「差別とは無関係」といいながら差別するひとたち 週刊プレイボーイ連載(300) 


民進党の蓮舫代表(7月27日に辞任を表明)が「二重国籍でないことを証明する」ため、戸籍の写しなどを公表したことが波紋を広げています。この問題についてはネットを中心に膨大な議論がありますが、話がややこしくなるのは、「国会議員が二重国籍なのは違法だ」と思っているひとが(ものすごく)たくさんいることです。すでに指摘されているように、公職選挙法では国会議員が日本国籍であることを定めているだけで、二重国籍を排除する規定はありません。

2007年の参院選挙では、国民新党がアルベルト・フジモリ元ペルー大統領を比例代表候補として擁立していますが、フジモリ氏が日本とペルーの二重国籍であることはまったく問題にされませんでした。蓮舫代表のケースでは、国籍についての過去の発言に矛盾があることは確かですが、司法の判断の前に経歴詐称と決めつけ、有権者によって選ばれた議員の資格を一方的に否認するのは民主国家としては明らかに行きすぎです。

戸籍が議論を呼ぶのは、国民を「個人」ではなく「家」単位で管理しようとする、世界では日本にしかない特殊な制度だからです。これは、「普遍的な人権をもつ自由な個人が市民社会をつくりあげる」という近代の理念と相容れません。そのうえ戸籍は、過去において「家柄」や「血筋」を判別する目的で広く使われてきました。

1980年代までは、日本の大手企業は新卒採用にあたって戸籍を入手し、被差別部落出身者や在日韓国・朝鮮人の応募者を排除するのを当然としてきました。銀行などが興信所を使って内定者の身辺調査をしていることも公然の秘密でした。――いまではどちらも、発覚すれば社長が引責辞任するくらいではすまないでしょう。

そのため近年では、行政は第三者への戸籍の公開をきびしく制限し、実務上もできるだけ使わないようにしています。実生活で戸籍が必要なのはパスポートを所得するときだけ、というひとも多いでしょう。戸籍の公開を強要することへの反発には、戸籍と差別が密接に結びついてきた暗い過去があるのです。

蓮舫代表を批判するひとたちは「この問題は差別とは無関係」と繰り返しますが、関連するネット記事への大量のコメントを見れば、「中国」や「韓国」へのヘイト発言を繰り返しているひとたちが戸籍の公開を求めていることは明らかですから、まったく説得力がありません。「自分は差別主義者だ」と公言して差別をする人間などいません。いじめと同様、差別にも常に「(差別する側にとっての)正当な理由」があります。

戦前の日本は一視同仁を建前にしていましたが、「朝鮮戸籍」や「台湾戸籍」をつくって植民地を管理していました。戸籍とは、「純粋な日本人」と「不純な日本人」を区別し、日本国という“家”に「汚れた血」を入れないための制度だったのです。保守派のひとたちが戸籍について触れたがらないのは、こうした不都合な歴史を暴かれたくないからでしょう。

しかしより深刻な問題は、この話を蒸し返したのが、安倍政権を“独裁”と批判し、“リベラル”を標榜する民進党自身だということです。都議選の歴史的敗北をめぐる党内抗争の道具に使ったのでしょうが、リベラルな有権者に与える効果は嫌悪感だけです。「政権交代」を実現したあとはなにひとついいことのなかったこの政党の歴史的な役割も、これで終わったようです。

参考:遠藤正敬『戸籍と国籍の近現代史―民族・血統・日本人』(明石書店)

『週刊プレイボーイ』2017年7月31日発売号 禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: パーマリンク

「差別とは無関係」といいながら差別するひとたち 週刊プレイボーイ連載(300)  への18件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    >戦前の日本は一視同仁を建前にしていましたが、「朝鮮戸籍」や「台湾戸籍」をつくって植民地を管理していました。戸籍とは、「純粋な日本人」と「不純な日本人」を区別し、日本国という“家”に「汚れた血」を入れないための制度だったのです。保守派のひとたちが戸籍について触れたがらないのは、こうした不都合な歴史を暴かれたくないからでしょう。

    そうとばかりはいえませんよ。

    日清食品の創業者である 安藤 百福氏(国籍は大日本帝国→中華民国→日本)
    (この社名から連想されるように、日本と清、すなわち中国の架け橋となる社名!)

