給付型奨学金がうさんくさいのには理由がある 週刊プレイボーイ連載(268) 


この国ではときどき理解できない出来事と遭遇します。そのひとつが、自民党が導入を目指している給付型奨学金です。

教育関係者は、「高収入の家庭の子弟しか有名大学に入学できない」という統計を好んで取り上げ、経済格差を解消するには貧しい家庭を経済的に支援すべきだと主張します。これは「国が教育費を援助せよ」ということですが、そのお金(税金)が学校すなわち教育関係者に支払われることは決して口にしません。私はこれを欺瞞だと思いますが、ここではその話はおいておきましょう。

その一方で、「日本学生支援機構」(旧日本育英会)の貸与型奨学金では延滞が問題になっており、14年度末で延滞者約17万3000人(全体の4.6%)、延滞額の総額は898億円にのぼります。延滞者の約8割が年収300万円未満だったことから、奨学金の返済負担が貧困を助長しているとして、返済の必要ない給付型奨学金の導入を一部の議員が強く求めたのです。報道によれば自民党は、「原則として高校時の成績が5段階評価で平均4以上」であることを条件に、月額3万円を給付する案を提示しており、対象者は7万5000人程度で年300億円ちかくの財源が必要になるとのことです。

さて、この話のどこがおかしいでしょう。

議論の前提として、日本は学歴社会で、よい大学を卒業して大手企業の正社員にならなければゆたかな生活を送れない、との共通認識があります。日本型雇用の崩壊が騒がれる現在、こうした古い常識がどこまで有効かはともかく、学歴がその後の人生に大きな影響を与えるのはたしかでしょう。

しかしそうすると、高校時代によい成績をとった生徒はよい大学に入り、社会人になって高い給与を得るのですから、その生徒に給付型奨学金を与えることは経済格差をさらに広げることにしかなりません。そもそも政策導入の理由が、貸与型奨学金を返済できずに苦しむ貧困な若者の救済なのですから、制度設計の前にまず彼らの高校時代の成績を調査すべきでしょう。

もうおわかりのように、ここにも度し難い欺瞞があります。要するに、バカな生徒に税金を使うと世論の反発が面倒だから、賢い生徒に給付して見てくれをよくし、“弱者”のためにいいことをしているとアピールしたいのです。日ごろから経済格差を批判している教育関係者も、経済格差を拡大するこの案にまったく反対しません。その理由も明らかで、自分たちの財布にお金が入ってくれば建前などどうでもいいのです。ここまで欺瞞が積み重なると、ほんとうに吐き気がしてきます。

ではどうすればいいのでしょうか?

日本の貧困でもっとも深刻なのが母子家庭であることは多くの調査で指摘されています。日本では生活保護への忌避感が強く、子どもがいじめられることを懸念して母子家庭が受給申請をためらっているのです。

だとすれば、給付型奨学金は取りやめて、その財源を母子家庭に現金給付すればいいでしょう。これなら確実に経済格差の解消に寄与しますが、自分の懐が潤わないこの案を教育関係者が支持することはけっしてないでしょう。

『週刊プレイボーイ』2016年11月28日発売号
禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: , パーマリンク

給付型奨学金がうさんくさいのには理由がある 週刊プレイボーイ連載(268)  への14件のフィードバック

  • ozn のコメント:

    9割大賛成であります。ほんとうに反吐が出る。

    しかし、結論はどうでしょう?

    生保を理由に子供が苛められる、というのが事実だとすれば、母子家庭に給付したらそれを理由にやはり子供は苛められるでしょう。
    ボシとかフシとかどうでもいいのです。
    貧乏人に対するしかるべき救済措置がイジメや受給者のプライドといった非合理的な障壁によって阻害されている現状が「あるなら」、事実を精査した上で改善すべきだと思います。

  • 匿名 のコメント:

    ユニバーサルな給付にして、結果的に所得の低い母子世帯に支給されるのがより望ましいのでは?

  • KJ のコメント:

    どこのくにでも常識は重要

  • KJ のコメント:

    だれかになにかしてもらっても 自慢げにそれを話したりしなければ それは罪とはならない
    が -だぜーとか共認をもとめると罪になる

  • M のコメント:

    大前提として、学力の低い者や向学心のない者が大学に行く必要があるのかということが疑問。優秀で向学心のある者が勉強に集中できるようにするべき。
    これからホワイトカラーがどんどん不要になっていくのに、中の上以下が大学に行く必要があるのかという根本的な疑問。

  • 論屋 のコメント:

    橘先生はなにか、給付型福祉制度ができると取り敢えず「うさんくさい」と言わないと死んでしまう病気に罹患しているのではないか?と心配になる今日この頃。

    これに対する反論…「ないよりマシやろ!」
    事実これの必要性は結構切迫してますがね。

    勿論自民党案にも問題はある。成績によって区別をつけること。一律にしてしまえばいいのに。年300億?少な過ぎですやろ。
    給付型奨学金は未来への投資でもあります。儲け狙いのオプション取引みたいなもんで、大部分無駄になっても0.1%アタれば十二分にペイしますってこのテのものは。
    なに?バカ学生にも払うのかって?
    払うのです。ひょっとしたらバカも次世代型文化を作って世界に発信するかも。

