不倫騒動を見れば、少子高齢化の理由がよくわかる 週刊プレイボーイ連載(306)


死後20年以上を経てから大人気となった政治家・田中角栄には「越山会の女王」と呼ばれる愛人がいました。”闇将軍“の金庫番として絶大なちからをふるう彼女の存在は周知の事実でしたが、そのことが問題とされることはまったくありませんでした。後年、正妻の娘である眞紀子氏や愛人の娘が、“父親の不倫”“愛人の子ども”という境遇にどれほど苦しんだかを告白しています。

「時代がちがう」というかもしれませんが、興味深いのは、角栄の愛人の存在が公になった1970年代は、いまよりはるかに不倫にきびしかったことです。当時のテレビドラマには、不倫が発覚して夫の両親が嫁の家族に土下座して謝る、というような場面が出てきました。小指を立てた男性が「私はこれで会社を辞めました」と語る禁煙グッズのCMは、いまでは意味がわからないでしょう。

その後、不倫は急速に大衆化して「ありふれたもの」になっていきます。いまでは友人や同僚から不倫の相談を受けても、「大変だね」と思うか、(子どもがいないなら)「そんなの別れちゃえば」ですませるでしょう。

「オレ、不倫してるんだ」とか、「あたし、夫がいるのに好きなひとができたの」といわれて、「そんな不道徳、許されるわけがない!」と怒り出すことはないし、もしそんな反応をすれば「おかしなひと」です。不倫は社会的な事件から個人的な出来事に変わり、他人がとやかく口出しをすることではなくなったのです。

ところが、社会が不倫に寛容になるにつれて、一部のひとに対してだけ不倫はますます道徳的に許されないものになっています。それが、芸能人と政治家です。

芸能人の不倫に対しては「相手の家族がかわいそう」と批判されますが、これはすべての不倫に共通することですから、一般人も同様に断罪されなければなりません。政治家は公人ですから「不倫をするような人物は信用できない」と批判するのは自由ですが、その人物が議員にふさわしいかどうかは次の選挙で有権者が判断することで、刑事犯でもないのに「辞職しろ」と強要するのは民主政治の否定でしょう。

芸能界も政界も閉鎖的な世界で、そこに男と女が押し込められるのですから、恋愛関係が生じないほうが不思議です。知人の国会議員は、「不倫は議員辞職ということになったら、政治家の半分はいなくなる」と真顔でいっていました。

そう考えれば、ネタになる人物の不倫だけが集中的にバッシングされているのは明らかです。標的のほとんどが女性なのは、角栄から「世界のワタナベ」まで、男の不倫は当たり前すぎて面白くないからでしょう。

不倫を批判するひとたちは、「恋愛は独身になってからやれ」といいます。自由恋愛が絶対的な価値になった現代社会で、お互いが独身なら、外国人はもちろん、男同士や女同士であっても恋愛になんの制約もなくなりました。

だとすれば、一連の不倫騒動を見て賢い独身女性が考えることはひとつしかありません。

「結婚して子どもを産むとロクなことはない」

日本で少子高齢化が進む理由がよくわかります。

『週刊プレイボーイ』2017年9月25日発売号 禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: パーマリンク

不倫騒動を見れば、少子高齢化の理由がよくわかる 週刊プレイボーイ連載(306) への16件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    >「結婚して子どもを産むとロクなことはない」
    と考えた女性がたどる道が、

    子供がいない私は、誰に看取られる?

    子の無い人生 酒井 順子
    ttps://www.amazon.co.jp/dp/4041015561/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_Vgz0zb27JMMBG

    というわけです。

    子の無い終末期を介護ロボットに看取られながらおくることが確定しているのなら、
    介護ロボット関連が株式テーマの銘柄一覧に投資するのをオススメします。
    ttps://kabutan.jp/themes/?theme=%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88

  • さやか のコメント:

    全くその通りで、結婚する理由無いです。
    なので事実婚や同棲で十分。
    相手の家族付き合いが軽減されるだけでもものすごく楽。
    結婚する理由があるとしたら、緊急救命で家族とみなされない、リタイアで海外に住む時のビザが楽(相手が外国人)、相手の稼ぎや遺産が多い。

  • さやか のコメント:

    誰に看取られるかどうより、大半の人生をストレスなく自由に自分らしく生きられる方が
    大事に思える。
    子供を持つことが夢という人でない限り、持つ理由ない。

  • マイペース のコメント:

    虐待の連鎖がよく言われますが、不倫はどうでしょう?
    遺伝子に関係するのかな?

  • 匿名 のコメント:

    昔は田中角栄のような人の不倫は、殿様が側室を持つのと同じような感覚で庶民は見てたんじゃないかな。要は、別の世界の話。

    特定の立場にある人に限らず、不倫を批判しないのはやっぱりダメなんだよ、社会的には。
    不倫がOKならそもそも結婚制度など必要なのかという話にもなるしね。

    なぜ一夫一婦性が受け入れられ主流になったかや、社会的安定がその恩恵を受けている可能性なども考える必要があると思うけどな。

    不倫の話題は女が強く反応するようだけど、個人的には、やれないオスが増えると社会は混乱すると思うね。イスラムテロを起こす若者の話が少し前にあったよね。

  • 尖沙咀 のコメント:

    「遺伝子決定論」を繰り返し論じているわりには、

    その遺伝子の引き継ぎ手となるべき子孫が減っていくという、

    各地で起きている少子高齢化を説明できないところが、

    ネタ本である「言ってはいけない」の
    致命的な欠陥なのです。

    これでは、竹内久美子の方がマシですよ。

    浮気人類進化論きびしい社会といいかげんな社会 (文春文庫) 竹内 久美子 ttps://www.amazon.co.jp/dp/B009HO5HEE/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_tKD0zbAE1FD26

  • 阪神ファン のコメント:

    あー橘さん、そういうオチかって、さすがやぁ。。。

    もっと面白いこと言えるよう今から一杯引っ掛けます

  • 山田 のコメント:

    うん、論理が破たんしているのではありませんか?

