ベーシックインカムは「愚者の楽園」 週刊プレイボーイ連載(41)


橋下徹大阪市長の「維新版・船中八策」で、ベーシックインカムの導入が検討されています。ベーシックインカムは「生存権」を基本的人権として、国家が国民全員に最低限の所得を保障する制度で、これによって貧困問題は解決できると主張するひともいます。

新自由主義の立場から市場の活用を掲げる維新の会がベーシックインカムを取り上げるのは、社会保障から国家の関与をなくし行政を簡素化できると考えているからでしょう。「20歳以上の国民に一律に月額7万円を支給する」と決めてしまえば、年金も失業保険も生活保護もすべて不要になります。

いいことだらけのようなベーシックインカムですが、現実にはこのような政策を採用している国はひとつもありません。しかし歴史をさかのぼれば、きわめてよく似た貧困救済策を実施した例が見つかります。それは、産業革命勃興期のイギリスです。

近代以前は、貧富の差は身分の差であり、農民は貧しいながらもなんとか生きていくことができました。ところが産業革命によって農村から都市に人口が流入すると各地にスラム街が生まれ、不景気になると都市で食い詰めた貧困層が農村に逆流してきます。こうして、「貧困」がはじめて社会問題になりました。

当時のイギリスでは、教会が中心となって、教区ごとに住民の生活を保障する仕組みになっていました。

1795年5月6日、スピーナムランドという小さな町に集まった判事たちは、貧困問題を解決する画期的な決定を下します。彼らは、「一人ひとりの所得に関係なく最低所得が保障されるべきである」として、パンの価格に応じた賃金扶助を命じたのです。

「生存権」を大胆に認めたスピーナムランド法は、イギリス全土に急速に広まっていきますが、1834年にあえなく廃止されてしまいます。この善意にあふれたアイデアの、いったいどこが上手くいかなかったのでしょうか。

最低所得保障はまず、労働の倫理を破壊しました。懸命に努力してもさぼっても受け取る所得が同じになるのなら、雇用主のために働くのはバカバカしいだけです。こうして、ひとびとは自尊心を捨てて貧乏を好むようになりました。

するとこんどは、雇用主が払う賃金が下がってきました。労働者をただ働きさせても、差額の賃金が税金から補填されるのですから、給料を払う理由があるはずはありません。そればかりか彼らは、貧困層に支払われる家賃扶助を目当てに、あばら家を貸し付けて儲けました。これは、昨今の「貧困ビジネス」と同じです。

スピーナムランド法の最大の被害者は、「物乞いとして生きていくのはご免だ」という自立心の強いひとたちでした。賃金が大幅に引き下げられたため、彼らのほとんどが破産してしまったのです。

このようにして、「すべてのひとに最低限の生活を保障する」19世紀はじめのユートピアの実験は、ものの見事に失敗してしまいました。

同じヒトである以上、200年前のイギリス人も現代の日本人もたいして変わりません。ベーシックインカムも、きっと同じような「愚者の楽園」を生み出すことになるでしょう。

参考文献:カール・ポラニー『大転換』

 『週刊プレイボーイ』2012年3月5日発売号
禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: , , パーマリンク

ベーシックインカムは「愚者の楽園」 週刊プレイボーイ連載(41) への34件のフィードバック

  • you-me のコメント:

    なぜ、憲法における権利は使わなければ無くなるのに、義務は無くならないと主張するタイプの方が後を絶たないのでしょうか?

  • アドレッセンス のコメント:

    ベーシックインカムについて、果たして橘氏の主張しているとおりだろうか?ベーシックインカム導入反対論者に一番多い意見としてよく言われることだが(簡単に言うと「働かなくなる」)、働かなくて生活できるだけの金額を支給するわけではないのである。社会保障等も含めた「最低限」の金額を支給するというのがベーシックインカムの趣旨のはずである。現在、社会保障費用の極大化が日本では問題になっており、すでに数年後には破たんするという論者も多くいる。その解決に必要なのは、決して消費税の増税ではあるまい。生活保護受給の問題も含め(そもそも、年金をもらうより生活保護を受給したほうがいいというのはおかしな話。厚生労働省がいくら制度的に違うなどと説明したとしても、それを納得できる人は少ないはず。)、全体的に考えたときに、ベーシックインカムの導入は1つの選択肢になるのではないかと考えている。ちなみに、諸外国でやっているかどうかなどというのはどうでもいい話のはずである(日本初の制度だっていいのである。)。

