AIがもたらすやっかいな未来 週刊プレイボーイ連載(272)


2016年に国際社会を揺るがした最大の事件は、イギリスのEU離脱を決めた6月の国民投票だと思っていたら、11月のアメリカ大統領選でそれを上回る衝撃が起きました。もうひとつの驚きはAI(人工知能)で、ディープラーニングによってコンピュータがチェスだけでなく、より複雑な将棋や囲碁でプロを圧倒する時代がやってきました。

じつはこのふたつの出来事は、「知識社会化」という同じコインの裏表です。

『ワイアード』創刊編集長のケヴィン・ケリーは、人間がテクロジーを開発しているのではなく、テクノロジーが人間を利用して自ら進化しているのだという「テクニウム(テクノロジー生態系)」を唱えました。テクノロジーはまるで生物のように、さまざまな知を吸収して未知の領域へと自己組織化していくのです。

社会が高度に知識化すれば、それに適応するにはより高い知能・技能が求められます。――パソコンを使いこなせないと事務の仕事すらできない、というように。仕事に必要とされる知能のハードルが上がれば、必然的に多くの労働者が仕事を失うことになるでしょう。これが「格差社会」とか「中流の崩壊」と呼ばれる現象です。

しかし失業したブルーワーカーは、なぜ自分が虐げられるのかがわかりません。その怒りを動員するのがポピュリストの政治家で、今年はフランスやイタリア、ドイツなどでも同じ光景を見ることになるでしょう。なぜなら、知能の格差が経済格差を生み、社会を混乱させるのは、(新興国との競争にさらされる所得の高い)先進国に共通の問題だからです。

AIがその驚くべき能力を示しはじめたとき、多くのひとが、人間がロボットに支配されるSF的なディストピアを予感しました。しかしその後、すこし冷静になると、AIは人間に取って代わるものではなく、人間の知能を拡張するツールだといわれるようになりました。脳(身体)とコンピュータは仕組みが本質的に異なっているので、AIがどれほど学習しても、人間のような認知能力や共感能力を持つことはできないからです。

しかしこの事実も、あまり明るい未来は見せてはくれません。

AIが知的能力を大きく引き上げるとしても、それはすべてのひとに平等に恩恵を与えるわけではありません。そこからもっとも大きな利益を得るのが、高度で複雑なテクノロジーを効果的に使いこなす、知的能力の高いひとであることは間違いないからです。同様のことはビッグデータ(統計解析)などの分析手法や、ビットコイン(ブロックチェーン)、3Dプリンタ、VR(ヴァーチャル・リアリティ)のような新しい技術にもいえるでしょう。

このようにしてテクノロジーの「進化」がますます知能の格差を広げ、それによって富は局在化し、経済格差が深刻になり、社会は分断されていきます。これは知識社会化がもたらす必然ですから、人類がこの運命を避けることは(おそらく)できないでしょう。

だとすれば、私たちはどうすればいいのでしょうか。

そのこたえを私は持ち合わせませんが、ひとつだけ確かなことがあります。それは、「経済格差は知能の格差」という現実から目を背けるなら、私たちはグロテスクな「陰謀論」の世界に落ちていく以外の未来はない、ということです。

参考:ケヴィン・ケリー『テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?』

『週刊プレイボーイ』2017年1月5日発売号 禁・無断転載

カテゴリー: etc パーマリンク

AIがもたらすやっかいな未来 週刊プレイボーイ連載(272) への29件のフィードバック

  • 尖沙咀改めネクサス6 のコメント:

    >だーかーらーさ、その答えは持ち合わせてないって書いてあるじゃないですか。繰り返しですけど。
    無いって言ってるのにやだやだチョウダイって、おもちゃ屋のケースの前でひっくり返って泣き喚く5歳児みたいなみっっともない真似は、どうなんですかね。

    そもそも、何も提案できないのなら、

    こういうエントリ
    「AIがもたらすやっかいな未来」
    をアップすること自体が

    「無意味」です。

    名セリフといえば ブレードランナー
    http://takehana.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-1926.html
    を捻って言うと、

    3年の命しかないネクサス6型レプリカントのプリスを助けようとして、同じレプリカントの尖沙咀が悪玖夢博士=橘さんに出会ったものの、助かる方法は見つからず(「人生はロウソク見たいなもので激しく燃えれば早く尽きる。人生を楽しめ!」とか言われてぶちきれて)、創造主(父)たる悪玖夢博士=橘さんを殺し、掲示板参加者との戦いの果てに最後に言うセリフです。

    お前たち人間には信じられない光景を俺は見てきた
    長銀と日債銀の肩の近くで炎を上げる山一證券・・・
    暗黒に沈むアジア通貨危機のそばで瞬くジョージ・ソロス…
    そんな記憶もみな、時とともに消えてしまう
    雨の中の涙のように・・・
    死ぬときがきた。

  • 「経済格差は知能の格差」ではない のコメント:

    たとえば、知能が全く同じであったとしても、年収が異なる。
    正規と非正規の差は、たちばなさんはご存じのはずだが
    何故ここに来て知らないふりをするのか。
    トランプより知能が高い人間は多いが、彼より高収入なのは少ない。
    最近先生はキレがなくなってきている?
    それとも小説に忙しくて現実世界を歪曲して見ているのか。

