Back to the 80’s いまでもときどき思い出すこと(6)


その頃ぼくはサラリーマンで、四谷にある出版社に勤めていた。

ある日、ぼくが担当した本についての質問書が届いた。差出人は解放出版社というところで、差別をなくすための啓蒙活動を行なっている団体だった。

手紙の内容は、ぼくのつくった本のなかに差別表現があるというものだった。それはテレビ局の制作現場についての記事で、制作プロダクションのディレクターが、アシスタントディレクターの劣悪な労働環境を、「士農工商犬猫AD」というテレビ業界内の隠語を交えて紹介していた。

いまから20年ちかく前のことで、もう状況は変わっていると思うけれど、その当時は「士農工商」という江戸時代の身分制を比喩として使用することは、階級社会の最下層に追いやられたひとびとへの差別を類推させ、助長するものと考えられていた。それで、どのような意図でこのような表現を使ったのか、説明してほしいという文面だった。

ずいぶんむかしの話だし、その内容はここでの本題ではないのだけれど、ぼくは解放出版社のKさん宛に次のような意見を書き送った。

本人の意思とは無関係な出自を理由とした差別は、市民の平等を定めた近代社会ではいかなる正当化もできない。それに対してテレビ制作現場の階級構造は、仮にそこに差別の要素が含まれているとしても、社会的に容認されている。テレビ局のADは自分の意思でその仕事に就いたのだし、イヤになればいつでも辞めることができる。このふたつの「差別」は、本来まったく別のものだ。

「士農工商」という四文字に部落差別の意図が含まれているのではない。言葉の意味は個々の文字や単語ではなく、文脈(コンテキスト)によって決まるからだ。そして文脈上、プロデューサー、ディレクター、ADの階層構造の比喩であることが明らかな「士農工商犬猫AD」という表現を、部落差別に結びつけるのは明らかに論理の飛躍がある……。

当時はぼくも20代後半でまだ青かったから、ソシュール言語学なんかを引用しながらずいぶん長い文章を書いた記憶がある。そんなものを受け取ったKさんもさぞ迷惑だっただろう。

手紙を送ってから3日ほどして、Kさんから電話があった。ぼくの反論をなんども読んでみたけれど、納得はできなかったという。それでも、手紙をもらってとてもうれしかったといわれた。ぼくはそのときは、なんのことかよくわからなかった。

それから、神保町にある解放出版社にKさんを訪ねた。いまでも申し訳なく思っているのだけれど、Kさんはぼくの反論を理解するためにソシュールの本を読みはじめたといった。じつはぼくは、ソシュールの『一般言語学講義』は難しすぎて、図書館で背表紙を眺めただけで放り出してしまったのだ。

Kさんはそれまで10年以上にわたって、反差別の啓蒙活動の一環として、新聞や雑誌・書籍の「差別表現」を指摘してきた。日本の新聞社や大手出版社のほぼすべてに、ぼくと同じ内容の手紙を送ったという。

それなのに、Kさんはこれまでいちども返信を受け取ったことがなかった。Kさんから手紙が来ると、みんなは本や雑誌を書店から回収したり、断裁処分の証明書を持ってきたり、謝罪文を載せたりしたのだ。

「私たちはいつも、“あなたの意見を聞かせてください”とお願いしてきました」と、Kさんはいった。「それなのに、返事をくれたのはあなたがはじめてなんですよ」

カテゴリー: Back to the 80’s, Column タグ: パーマリンク

Back to the 80’s いまでもときどき思い出すこと(6) への10件のフィードバック

  • TB-gold のコメント:

    このシリーズ本当に面白いです。^^
    橘さんの著書を全部拝見している私ならでは。
    橘さんのイメージがどんどん具体化していきます。
    ぜひ7・8と言わず30くらいまで続編を読みたいです。
    どうかお願い致しますmm

  • まっきい のコメント:

    なんか、Kさんの気持ちがわかる気がします……。

    でも、このような『双方向コミュニケーションを求めること』は、現代ではますます少なくなっている気がします。インターネット上でヘタに動けば、『荒らし』の名のもとに駆逐されるように。

  • お父ちゃん のコメント:

    当時お勤めの出版社は、以前の記事で書かれていた海外宝くじ購入代行の企画を行った新橋の出版社とは別なのですね。
    もし新橋の出版社でその書籍を出版し、編集長様にその手紙を見せていたらどのような反応をしたのかなと想像してしまいました。

    「ヤバいなあ」「君、ヤバいよ、これは」

    と仰っていたかもしれませんね。

    橘様は四谷の出版社で、上司の方に手紙をお見せになったのでしょうか?
    もしその上で橘様が返信を書くことを認めていたのであれば、素晴らしい方ですね。

    このエントリーを読んで調べたのですが、「解放社」と「解放出版社」は別の会社なのですね。
    文章を読む限り、「解放出版社」は誠実かつ紳士的ですね。Kさんは出版社の「自主規制」という反応に常々落胆していたのでしょうか。自分の望んでいることはそうではないのに、と。

    もしもこれが「解放社」であったら、どのような反応が返ってきたのでしょう。ちょっと怖い気がします。

  • 0886 のコメント:

    世間的には「この手の人たちは、自分たちの主張のみを盲信し(もしくはそれを演じ)、それに沿わない”異音”は一切認めないといった傾向が強い」、という先入観があります。私ももしちゃんと噛み合った議論ができるのであれば、お話をしてみたいとは思いますが、このKさんのように確りと向き合ってくれる人はなかなかいそうにありません。

  • tattuan のコメント:

    ちょうど今、司馬遼太郎の「飛ぶが如く」で、西南戦争の部分を読んでいます。明治維新で新政府が、旧来からの身分制度を廃止し、秩禄処分等で特権を剥奪され、不満を持ち各地で乱が起こったそうです。果たして明治維新の中心人物である西郷隆盛は、明治政府と戦争してどういう社会を作るつもりだったのだろうと考えさせられます。身分制度を廃止した明治政府をそれだけをもって、すばらしい政府だというのはどうかと思いますね。太平洋戦争を引き起こした軍部の暴走、現代社会の窮屈な社会の系譜をたどると、明治政府に行き着くのだと思います。社会も歴史や文化といったいわばCONTEXTで捉えられるべきで、なかなかすぐには変わらないものだとつくづく感じています。

  • ピンバック: Back to the 80’s いまでもときどき思い出すこと(6) | 橘玲 公式サイト « 流離、そしてesprit / WordPress

  • Kats のコメント:

    ヤング島耕作みたいで面白いっす

  • freeman のコメント:

    橘さんの生きる姿勢は、本当に「誠実」だと思います。ご自身にも、周りにも。
    著作を拝見しても、そのことはよく感じます。

  • KJ のコメント:

    日本中の貧乏人の子供を東京に集めて競争させる。
    幸せいっぱいのリーマンなんか生まれるはずもないわな。

  • フルタ のコメント:

    意図的な忌避や過剰反応をしがちな問題に、正面から向き合う姿勢が素晴らしいですね。
    橘先生の生き方の一端を垣間見たような気がします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。