「幸福のポートフォリオ」のつくり方 週刊プレイボーイ連載(294) 


幸福な人生に必要なものは何でしょうか? 真っ先に思い浮かぶのはお金でしょうが、「幸せはカネでは買えない」というひともたくさんいます。

世の中には(値段がつけられない)プライスレスなものと、(値段がつけられる)プライサブルなものがあります。

彼女とセックスしたあとに3万円の指輪をプレゼントすれば、ものすごく喜んでくれます。3万円の現金を渡せば、二度と会ってもらえないでしょう。とはいえ、経済学的にはこの行動は不合理です。指輪より現金の方が使い勝手がいいのですから。

だったらなぜ彼女は怒るのでしょうか。それは、愛というプライスレスなものに値段をつけたからです。愛をお金で売るのは売春婦だけです。

とはいえ、プライスレスなものはかたちがありませんから、これだけではご飯が食べられません。生きていくためにはお金が必要で、対価を得ずに働くのは奴隷だけです(日本では「サービス残業」という奴隷労働が常態化していますが)。だとしたら問題は、プライスレスなものとプライサブルなものをきちんと分けていないことにありそうです。

私たちがお金を稼ぐ方法は、金融資本(貯金)を金融市場に投資するか、人的資本(労働力)を労働市場に投資するかの2つしかありません。このうち金融資本の活用はプライサブルでものすごくシンプルです。結果の良し悪しは収益のみによって決まり、「大損したけど有意義な投資」というのものはありません。

それに対して人的資本の投資は、お金だけでは判断できません。それは私たちが、働くことにお金以外の「やりがい」を求めているからです。これは「自己実現」として神格化され、多くの若者がこの聖杯を求めています。

内発的動機づけの研究では、好きなことにお金を払うと、好きでなくなってしまうことがわかっています。プライスレスなものにプライスをつけるからですが、だからといって「仕事にお金は関係ない」ということもできません。ブラック企業は「正社員のやりがい」をエサにして、若者たちを最低賃金以下で巧妙に搾取しているのです。

もちろん、お金と仕事だけで幸福になれるわけではありません。そこで、金融資本や人的資本と同様に、私たちは社会資本=絆を共同体に投資して、愛情や友情という富を得ていると考えてみましょう。

社会資本がなぜ幸福をもたらすかは、「ヒトが進化の過程でそのようにつくられたから」としか説明しようがありません。徹底して社会的な動物であるヒトは、近しいひとから評価されたときにしか幸せを感じられないのです。

しかしその一方で、家族や恋人などとの関係がこじれると、憎しみや嫉妬などの暗い感情に襲われてしまいます。社会資本は、喜びとともに苦しみをももたらすのです。

幸福はとらえがたいものですが、進化心理学や行動経済学、脳科学などの近年の急速な進歩によって、その輪郭がようやく見えてきました。

金融資本、人的資本、社会資本をどのように組み合わせれば、「幸福な人生」を実現できるのでしょうか。新刊の『幸福の「資本」論』(ダイヤモンド社)では、そんな疑問にこたえています。

『週刊プレイボーイ』2017年6月19日発売号 禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: パーマリンク

「幸福のポートフォリオ」のつくり方 週刊プレイボーイ連載(294)  への7件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    >金融資本、人的資本、社会資本をどのように組み合わせれば、「幸福な人生」を実現できるのでしょうか。新刊の『幸福の「資本」論』(ダイヤモンド社)では、そんな疑問にこたえています。

    結局のところ、金融資本、人的資本、社会資本をバランス良く配分した
    「資産三分法」
    がリスクとイールドの観点から妥当という話になって、

    人生においても

    インデックスファンドを買っておけ、

    つまり
    社会通念上、妥当と思える生き方をしなさい。

    というありきたりな結論になってしまいますな。

    私が橘さんに聞きたいのは、
    そういったあり方ではなく、

    如何に他人が気づかない方法で、

    「自分だけでも美味しいところを
    つまみ食いする方法」

    なのですが・・・

  • ええやん のコメント:

    尖沙咀さんの期待は一貫してますな。同意。旧来からの橘ファンは綺麗事は吐かしてもトドのつまり黄金の羽根を探してる根っからの金融野郎が多いんですから。

    橘さんは「貧乏はお金持ち」でも凡そ人生のインデックス投資らしきものは勧めていなかったと思いますが、路線変更したのかな?新刊まだ読んでませんが凡庸なものならレビューだけにしときます。それこそサルでも出来るんですよ、インデックス推奨なんて。FBやNPでも読んでろと言いたい。