    ところでコメント欄がリストで表示されなくなって残念。
    何か不都合な真実でもあったのだろうか。

  • ozn のコメント:

    > そもそも、何も提案できないのなら、
    > こういうエントリ
    > 「AIがもたらすやっかいな未来」
    > をアップすること自体が
    > 「無意味」です。

    あなたがそう思うならあなたの中ではそうなんでしょーよ。
    いや、それはフツウの感想なので、そこにケチをつけるつもりはありません。
    誰にとって無意味でも、私にとっては読み物として面白かったですけどね。
    世の中も人生も、逃げ道も解決策もない残酷な地獄なんだよなって再確認させてくれるだけでも面白い。解決策なんてあってたまるかww
    ポジティブな話はそれはそれで良いが。

    ただ、ラーメン屋に来て牛丼食わせろって騒いでも仕方ないでしょ?牛丼屋行けば?と言いたかっただけで、それでもイヤだ、俺はこのラーメン屋の牛丼が食いてえんだ!とゴネるのは自由ですよ。
    みっともねえなあと思うのも、だから牛丼屋行けよ!と重ねてヤジるのも自由でしょw

    そう、名台詞ならば綾小路きみまろの

    クヨクヨすることはありません。人間の死亡率は100%です!

    かな。提案も解決策もない、実にスッキリw

  • 尖沙咀 のコメント:

    >ただ、ラーメン屋に来て牛丼食わせろって騒いでも仕方ないでしょ?牛丼屋行けば?と言いたかっただけで、それでもイヤだ、俺はこのラーメン屋の牛丼が食いてえんだ!とゴネるのは自由ですよ。
    みっともねえなあと思うのも、だから牛丼屋行けよ!と重ねてヤジるのも自由でしょw

    だから、過去にいろいろ
    お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 とか
    貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する とか
    残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法  

    とかいった

    「雇われなくても生きていける???」
    というお題目でいろいろ商売をしてきたのだから、

    社会の変化に応じた
    「雇われなくても生きていける方法」
    をこそ期待しているのです。

    にも関わらず、内容は
    税金とかファイナンスの話ばかりで、

    「徒手空拳の人間が、まずどうやって稼ぐか」
    については全く論じられていないことが
    非常に不満なのです。

    ラーメン屋でも牛丼屋でも、
    まず腹がクチクなる方法が知りたいのです。

  • ken のコメント:

    彼を批判する多くの人が勘違いしているが(自分もかつてそうだった)、
    彼は売文屋であってリバタリアンでも思想家でもないのだから、何かしらの啓蒙を求めるのは間違いだよ

    文章はうまいので、エンターテナーとして楽しめばいい

  • 尖沙咀(昔の名前で出ています) のコメント:

    >彼は売文屋であってリバタリアンでも思想家でもないのだから、何かしらの啓蒙を求めるのは間違いだよ

    >文章はうまいので、エンターテナーとして楽しめばいい

    というより、古今東西の学問というか知識群というのは
    「晴耕雨読すなわち余暇のエンターテインメント」
    として発生したわけで、

    「学問との苦闘」というのが
    そもそも自己矛盾しているのです。

    私のように学校の成績はからっきしでしたが、
    テレビや映画、マンガやアニメからの知識で
    粘着している人間からすれば
    橘さんは

    「溺れるものの藁」

    であってほしいのです。

  • 苦悶式 のコメント:

    公文式は、遺伝的能力ではなく後天的に訓練で獲得可能な計算力や語彙力を徹底的にトレーニングする事で、細かい達成感の積み重ねによる自信獲得と試験の突破による学歴獲得という、教育の隠れた目的である能力に依らず収入や家庭による社会階層固定の重要なファクターを押さえたプログラムになっています。

  • ozn のコメント:

    ラーメン屋に行って

    「どうやったらラーメンをお腹いっぱい食べられるくらい稼げますか」

    ってやるわけかwww
    テラ迷惑www
    んなもんカネ儲け教えてくれる人ンところで聞けよwww
    え、ラーメン屋の親父の前職がビジネススクール講師だって?知るかよwww

  • 尖沙咀 のコメント:

    私は京都によく行きます。

    ここ京都の一乗寺はラーメン激戦区で、
    ラーメン屋が隣同士だったりします。

    ここの「 ラーメン荘 夢を語れ (らーめんそう ゆめをかたれ) 」
    http://pigly.fc2web.com/umaimon/yumeokatare/1.htm
    に入ったことがあるのですが、

    ここはいわゆる「二郎系ラーメン」でボリュームがあります。

    何年か前に行ったとき、そこの張り紙に
    「閉店時に片付けを手伝えば一杯無料」
    というのを見かけたことがあります。

    貧乏学生へのサービスでしょうが、
    これなんかまさに、
    >「どうやったらラーメンをお腹いっぱい食べられるくらい稼げますか」

    ですな。

    つまり、
    「フリーランチの機会は意外と転がっている」
    わけです。

    橘さんには、
    「フリーランチの見つけ方」
    をこそ期待しているのです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。