円高と株安についての個人的感想


円高と株安についていくつかご質問をいただいたいので、個人的な感想を書きます。

まず円高ですが、デフレと低金利の経済では通貨は高くなるのが当然です。私は繰り返し「円安は超常現象」と書いてきましたが、これまでほとんど相手にされませんでした。世界金融危機をきっかけに、市場は(そこそこ)効率的で、この世に錬金術が存在しないことがようやく証明されたのです。

よく誤解されますが、円高だから海外投資は損をする(円安なら得をする)、というわけではありません。金利平衡説では、国債のような無リスク商品に投資する場合、国内と国外で損も得もなくなるはずです。

このことを直感的に理解するには、グローバルソブリンを例にとるとわかりやすいでしょう。

毎月分配型の草分けとして大人気を博したこのファンドは、当初(97年12月)1万円で設定された基準価額が、7月末には5090円まで下落してしまいました。これだけ見れば円高で大損しているようですが、その一方で、設定来の分配金の総額は6941円になります。これを加えると最初の1万円は14年間で1万2031円になったわけで、投資利回りは年率1.33%になります。

このように、日本国債を買っても、グローバルソブリン(海外の高格付けの国債)に投資しても、リスクが同じならリターンも同じになったわけで、「効率的市場仮説」の見事な証明となっています。

為替における金利平衡説と購買力平価の詳しい説明は、「大震災の後で人生について語るということ」の「番外編 なぜふつうのおばさんが億万長者になるのか?」をご覧ください。

あわせて、日銀のデータから作成した名目実効為替レートと実質実効為替レートのグラフを掲載しておきます(2005年を100として指数化)。

実効為替レート

日本銀行「主要時系列統計データ表(月次)」より作成

これを見ればわかるように、名目レート(青線)では円はたしかに戦後最高値になっていますが、インフレ率を勘案した実質レート(赤線)では7月末で101.46でしかありません。これは、「超円高」と騒がれた95年4月(実質レート151.11/1ドル=83.77円)はもちろん、99年末(実質レート131.37/1ドル=102.08円)や88年11月(実質レート124.17/1ドル=121.85円)よりもはるかに“円安”であることがわかります。

インフレ率(物価のちがい)を勘案した実質レートでは、現在は円高でもなんでもなく、今後、さらに20~30%円高になってもなんの不思議もありません。

このように、デフレと低金利がつづくかぎり、名目為替レートが円高になるのは避けられません。日本はG7などで「異常な円高」の協調介入を求めていますが、各国はもちろん、実質為替レートで見れば円高など存在しないことを知っているので、相手にされないのも当たり前です。名目為替レートを円安にするには、金利を上げるか、インフレにするかしかないのです(日銀がいくら市場介入してもなんの効果もありませんI)。

こうした「デフレ・低金利・円高」経済では、地価や株価も上がりませんから、資産は円の現金で持っているのが最高の「資産運用」です。しかし実際には、銀行の普通預金や定期預金に預けられたお金は日本国債の購入に充てられますから、これは日本国の信用リスクをとっているのと同じことです。

標準的なリスク分散理論では、ひとつのリスクに全資産を賭けるのは最悪の選択です。ほとんどの日本人は、日本という国に暮らすことで、人的資本を日本円にしばりつけられています。そのため、人的資本で円を獲得し、金融資本でリスクヘッジをするというのが、人生設計の最適ポートフォリオをつくるうえでの基本戦略になります。

これもほとんど指摘されないことですが、円高によって、ドル換算した私たちの人的資本は膨張していきます。

たとえばサラリーマンの生涯年収を3億円とすると、就職時の人的資本は約1億3500万円になります。この人的資本は、1ドル=120円なら112万5000ドルですが、1ドル=76円なら177万6000ドル、1ドル=67.5円になればダブルミリオン(200万ドル)です。こうした円高メリットは輸入品の価格下落などによって私たちの生活に反映されますが、海外旅行などでその恩恵を直接受けることも可能です。

大半のひとは金融資本よりも人的資本の方がはるかに大きいので、程度の差はあれ、日本人は円高によって豊かになっていくはずです。

それなのに豊かさが実感できないのは、「デフレ=円高経済」における円資産の膨張は、収入の減少によってバランスすることになるからです。「企業が円高で悲鳴を上げている」というのは、実は、「デフレに合わせて給与を引き下げられない」ということです。

これは逆に、個人にとっては、「いかにして人的資本の価値を守るか」が、デフレ経済における最重要戦略になるということです。

次に株安ですが、「この世界が複雑系のスモールワールドなら誰も未来を知ることはできない」というのが私の立場です。ユーロの混迷は昨年のギリシア危機から予想されていましたが、米国債が格下げになったのは誰にとっても想定外でしょう。ここ数日、株価は乱高下をつづけていますが、このまま本格的な調整局面に入るかどうかも私にはわかりません。