    のように、日本に在住していたからこそ成功した三国人もいるのです。

    いま、世界のどこに行ってもカップヌードルは入手できます。
    インスタントラーメンの発明者である安藤 百福氏が三国人だからといって、
    インスタントラーメンを否定する右翼や保守派はいません。

    民進党の蓮舫代表への国籍疑惑は、
    安倍首相への森友学園や加計学園問題追及と同じで

    単に政争の具として使われただけの話です。

    民進党の蓮舫代表の国籍問題があるのなら、
    きちんとした説明をすれば良かっただけの話です。

  • 匿名 のコメント:

    >>司法の判断の前に経歴詐称と決めつけ、有権者によって選ばれた議員の資格を一方的に否認するのは民主国家としては明らかに行きすぎです。

    もりかけ問題も同じじゃん。
    右も左も同じなんだよ。相手を攻撃できそうな材料を探しているだけなのさ。

  • 匿名 のコメント:

    右も左も同じようなことやってるけどさ、そんな言いがかりでどっちがより長期間国会の貴重な時間を浪費したかね。そして蓮舫は言いがかりにどんな態度で臨んだかね。自分が攻めるときと責められる時に明らかに「自分は別」みたいな態度取ってたよね。

  • 匿名 のコメント:

    蓮舫を嫌いな人が時間をもて余していただけ。
    毎日テレビを長時間視聴している無職。年齢問わず。

  • h4 のコメント:

    別に、戸籍の内容を全部晒せとはだれも言ってないと思いますよ。日本国籍を選択したというのがいつか、それが今までの蓮舫さんの説明と辻褄があっているか、それのエビデンスを示せと言っているだけ。差別の風潮を助長するとか全然別の問題。二重国籍状態が国会議員として問題無いという認識なら弁明などせず最初からそう言えばよかっただけの話。

  • mikura のコメント:

    豪議員、二重国籍で辞職=帰化時に手続き済みと誤解
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071400871
    オーストラリアの野党・緑の党に所属するスコット・ラドラム上院議員(47)は14日、二重国籍と知らずに過去9年間、議員活動をしていたとして、議員を辞職した。

    移民国家のオーストラリアですら、議員の二重国籍は憲法で禁じられています。
    日本の国籍法では「全国民」の二重国籍を認めていません。
    国籍法第14条 外国の国籍を有する日本国民は、~いずれかの国籍を選択しなければならない。

    蓮舫議員が戸籍の一部公開をせざるを得なかったのは、過去の言動との整合性がなかったからです。
    国会議員の国籍を問う事は差別ではありません。
    国民の代表が別の国家の影響を受ける可能性は排除しなければなりません。
    そもそも日本は「全国民」の二重国籍を認めていないのですから。

  • 山田 のコメント:

    >戸籍が議論を呼ぶのは、国民を「個人」ではなく「家」単位で管理しようとする、世界では日本にしかない特殊な制度だからです。

    え?オーストラリアは二重国籍で議員辞職してますけどね。

  • 匿名 のコメント:

    問題となっているのは公職選挙法の虚偽事項の公表罪ではないでしょうか。

    また彼女が台湾国籍を有していたことは周知のことであり、
    これが差別問題になる理由もよくわかりません。

  • 大笑いコメント劇場 のコメント:

    蓮舫がいかなるクソ議員であれ、国会で無法者のような振る舞いで安倍晋三を侮辱していようが、戸籍や国籍を公衆に晒す必然性は何処にもない。蓮舫は母系の国籍取得が可能になった1985年に日本国籍を取得した事実がある。したがって選択宣言だ何だとイチャモンつけているのは全て差別主義者でありレイシストなのは一目瞭然。蓮舫のルーツは台湾であり中国であることになんの齟齬もない。中国籍なら日本国籍を取得した時点で中国籍は自然消滅。また本人も日本国籍を取得した事実以上の物が必要だとは思ってなかったはず。まぁそんな追求をしたがるのは国籍透視能力が欲しいレイシストなんだろう。オーストラリアだなんだっていくら言い募っても卑しい心は否定できんよね。残念ながら。
    因みに説明が10回変わっても戸籍や国籍を公衆に晒す必要は何処にも無い。選挙には落選するかもしれんけどね。

  • 匿名 のコメント:

    >オーストラリアだなんだっていくら言い募っても卑しい心は否定できんよね。残念ながら。

    だったら、オーストラリアでの二重国籍者の議員職禁止は、国が卑しいレイシストというわけでつか

    ブーメランバカ、ワロス

    クックック・・・

  • 尖沙咀 のコメント:

