首をはねた結果、この国はいつのまにか“元総理大臣”だらけなってしまいました。

冷静になって考えてみると、私たちはこの20年間、「首相が辞めれば政治はよくなる」「政権交代すれば日本は変わる」とずっと聞かされつづけてきました。格差社会の元凶は“市場原理主義”の小泉政権で、年金制度が崩壊したのは安倍内閣の責任で、“宇宙人”鳩山は平成の脱税王だ……。もちろんこうした批判には、それぞれ真っ当な理由があるのでしょう。ただ、代わるたびにどんどんヒドくなっているような気がするのは、私だけでしょうか。

「首相劣化の法則」にしたがって、菅首相は見事、「最低」記録を更新してしまったようです。次の国政選挙では大敗北は必至でしょうから、よってたかって政権の座から引きずりおろされそうなのも自業自得というものです。

でも次は、いったいどんなキャラが来るのでしょうか。今の総理大臣よりもっとヒドい政治家はいくらでもいそうなのに、誰も不安にならないのでしょうか。

内閣総理大臣殿。

ダメなのは、あなたでしょうか、

いいえ、だれでも。

『週刊プレイボーイ』2011年5月23日発売号
禁・無断転載

*                   *                   *                   *                   *                   *                   *                   *

『週刊プレイボーイ』のリニューアルに合わせて、「そ、そうだったのか!? 真実(ほんとう)のニッポン」という連載を始めることになりました。

連載のタイトルは説明は不要ですね(^^)。“本家”には遠く及びませんが、時事的な話題について思いついたことを書いていくつもりです。

編集部の許可を得て、発売日の翌週以降にブログにアップしていきます。

コメントを閉じる

22件のコメント

  1. 今回の災害復旧は凡人でもある程度のことは出来ると思います。
    未来像を描いて、衆愚の反対を受けても実行する。 そんな構想力・実行力がなくても、復旧なんて時間をかければ誰にでもできるだろう事は想像に難くありません。

    願わくば、名古屋の広い道路、大阪の地下鉄、関東大震災の後の東京都市構想 などの例にあるがごとく、将来像を持った人に復興を指導して欲しいものです。

    その場対策なら、私レベルでも出来ます。

  2. 菅の前からそう言ってたならその通りだけど、今それを言ってもね。今変えても次が最悪だろうからってのは今変えない理由にはならない。
    「いったん変えてみよう、駄目だったら元に戻せばいい」
    2009年夏までにはよく言われてたことです。

  3. 批判することを、冷静に人格者のように否定する人は多い。政治において、批判を否定するなら・・・それは彼の国のように独裁政権でしかあり得ない。凡人でも最善を尽くすことはできる。それができないのなら降りて貰うのは、当然だと思うが・・・。

  4. >日本では総理大臣が毎年のように代わりますが、これはバブル崩壊以降、20年にわたって日本経済がずっと不況だったからです。

    はあ?
    小泉は?

  5. m様のおっしゃる通り、ここ20年くらいでは小泉元首相が唯一長期(と言っても5年程度で、世界の首脳と比較すれば短い部類でしょうが)に亘って執政を行えた人物ですね。

    私が「政治」を面白いと感じ始めたきっかけも小泉首相でしたし、振り返ってみてやはり首相としての格が段違いだったのだなあと思います。

    1年程度でころころと変わってしまう他の人物と比較して何が違うのか、という問いにはたくさんの答えがあるでしょうけど、私は信念の強さと「嫌われてもいい」という覚悟だと思っています。

    リーダーは嫌われる・恨まれることを恐れてはならないと思います。小泉以降、特に民主党政権になってから、このごく当たり前の資質を持った人間がトップに居ないことが全ての不幸のもとだと思うのです。かといって、現在そういう人物が国会議員にいるかと問われれば、私も分からないのですが。

  6. 小泉元首相は唯一景気面に支えられた例外ともいえる
     いざなみ景気 2002年2月から2007年10月までの69ヶ月間
     小泉内閣   2001年4月から2006年9月までの65ヶ月間
    景気の割には、国民に満足感は感じられなかった。
    景気は海外の需要に助けられただけだろう。

  7. 「首相変えるだけじゃ駄目」じゃあどうしろと?どんな解決策があるの?
    「ヒドい政治家はいくらでもいそう」というなら、いいと思える政治家は誰なの?