しかし、世界金融危機のときのような株価の下落がこれから始まるのなら、それは世界株投資家にとって、絶好の投資機会の到来となります。資本主義が自己増殖するシステムで、(波風はあっても)グローバル市場はいずれは拡大すると考えるなら、株価が下落すれば下落するほど、ドルコスト平均法による投資利回りは高くなるからです(このあたりのことも『大震災の後で~』に書いてあります)。

なお、これを「個人的な感想」としたのは、私にとっては10~15年後(2020~2025年)の人生設計のポートフォリオが最大の関心事だからです。

ひとによって投資のゴールは異なりますし、置かれた環境もちがうでしょうから、これよりも優れた「人生設計戦略」があったとしても当然のことです。だからこれは、「絶対の法則」などではありません。

なにかの参考になれば幸いです。

カテゴリー: Life Planning タグ: , パーマリンク

円高と株安についての個人的感想 への32件のフィードバック

  • 木坂健宣 のコメント:

    勉強になります。

  • 吉村 のコメント:

    全ての国家は破綻する可能性があり、問題はその確率の差であることが理解得できれば、
    下記のような馬鹿丸出しの発言を書き込んで恥を晒すこともなくなりますよ。
    役に立たないハズはない。「役に立たない」と思うのなら理解できてないのでしょう。
    それとも破綻する可能性がない国家・通貨が存在するとでも思っているのですか?

    >あのー、お前が破綻する可能性のある通貨を「マシだから」という理由で買うのを分かった。
    >そういうバカが存在するのは事実だが、「長期的には」購買力平価と国家破綻論は両立しないんだよ。

  • ぷれでた のコメント:

    吉村、そこまで言うなら何年にどの国家が破綻するか書いてみろ。(笑)

  • 吉村 のコメント:

    「低能な奴だな」とは最初から思っていましたが、
    想像以上に論理的思考能力、言語能力が低くて、コミュニケーション不可能なレベルですね。
    きっと日常でも支障をきたしていることでしょう、可哀想に。
    自分では気づいていないのかもしれませんが。

  • ぷれでた のコメント:

    吉村、見苦しい書き込みはいいから実力を見せろ。
    オーストラリア、カナダはいつ破綻するんだ?
    この国が破綻すると聞いたら皆びっくりするぞ。

  • 吉村 のコメント:

    あなた以外はたぶん全員分かっていますが
    「どの国がいつ破綻するかが分かる」などとは全く書いてありませんよ。

    人とコミュニケーションを取る必要のない単純労働者か引きこもりか何かなんでしょうか。
    小学校にも留年を導入して、最低限度の日本語読解だけでも出来るようしてあげればいいのに。

  • takappo のコメント:

    吉村さん,ぷれでたさん,ずいぶん本題から外れているようですが,私のような素人でも
    わかるような議論をお願いします。せめて「お前」とか「バカ」というような攻撃的なことば
    はナシで。せっかくいい議論がなされているのにもったいない・・・

  • S のコメント:

    日本は破綻する。時期は2年後。円は10分の1に下落する。
    アメリカの破綻はない。

  • くも のコメント:

    >吉村さん

    もうほっとけば?
    きりがないですよ。

  • spread speed のコメント:

    家内がこれを開いていて、「理解できない」とかいうので叱咤し、そして書きこみます
    我が家には「理解できないこと」はなにもないのです

    まず書き手が節度を守って書いているということは理解したい
    「誰でもできる脱出方法」とか、「誰でも乗れる決断」など、そんなものはないのだから
    その微妙な点、スタンス、書き方になったことはよく理解できる
    この文章が、「みんなが考えるキッカケになればいい」という書き手の気持ちがよく伝わってくる
    素晴らしいことだと思います  解決策の提示に「合成」があることを恐れているのでしょうか
    政治家でもないのだからそれはその通りでしょう ヒトは結論をイジりたがる その勇気もないのにw

    では考えれば、例えば、「人的資本が円高で膨張した日本人」という、これはどうすればいいんでしょう
    「いかにして人的資本の価値を守るか」これがこの話の中心でしょう

    それがどんな結果を及ぼすにせよ、守れば生き残れる、そういうことを言っているのだと思いますがw
    みなさんはどうしますか、翻って日本はそれを守ってはこなかったとは、私はあえて言いますが
    人的資本、その価値をどう守るんでしょう、どう私たちが貴重である、と、かけがえのない日本人であると、

    短絡的な言葉遊びばかりせずに、もう少し考えたら面白いと思いますよ>ALL

  • 愛読者 のコメント:

    実に勉強になります。

  • 吉村プレデタ のコメント:

    吉村ぷれでたさん、50歩100歩。
    結局、正解はありません、主義主張は自己満足。
    貶されたからやり返しただけ、見苦しい。
    吉村はもっと見苦しい、最後は返す言葉なく中傷に走った。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。