ティーパーティのひとたち


ティーパーティと呼ばれる中流白人層が、アメリカの政治で大きな存在感を持つようになっています。日本のメディアでは、彼らのことを「リバタリアン」と呼ぶようですが、これについては異論があるので、ここで述べておきます。

リバタリアニズムLibertarianismは自由Libertyを至上のものとする政治思想で、世界じゅうのすべてのひとが、人種や国籍、性別、宗教のちがいなどにかかわらず、「自由に生きる権利」を平等に有していると考えます。

リバタリアンによれば、ひとはどこで生まれても、自分の才能や能力をもっとも活かせる場所で働くことができるべきです。「メキシコに生まれたからアメリカでは働けない」というのは、「黒人に生まれたから一流企業には就職できない」というのとまったく同じ差別だからです。

このようにリバタリアンは、人種差別や性差別に反対するのと同様に、「国籍差別」による移民規制に反対します。

ところである国が手厚い社会保障制度を有しているとして、同時に移民規制を撤廃したとすれば、生活保護や医療保障を目当てに貧しい国々からの移民が殺到して財政は破綻してしまうでしょう。このシンプルな例からも明らかなように、社会保障と移民自由化は両立しません。

リバタリアンは原理主義ですから、すべての国境をなくし、世界じゅうのひとが、どこでも自分の好きな場所に移住し、仕事を見つけ、生活できるべきだと考えます。このような移民自由化を理想として選択するならば、必然的に、国家による社会保障をあきらめるほかはありません。

このようなロジックで、リバタリアンは「小さな政府」を主張します。「国民」という特権的な集団への手厚い社会保障は、「国民」に属さないひとびとの排除を前提としているからです。

それに対してティーパーティは、増税や社会保障の拡充に反対しますが、それと同時に、移民規制の強化も強く主張しています。これは中流白人層の家計が逼迫し、これまでと同じ「ゆたかな」生活を維持することが困難になったことで、彼らの怒りが、「自分たちの職を奪う」移民や「税金でいい思いをしている」社会的弱者に向かうようになったためでしょう。

このように、ティーパーティの主張する「減税」「社会保障縮小」「財政均衡」がリバタリアンの求める「小さな政府」と重なるとしても、両者の思想は根本的に異なるものです。

それでは、ティーパーティの“怒りの政治”とはどのようなものなのでしょうか。

ここでは、アメリカを代表するリベラル派の論客ロバート・ライシュの分析を紹介しておきます(『余震 アフターショック』)。

以下は、ティーパーティを支持基盤とする「独立党」という架空の政党の綱領(マニュフェスト)です。

  • 不法移民に対するゼロ・トレランス(いかなる例外もなく取り締まる)
  • ラテンアメリカ、アフリカ、アジアからの合法移民の凍結
  • 全輸入品の関税引き上げ
  • 米国企業の外国への事業移転や海外へのアウトソーシングの禁止
  • 海外の政府系ファンド(ソブリン・ウエルス・ファンド)による米国への投資の禁止
  • 国連、世界貿易機関(WTO)、世界銀行、国際通貨基金(IMF)からの脱退
  • 中国に対する負債の利子支払の拒否(債務不履行)
  • 中国が変動相場制に移行しないかぎり、同国との取引を停止
  • 利益の出ている企業による労働者の解雇や給料カットの禁止
  • 連邦政府予算の恒久的な均衡
  • 連邦準備制度の廃止
  • 銀行は預金と融資のみを扱うこととし、投資銀行は廃止
  • インサイダー取引、株価操作、証券詐欺に関与したものは10年の禁固刑
  • 個人の年収は50万ドルを上限とし、それを超える場合は税率100%で課税(没収)
  • 25万ドルを超える収入は税率80%で課税
  • キャピタルゲインも税率80%で課税
  • 10万ドルを超える純資産には一律年間2%の財産税を課す
  • 海外での資産隠しが発覚した場合は米国籍を剥奪する