    まあこんなまわりくどいことをせず、学費値下げと学生寮充実とかはかったらいいのにねぇ…

    私は、欺瞞だらけの制度には今さら吐き気を催したりしませんが(そもそも政治ってそうだし)、リバタリアンを装っただけの思想には吐き気を催します。(どうせなら子ども手当とか「もっとどうしようもない」ものを無くしたらいいのに)

  • 大岩四丁目 のコメント:

    ①優秀大学の非ボンビーな合格生 → すんなり進学でしょ
    ②優秀大学のボンビーな合格生 → 貸与型奨学金でも、就職に大失敗しない限り返済可
    ③バカ大学の非ボンビーな合格生 → 進学するのは勝手。レジャー大学で悪さすんなよ
    ④バカ大学のボンビーな合格生 → 生涯収入は高卒で働く方が多い、進学する意味なし

    橘さんの言う通りです。給付型奨学金が必要となるのは、②で大学で遊んで就職に大失敗
    した人ぐらいしか思いつきません。それがイヤなら優秀な大学で学業に励めばいいだけで
    すし、逆に就職に大失敗すると借りた奨学金がチャラになるなんて、モラルがハザってし
    まいます。

    実は、④で貸与型奨学金の延滞が問題になっているのでは?名ばかり大学・名ばかり学士
    です。マクロ合理的には進学しない方が、社会的にも個人的にも得をする人達です。

    「弱者に優しい」を隠れ蓑にした、昔ながらのジミン得意のバラマキですね。バカな大学
    は税金で補助金ももらっていますから、二重に税金を盗ろうとしている訳です。少子化で
    経営が苦しいので、親しい族センセイに頼み込んだのかも知れません。本当はバカな大学
    など淘汰されるべきだと思います。顔の優しい社会主義ほどコワイものはありません。

    私は運が良かった?③でした。バイトして、親のスネが無くなる前に出られました。

  • 尖沙咀 のコメント:

    私は

    ④バカ大学のボンビーな合格生 → 生涯収入は高卒で働く方が多い、進学する意味なし
    ではありましたが、

    日本育英会の奨学金をもらえた人間(もちろん返済済み)なので、

    一つアイディアを!!!

    日本の教育の場合、初等教育は効果がありますが、
    高等教育になるにつれ、意味がなくなりますよね。

    つまり、

    初等教育(読み書きソロバン)にこそ、教育の意味があるのです。
    だからこそ、受験の価値は、中学入試>高校入試>大学入試
    なのです。

    馬の鼻先に人参をぶら下げること。すなわち、
    受験の成績に応じて、奨学金という名の賞金を出せば良いのです。
    もちろん賞金は、
    中学入試>高校入試>大学入試
    にして。

  • 匿名 のコメント:

    バカに金を掛けてもバカなことをするだけ。

    必要なのは②に該当する人たちのみ。
    問題はどこで線を引くか、ですがね。

  • ぞぞ のコメント:

    リバタリアン的発想なら、
    公費支出止めて減税せーやって結論にしかならないでしょう

    大学「名」の投資効果は今なお絶大だけれども、
    それが実効性の乏しい大学教育を正当化する根拠には、ならないと思うのです

  • 匿名 のコメント:

    格差の拡大と、格差の固定を混同してる気がする。
    給付型かどうかにかかわらず、奨学金が解決したい問題は「格差の固定」では。

    優秀な若者が奨学金で教育を浮ける「枠」を確保すれば、枠から漏れた馬鹿はますます馬鹿になって格差は広がる。
    でもそれは仕方ないでしょう。

  • BI のコメント:

    にすれば平等だが無理だろう

  • ウィラポン のコメント:

    橘氏は、一見耳障りの良い施策の裏に隠れた欺瞞が我慢出来ないのだと推測します。

    確かに、解雇要件を下げましょう、とか、買春合法化しましょう、とか最初から耳障りの悪い施策は、余程の事がないと社会に受け入れられません。

    耳障りの良い施策を重ねると、たとえば消費税がいつまでも上がらず、こっそり社会保障負担金が増え続け給料手取りが下がる、というような、マジメに頑張る人の首を結局締めてしまう、という悪循環に陥る事が増えると思います。

    ガキじゃないんだから・・・と思うのですが、耳障りの良い施策を好むのは日本だけではありません。

    しかし、その耳障りの良さの裏の欺瞞にサイレント・マジョリティが怒りを示したのが、先のトランプ大統領誕生かもしれないですね。

  • eimei のコメント:

    給付型奨学金などやめ、大学の授業料を今の半分にするよう予算化すれば済むこと。
    授業料を国公立は月25000円、私立は月50000円になるように国が予算化すればよい。親の援助なしでも、アルバイトをしながら大学生活が送れる。それでも足らない学生は、貸与型奨学金(上限月50000円)を借りればよい。
    今の国公立が月45000円、私立が月100000円の授業料が異常に高いので、奨学金も高くなり、返済不可能になっている。本末転倒。
    学生・教員が立ち上がり、政府に「大学の授業料を今の半額にせよ!」と要求せよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。