    一部のひとに対してだけ不倫はますます道徳的に許されないものになっているのなら、
    一連の不倫騒動を見て賢い独身女性が考えることは「結婚して子どもを産むとロクなことはない」ではなく、「自分は、芸能人や政治家でないから関係ない」ではないでしょうか。

    何故か、不倫と少子化に関連性があると自明に語られていますが、そもそも
    関係ありますかね?

    マネーの影響力がどんどん浸透している現状では、子どもを作り、育てることが、
    経済的に損か得かという問題設定になることが少子化の原因ではないでしょうか。

    例えば、年金を半額にして、それで浮いた金額をすべて、子どもに投入すれば、
    子どもを作る方が、経済的に得という結論になり、少子化問題は、解決します。

  • ぱあ のコメント:

    関係ないと思います。
    あるとすれば、本人の性格や環境に、よってです。

  • 名無し のコメント:

    人の親なら子供からの視点持てよ
    子供生めない年齢の独身女は別にどうなってもよい

  • 投資家 のコメント:

    突き詰めると、今の人手不足クライシスにつながってますな。付き合ってる中小の経営者は悩んでいます。

    政治家に期待することは、まずは公務員を削って民間に質の高い労働力を供給すべき。下記にも提言あり。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171005-00000002-moneypost-bus_all

    それら実行力のない政治家は、自らを削るべし。

  • alise のコメント:

    不倫バッシングして喜んでるのはアラフォー以上の専業主婦だよ。
    不倫が一般的になり、結果自分が捨てられるという恐怖から、
    自分の地位が脅かされるから不倫根絶を目指し金きり声を上げ叩きまくる。
    いわゆる主観と客観が混同しやすい女性という生き物の特性。
    でも現実社会、不倫は実際増えてると思うよ。
    女性の社会進出が増えればそれだけ不倫は増える。
    男女はそういう生き物だし。DNA的にも乱婚が正な生き物だし。
    でもそれは魅力ある男女だけ。男は金や地位、女は魅力や若さ。
    既婚主婦という特殊な立場の女性にとってこれほど不利な競争社会は無いよね。
    結果女性は頑張って働き、さらに結婚しても働き続けて
    男性から意識され続ける場所を選択する。
    気がついたら妊娠適齢期から外れてしまうのだけど。

  • 匿名 のコメント:

    久しぶりの更新、楽しみにしておりました。

  • 通りすがり のコメント:

    筆者さんへ
    ・結婚して子どもを産むとロクなことはない
    日本で少子高齢化が進む理由がよくわかります。
    →それだけが理由ではないと思います。
    1.結婚して子供産んだら生活できない
    2.結婚して子供産んだら遊べない
    3.結婚して子供産みたいけど異性が見つからない

    1.の解決策:給料安いんだから上げればイイ&子供1人目で所得税半額・住民税半額・年金半額。2人目以降所得税0・住民税0・年金0 等の政策をすればイイ
    2.の解決策:遊びたいなら遊んで下さい。その代り所得税2倍・住民税2倍・年金2倍払ってネ
    3.の解決策:2.の解決策イヤなら早く結婚して子供作ってネ。1.が適用されますよっと

    尖沙咀さんへ
    ・子供がいない私は、誰に看取られる?
    →それは男でも同じ。
    男のほうが深刻だと思う・・
    男やもめにウジがわき、女やもめに花が咲く といいうことわざがありますが・・
    やもめの意味がちょっと違いますが、一人暮らしってことにしておいて下さい。

    さやかさんへ
    ・子供を持つことが夢という人でない限り、持つ理由ない。
    →ならば上記2.の解決策と同じで税金・年金一杯払ってください。
    私自身結婚して子供一人(二人目欲しかったのですが家内の体調が悪くてあきらめました)いますが家族付き合いはめんどくさいですが、それはそれで仕方がないことだと思います。

  • 通りすがり のコメント:

    追伸
    「不倫」についてですが、経験上
    1.配偶者に不満がある(性格・態度・夜の営み等々)
      子供ができて奥さんが子供につきっきりで旦那を構ってくれない
      子供が大きくなって奥さんが暇になり昼間暇なので不倫する

    が理由であって「少子高齢化」とは関係ないと思います。

  • しま のコメント:

    結論がおかしい。
    >一連の不倫騒動を見て賢い独身女性が考えることはひとつしかありません。
    >「結婚して子どもを産むとロクなことはない」

    そんなことはない。一部の芸能人にだけきびしいのなら一般の独身女性には関係のない話だし。独身女性にしてみたら一般人の浮気も許されないようにして、浮気をされにくい社会にしたほうが安心して結婚できるはず。そう思う人が多いから女性がみるワイドショーで、浮気バッシングが支持されるのだろう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。