ライシュの本では、2020年に「独立党」が、「大きな政府、大企業、大手金融機関からアメリカを取り戻す」べく大統領選に挑み、勝利することになっています。かなり戯画化されていますが、共和党の大統領候補指名争いを見ていると、たんなるお話とは思えなくなるところが不気味です。

コメントを閉じる

16件のコメント

  1. 米国を日本に直したら、いわゆるネット右翼系の人に人気がでそうな政党ですね。というより案外ネット右翼に限らず日本でも得票できそうですね。

  2. なるほど、茶会党の人々の主張って「自分たちの今まで送ることができた生活(これも一種の既得権益)を脅かすもの全て(大きな政府・移民・外国・自分たち以上の金持ち)を排除してしまえ」ということなんですね。

    ところで、リヴァタリアンの立場では、ハンディキャップを負った人や不幸にもそれまでの生活から転落してしまった人に対してはどのように考えるのでしょうか?

  3. 独立党の綱領が興味深いですね。
    「国家社会主義ドイツ労働者党」の25カ条の綱領に瓜二つです。
    アメリカで全体主義が蔓延るとは到底思えないですが、ヨーロッパの混乱といい、なにやらいやな時代に突入しつつあるのかもしれません。

    目下一番危険な国として私が認識しているのは「日本」です。
    今後国債バブルが崩壊して、独立党のような主張が通らないとも限りませんし、日本発の世界不況が1930年代の悪夢を再現しないかと不安です。

  4. リバタリアンとティーパーティの区別がよくわかりました。その後に、3つ目のカテゴリーが突如出てきて戸惑いました。リベラル派の説明も同時にされていたらよかったのに、と思いました。

    >ここでは、アメリカを代表するリベラル派の論客ロバート・ライシュの分析を紹介しておきます

  5. > 個人の年収は50万ドルを上限とし、それを超える場合は税率100%で課税(没収)
    > 25万ドルを超える収入は税率80%で課税
    > キャピタルゲインも税率80%で課税

    このへんを見ると、政治的には右派、経済的には左派という感じですかね。
    社会主義的部分も含んでいて、彼らの不満が分かりやすいです。

    1つ質問がありまして。
    99%とティーパーティーは、同じカテゴリーでしょうか?

  6. 自分がアメリカの中間層であったら、同じような提言(マニュフェスト)を掲げたと思います。富裕層や貧困層からこれ以上収奪されるのはたまらないと。
    ここで、ひとつ興味がわきました。ティーパーティ(中流白人層)と超国家組織(グローバリズム)どちらが勝つだろうか?政治力や経済力では超国家組織が優位でしょう。数では中流層の方が多いでしょう。ただ、人口でいえば貧困層はなお多い。
    結局のところ、巨額の資金が無ければ政治はできないことから超国家組織に軍配が上がるでしょう。官僚や規制、圧力団体は超国家組織が握っているはずです。そして益々中間層は減り、貧困層は増える。そして一握りの超富裕層。これはアメリカに限ったことではないと思います。世界中、そして日本もそうなっていくでしょう。
    その先が知りたいと思います。そうなったらグローバリズムは果たしてどこから稼ぐのでしょうか?中間層がいなくなり、貧困層相手に商売をするのでしょうか?それはあまりに非効率です。グローバリズムは次代のお得意様中間層を作っておくべきなのです。そうでなければ、行く末は先細りではないでしょうか?

  7. 非常に興味深い話です。この記事を拙ブログで紹介させていただき、ライシュ氏の本を読みたいと思います。

    現在日本においてTPP加盟に反対している人に、「独立党」のマニフェストは非常に受け入れやすいものだろうなという印象です。
    しかし、万が一にもこんな公約を実行してしまう政権が出来上がってしまうのは悪夢以外の何物でもないですね。目指すのは無理矢理作られた「平等」なのでしょうが、それが達成されるのは極めて低いレベルでの「平等」でしょう。