  • 尖沙咀 のコメント:

    仮に、「幸福」というもののメカニズムが解明されたとします。
    (仮説)
    ドーパミン→セロトニン→メラトニンが適切な割合・順番で分泌・作用したとき幸福を感じる。

    ドラッグを使用せずとも、脳に適切な刺激を与えると上記神経伝達物質が分泌される。

    ファミコンゲームの裏技(上上下下左右左右BA)よろしく、
    視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚

    に適切なコマンド指令刺激で、各種神経伝達物質の分泌がコントロールできる。

    となれば、まさに、フィリップ・K・ディックが1966年に発表した小説『追憶売ります』の映画版である
    「トータルリコール」の世界が実現できるわけです。

    リコール社の売り出すこのシステムにハマると、帰ってこれなくなった人が続出します。

    スタートレックTNG以降のホロデッキや映画マトリックスのプラグインされた仮想世界
    (人間電池)もそうですな。

    結局、「幸福」なんてものは、人間の頭の中にある「幻想」にすぎないのだから、
    (岸田秀のいうところの、「人間は本能の壊れた動物である」つまり「唯幻論」ですな)

    むしろ、フェレンギ人にこそ学ぶべきです。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/フェレンギ人

  • KJ のコメント:

    KAZUKIHUJISAWAを状況に鑑みてマハームドラーの成就者に認定する

  • プチ金持ち のコメント:

    マイケルDVDまで借りて、、、メイキング秘話も見たから、思いっきり言ってやろう~か

    橘さんの潜在意識には、映画進出あるかと、、あるいはスペシャルドラマ化もありかと、

    そろそろ沢木さんの「深夜特急」抜くべしとの声聞こえたら、まさにアンたら~伽藍の出版編集者の仕事!
    最近話題の藤井棋士の好きな作家の一番が百田さんで~二番が沢木さんかい~~

    ここは永遠の旅行者、、、で~あいつら抜かね~か
    スペシャルスポンサーには、若者応援している旅行HISや金融SBIや広告リクルートも数億応援してもらえばいい~ 時にはレベニューシェア~や
    もちろん、主役には大沢たかお抜く男前起用して、女優には武井咲の十代ころイメージさせる新人起用して

    表向きのテーマには、PB読者の潜在意識である「もてたい」の声に寄り添って。
    真の狙いは、もちろん橘さんの思想普及させること!
    わしら首都圏にいないからもどかしいけれど、弟子がいたらならチャチャット映画監督へ繋いであげて

    マイケルみたいに、ファミリー拡大の潜在意識は微妙だけれど、、、
    貨幣空間の中で、橘さんの欲求に応えてあげて~
    マイケルみたいに、色んな口出ししたいけれど、違った感性のリスペクトも大切で任せていいよ
    それで違う感性のファン作ること難しくないし、違った感性の反応を次の著作に出せばいいだけや~~~

  • 尖沙咀 のコメント:

    >そろそろ沢木さんの「深夜特急」抜くべしとの声聞こえたら、まさにアンたら~伽藍の出版編集者の仕事!
    >最近話題の藤井棋士の好きな作家の一番が百田さんで~二番が沢木さんかい~~
    >ここは永遠の旅行者、、、で~あいつら抜かね~か

    大沢たかお主演でテレビドラマ化された
    『劇的紀行 深夜特急』
    のみならず、
    猿岩石の「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」
    の元ネタとなった

    バックパッカーのバイブルと
    比較すると、

    「永遠の旅行者」は
    浅田彰の
    「逃走論:実践編」
    みたいなもんで、

    ニューアカにかぶれていた 若いころの
    恥ずかしさを思い起こすものなのですが・・・
    http://book.2ch.net/book/kako/1020/10202/1020265189.html

    ツァラトゥストラの英語版と
    ぱにぽにだっしゅ!Blu-ray BOX(初回限定版)を
    見せびらかすのは、

    他人から見れば同じことですよ。
    見せびらかすのは、

  • 見た のコメント:

    介護サイトで私は見た

    橘玲は、じつは本田健と同一だと・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。