  • 匿名 のコメント:

    彼らの言うことを真に受けてとらえちゃ駄目ですよ。注目させ続けることと、とりあえず吹っかけて本当の落とし所にもって行こうとしてるだけです。(アラブ人の商法がこんな感じだそうです)

    現状よりも何か変化が起こったのなら彼らの思惑どおりなのでしょう。

  • 中将 のコメント:

    悪徳政治業者なら「ベーシックインカムを(ナマポ並みに)引き上げます!」と掲げるに違いない。

  • k のコメント:

    > ベーシックインカムでもきちんと国民全員に行き渡らせるには、それなりの行政コストがかかる

    電子マネーか銀行口座でいいですし、どちらもタダで作れるので問題なし。

    > 現物支給にしたらどうだろう?

    それでは官僚の思うつぼ。
    現金給付の方が裁量の余地が少ない。

    > 悪徳政治業者なら「ベーシックインカムを(ナマポ並みに)引き上げます!」と掲げるに違いない。

    選挙権とセットにすれば良いのでは?

    選挙権欲しければ、ベーシックインカムを放棄。
    ベーシックインカムを欲しければ、選挙権を放棄。

    一度でもベーシックインカムを受給したら、次回の選挙には投票できないみたいな感じで。
    義務と権利は一体なので。

  • 川瀬  のコメント:

    現在義務教育は無償ですので、教育にかけるお金はかけなくていいはずなのに、
    大多数の親は子供を塾に行かせています。
    国から無償、もしくは安価で与えられているのもかかわらず、さらに支出している例があるから
    最低限で満足する人が大多数にはならないと思います。
    ホームセキュリティ、車の自賠責、水道水とかも、医療保険、などでも言える。

  • k のコメント:

    生活保護の機能不全(不正受給、労働意欲の毀損、スティグマティズム)に対する回答でもあるベーシックインカムなんだけど、「行き過ぎた生活保護」と誤解する人が絶えないのは何故なんだろう。

  • you-me のコメント:

    貧困ビジネスの既得権というのもあると思います。

  • ぴの のコメント:

    “懸命に努力してもさぼっても受け取る所得が同じになるのなら、雇用主のために働くのはバカバカしいだけです。こうして、ひとびとは自尊心を捨てて貧乏を好むようになりました。”

    これが現在の生活保護なのでは無いでしょうか?
    ベーシックインカムの重要な点は年収5千万の富裕層でも年収50万のワーキングプアでも全く同額のベーシックインカムを得られるという点です。

    現在の生活保護制度は(スピーナムランド法と同じく)働けば働いた分だけ支給額が減らされてしまいます。
    これはスピーナムランド法と同じく生活保護受給者の自立心を奪ってしまっています。
    そうした問題を解決するための手法の一つがベーシックインカムです。

  • のコメント:

    ベーシックインカムを否定するのに必死だが、
    働けなくなった人間は愚者だから死ねとでも言いたいのですか?
    もしそうなら、本当の愚者は誰でしょうかね?
    スピーナムランド法にしても、よく調べるとベーシックインカムと違うし。
    適当なこと書いてると、信用無くすと思う。

  • kom のコメント:

    経済的に困ってない人にも渡るお金のためにも自分の所得を割くことを納得できる人がどのくらいいるのでしょうね。

  • リョウ のコメント:

    経済的理由に因る自殺や餓死の犠牲者の増大を抑え、低迷の続く経済を復興させる為には国民にお金を配り内需を拡大する必要があると思います。
    財源を拵える手段はいくつもあります。
    http://ryou-cocolog.cocolog-nifty.com/ryou/2012/01/post-c685.html 

  • リョウ のコメント:

    経済的理由に因る自殺や餓死の犠牲者の増大を抑え、低迷の続く経済を復興させる為には国民にお金を配り内需を拡大する必要があると思います。
    財源を拵える手段はいくつもあります。

  • you-me のコメント:

    コミュニティ範囲は各人違うので、額を決められないのでは。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。