    「独立党」の政治下ではまともな個人・企業から順に国外へ逃げていくでしょうが、すぐさま

    「個人・企業が国籍を捨てる場合は全財産を没収する」

    というような法律が追加されるのが目に見えるようです。
    ジンバブエの様な末路をたどるようにしか見えませんね。

  8. ティーパーティーと敵対するリベラル派が悪意をもって作ったマニュフェストを持ち出しても正確に理解することはできないんじゃないですかね。
    ティーパーティーは一枚岩なんかではなく、それこそキリスト教右派からリバタリアンまで別々の主張をするいろんな支持者がとりあえず小さな政府という共通項でまとまっただけのものです。
    別々の観点からのいろんな主張があるので、キリスト右派の主張だけを悪意をもってまとめればライシュの書いたマニュフェストみたいにもなりますが、リベラル派だって社会保障を重視する人は移民に反対ですし、労働組合は保護主義に傾くんだから架空の「リベラル党綱領」をつくっても同じように移民反対・保護主義のマニュフェストになるでしょう。
    大きな政府を求めるオキュパイ運動と小さな政府を求めるティーパーティーと、リバタリアンがどちら側なのかといえばそりゃティーパーティーに決まっているでしょう。リバタリアンもティーパーティーの一部ですよ。

  9. アメリカには多くの政党がありますが、国会議員がいるのは共和党、民主党、リバタリアン党だけです。独立党というのは聞いた事がありません。

  10.  ボストン茶会事件とアメリカンコーヒーには深い関係があるそうだ。
     ボストンの海に茶を捨てた当時のアメリカ人達は茶を飲むのをあきらめ、代わりにコーヒーを以前にも増して飲むようになったという。需要が増えたため、豆の供給が追いつかず、少ない豆に多めのお湯で淹れたコーヒーが主流となったそうだ。(決して濃いコーヒーをお湯で割ったものではない。)
     私もエスプレッソよりもアメリカンコーヒーの方が好きだが、集会の時などティーパーティーの人達もアメリカンコーヒーを飲むのだろうか。
     日本にはおいしいコーヒーを淹れる喫茶店がいくつもあるが、おいしい紅茶、特にミルクティーを淹れる店はほとんどない。いや、紅茶にコーヒーフレッシュやクリームを付けて出す店がほとんどだ。
     ミルクティーには牛乳である。英語ではTea with milk。牛乳を入れたカップに熱く濃い紅茶を注いだものがミルクティーである。これからの寒い季節にはこれが特にいい。ちなみに私はアッサムティーが好きである。

  11. Sさん
    > ティーパーティーは一枚岩なんかではなく、それこそキリスト教右派からリバタリアンまで別々の主張をするいろんな支持者がとりあえず小さな政府という共通項でまとまっただけのものです。

    目的はともかく、民主党みたいな感じでしょうか?だとすると、意外と政権をとるかも (w

  12. ちょっと言葉が足りませんでしたね。「元々TeaPartyは元々共和党の部分集合です」って一文が。
    サラ・ペイリンや、バックマンのことを書かないと。

  13. ロン・ポール・・・ミーゼス論者、信用通貨反対論者、米国憲法論者
    ミシェル・バークマン(バックマン?)・・・ミーゼス論者、中央銀行有害論者、キリスト教原理主義、新イスラエル、環境問題は左翼の陰謀だ論者
    米国の状況をまるで理解してないか、読者をバカにしていると感じます。

  14. ティーパーティーって、新保守主義(政治は右派、経済は小さな政府)だと思ってたら全然違ったんですね。日本のネット右翼そのものじゃないかw

    財政均衡を除けば、三橋貴明あたりとそっくりですね。
    しかし当の三橋はティーパーティーを批判していたという。同族嫌悪かな?

  15. ティーパーティーは騒がれているほど、極端な思想しているわけではないようですよ。リベラルやポピュリズムに走った権力側から不当に運動を抑制されている事もあるらしいです。

    アメリカの、そういった色々な部分については、中西輝政さんの「アメリカ外交の魂」なんか読むととても理解しやすくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。