    批判のみ揚げ足取りで他人事の三流記事ですなぁ。
    20年っていうならここに名前出ていない宮沢内閣から抜けてる細川、羽田、村山、
    橋本、小渕、森、福田、麻生の実績にも触れてください。都合のいい総理の名前出して
    悪かったと思う実績だけ口にしないでください。
    与党側に一票入れてたならあなたにだって間接的に責任はあるし、
    有権者なのに投票行ってないなら批判する資格はないのですよ。

  8. その3流記事を見にあなたも私もこのブログを楽しみに見に来るわけですね!

  9. だんだん悪くなるって、NHK の朝の連続ドラマの視聴率みたいですね。

    朝ドラみたいに変化球が投げられば良いのですが、総理大臣だけは国会議員からしか選べないし….

  10. K→T→S おもしろい!俺みたいな凡人はその時その時で納得してしまう。なんか後出しジャンケンみたいだね。

  11. 「首相が悪い」や「どういう政策を取るべきだ」などは無意味な戯言。投票に行ったとしても、一票しかないのだから自分が選挙結果ひいては政策に与える影響は客観的に考えて1/有権者数≒0である。選挙結果や政策は自分の望むようにはならないという現実を理解すべきであり、「投票に行けば政治を変えられる」などと思っている奴は人から教えられた事を何も考えずに信じる痴呆。

    それよりも今後も最低首相のもと無茶苦茶な政策が連発され日本が衰退していく事を前提にして、自分がどうすべきかを考える方が重要であり有益である。政治は自分の意志では変えられないが、自分自身は自分の意志で変えられるのだから。日本人が貧しくなっても、自分だけが豊かになれれば何の問題もない。

  12. 自分の人生が一切の他人の支えなしにただ一人己の力のみで成り立って
    いると勘違いし、自身が過去の歴史の結節点であるという自覚もなく、
    公共や共同体のルールや義務、美徳を蔑ろにする。

    そのミーイズムが巡り巡っていずれ自分の首を占めることになることにまだ
    気がつかない馬鹿者がここにもたくさんいる。

  13. >公共や共同体のルールや義務、美徳を蔑ろにする

    それが変化なんじゃないの? 手に負えない位変化して、そんで新しい局面になるんじゃないの? それを後で振り返って歴史というんじゃないの?
    1.2億全員に、1人づつ話して回ってくれよ。「絶対に変わっちゃダメだ~」ってさ。

    選挙、頑張り続けなよ。絶対良くなるからさ。
    正装して行って毛筆で投票しなよ。絶対もっと良くなるからさ。いい筆使ったほうがいいよ。

  14. ミクロ経済学的には選挙にいくことは無意味かもしれませんが、マクロ経済的には選挙にいくことは無意味ではないと思います。
    選挙の結果によって選ばれた政治家とその政策が高齢者や既得権者にのみ優遇され、若者世代や徒手空拳な人たちを搾取する結果となっているのは、若者世代の選挙などに対する無関心が要因なのは明らかです。

  15. だからさぁ、マクロ視点で見たら有意義なんだから選挙行きゃいいじゃん。

    マクロだの世代格差だの言ってる割に年代別人口分布や票田集注に触れてないけどそんな事どうでもいいじゃん。バンバン選挙行きなよ。権利あんだからさぁ。

    絶食とか、しなよ。絶対良くなるからさ。

  16. 安心しろ。きみは選挙になんか行かなくていい。

    いや寧ろ行くな。

    そのまま一生PCの前に張りついてろ。

  17. おう! 安心しろの意味分かんねえし張りついてんの誰か知らんがとりあえず了解!

    キミもよ、絶対棄権すんなよ!
    なにせキミの一票で成り立ってんだからよ。キミが一回でも棄権したらこのクニが悪い方向に向かっちゃうじゃねーか。 清き一票、頑張れよ!

  18. 正直、安部総理時代にこういう記事を書いてほしかったです。鳩山さん、菅さんが総理になるようなことがありませんようにと願いつつ、二人とも私の期待を裏切り総理に就任してしまいました。私は無能である、と自分で認める勇気がある方であれば、同じ無能でも認めない人よりはましだと思います。

  19. この視点は、社会学的(というか社会システム理論的)に、ほんとにそういえるんじゃないかと個人的に思います!
    橘さんの批評の切れ味には、いつも理論的なバックボーンを感じます、仮にそれがどんなネタでも(たとえばAKB48)。
    いつも感心しながら、楽しみに拝読しています。これからもいろいろなテーマの記事を拝見したいです!

    (あと、余談ですが、橘さんには数年前に某雑誌の編集者として大変お世話になりました。初対面のときは「マネーロンダリング」を拝読していたせいで、かなり緊張していたのですが、お会いしましたら大変お優しい方でびっくりしたことを昨日のことのように覚えています・・・)

    記事の感想と、あらためましての御礼まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。