    「政治」というのは、
    結局、
    「ヤクザのシマ争い」
    なのです。

    以前こう書きました。

    **************************************
    「アメリカ組」という大親分に「サカヅキ」を受けた「日本組」としては、
    その「シマ」である沖縄で、

    最近の新興勢力である「支那組」の息のかかった人間が
    跋扈するのはやっぱりマズイわけです。

    「アメリカ組」のヘリポート移転に反対する勢力には、
    「支那組」の影が見え隠れしています。

    問題なのは、「日本組」の幹部連中にも「支那組」出身者がおり、
    そいつもじつは「支那組」との縁が切れていないとの噂が
    あり、内部調査の結果、「クロ」との結果でした。

    普通のヤクザなら「粛清」すれば済むところですが、
    「日本組の掟」は「暴力は表面的にはご法度」なもんですから、
    ちょっと困っているわけです。

    聞いたところによると、かつて同一団体だった「ロシア組」と「ウクライナ組」は
    分裂してからいまも内部抗争中で、派手に「ドンパチ」やらかしたそうだが、
    狡猾な「ロシア組」は「ウクライナ組」の金づるだった「クリミア」というシマに
    組員を送り込み、そのシマを奪いとったらしい。

    「日本組」も気をつけないと、「沖縄」というシマを「支那組」に取られかねないぞ。

  • 匿名 のコメント:

    公選法改正して日本単独国籍以外は立候補できなくする、動きは全くない。
    蓮舫叩きしている与野党議員のみなさん、なぜですか?
    世の中、お金、ですよね。

  • タカタナカ のコメント:

    民進党自身が成し遂げたことって何一つとしてありませんよ
    前身の民主党が政権交代をやった。成果はただそれだけです。

    記念すべき300回目がこんなしょうもない内容なのにガッカリしました

  • 論屋 のコメント:

    民進党がどーなろーとどーでもいいです。

    ところで国籍と戸籍は別物です。
    国籍は世界中の人にある(はず)のですが(パスポートとか身分証明書で確認できる)、戸籍というのは日中韓にしかない制度、血縁関係を中心にした身分登録です。

    そして中韓は既に廃止したので、現存するのは日本だけです(中国の農村戸籍という身分属性はまた別物です。)。
    家族関係を中心に記録するシステムですので拘束性の強いものです。

    私はネオリベ大嫌いですが、これから先の社会に新自由主義的な潮流があることは否めません。
    ならばこの戸籍制度は個人を拘束する自由の敵「岩盤規制」として真っ先に撤廃すべきです(しかしネオリベ論者がそんな事を言い出した例を知りません。奴らがエセであることを示しております。)。

    >実生活で戸籍が必要なのはパスポートを所得するときだけ
    この戸籍、真価を見せるのは旅券のほか相続のときです。
    私は廃止論者ですが、市役所の知人は「外人は戸籍なくてかわいそう」と言うほど公証には有用なものだそうで。
    まあ結構奥の深い問題のようなのでじっくり考える必要があります(蓮舫さんとか心底どーでもいいです。)。

  • 匿名 のコメント:

    「普遍的な人権をもつ自由な個人」が疑問です。
    個人はそんなに強いでしょうか。貧乏人やサラリーマンは自由であり得るでしょうか。
    むしろ、自由を逆手に取られてはいないでしょうか。
    また、科学技術や地球の資源は遍く「普遍的な人権をもつ自由な個人」を成立させる程に
    発達していて、十分な量が有るのでしょうか。
    分解するのはせいぜい家までのほうが自然ではないでしょうか。

  • 真澄 のコメント:

    蓮舫さんや橘さんの秘儀に皆さん騙されてますナア。

    そういう僕も、使うワザでした。この際白状します。

    ー辞めると宣言し、その理由を謎にすること。
    ー二極論を対立させて、世間を煽ること。

    大衆を引き付けるための政治家の常套手段。

    若い人は、絶対騙されてはいけません!

  • omak のコメント:

    国籍が問題なのではなく、経歴詐称が問題なのです。

  • 夏まつり人 のコメント:

    蓮舫さんは、最後の言葉とおりの受け止め方でいいかも、、、

    正直すぎる彼女にクラクラ眩しい!求心力が無くなったから。

    そのため、理由を曖昧にしたのか! カネボウだったか眼差し大好き!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。