“国家破産”の街アテネを旅して(2)


ギリシアの経済危機は、どこかマンガじみている。

そもそもこの国は、野良犬と並んで公務員の数がものすごく多い。ギリシアの経済学者はこれを「公務員爆発」と呼ぶが、その数は財政危機にもかかわらず加速度的に膨張している。

この不思議な社会の仕組み報告した毎日新聞記者の藤原章生は、ギリシアの公務員問題について、労働省のエリート官僚の次のような証言を紹介している。

新たな政権ができると、官僚の顧問や局長職は総入れ替えになり、それぞれの閣僚や次官ら政治家たちが好きなように身内や友人、支援者、または自分で探してきた人物をそのポストに招く。こうした人々は「臨時雇用」という形で来るが、この国の問題は彼らがいつの間にか「正規雇用」になっていて、政権が交代しても解雇されないこと。

前から同じポストにいた人はどうなるかと言うと、解雇されず、別のポストに行くか、ひどい場合、同じ局長のポストに2人がいるなんてこともある。当然2人分の仕事はないから、前の人たちは職場に来なくなり、給与だけもらい続ける幽霊公務員となる。私たち労働省の中でも全体の職員が何人いるのか、どういう構成なのかよくわかっていない。

こうして選挙のたびに公務員が増えていった結果、ギリシアの公務員数は巷間いわれている110万人よりもはるかに多いのではないかと藤原は推計する。

藤原が出会った公務員(国立病院の看護師や公営地下鉄の職員)は、勤続20年でも月収は1000~1200ユーロ(年収150万円前後)で、これだけで大家族を養うのはとうてい無理だ。そのためほとんどの公務員は給料だけでは生計が成り立たず、副業を持っているのが当たり前だ(さらにいうと、民間のサラリーマンも夜はウェイターになるなど、2つや3つの仕事をかけもちしている)。

ギリシアの公務員は平均給与が民間の1.5倍もあるとしてドイツなどから厳しく批判されているが、彼らの生活実態はそれほど優雅ではない。だとしたら、統計上は「労働者の4人に1人」という公務員数は、それよりずっと多いにちがいない。ギリシアでは一種のベーシックインカムが実現しており、家族の誰かが公務員(幽霊公務員)として国からいくばくかの給与をもらい、民間企業にかけもちで働きながら、足りない生活費を副業でまかなっている――。そう考えれば、緊縮財政が国民的な規模のデモやストライキを引き起こした理由もよくわかる。

ギリシアではこれまで年金の支給開始年齢が50代半ばで、それも受給額は現役世代の給与の9割ときわめて高率だ(日本の「百年安心年金」は現役世代の5割支給で設計されている)。さらには現金決済で消費税(財政破綻で23%に引き上げられた)を払わない“闇ビジネス”が横行しており、その規模はいまやGDPの4割に達するともいわれる。

こうした財政の放蕩三昧が明らかになるにつれて、ギリシアのデモは、ドイツなど「ゆたかな欧州」から冷たい視線を浴びるようになった。財政赤字を膨らませたのは自業自得で、そのツケをユーロに押し付けたり、EUに救済を求めるのは筋ちがいだというのだ。

もちろんこのことは、当のギリシア人がいちばんよくわかっている。彼らは外国人旅行者に対しては、政治の腐敗を嘆き、ギリシアは変わらなくてはならないことを力説する。政府も、財政健全化を喫緊の課題として、公務員改革の成果をアピールする。しかしその背後には、周到な計算も見え隠れする。

EUがIMFとともにギリシアの財政支援に踏み切ったのは、金融危機がスペインやポルトガル、イタリアなど南欧諸国に飛び火するのを防ぐためだ。ギリシアがデフォルトを起こし、ユーロから脱退すれば、その影響は甚大だ。

だとすれば、ギリシア政府にとってもっとも好都合なのは、財政改革で一定の譲歩をしつつ、ユーロを人質にして、EUに債務の減免(借金の踏み倒し)を認めさせることだ。その交渉のためには、国民の抗議行動が適度に起こっていたほうが都合がいい。

そもそもギリシアは、1800年以降の200年余の歴史のなかで、債務不履行と債務条件変更の年数が50%を超えるという。2年にいちどは破綻しているのだから、その対応は筋金入りだ。

このようにしてアテネでは、予定調和のようなデモが今日も行なわれている。

ストのために閉鎖された地下鉄の入口
コメントを閉じる

10件のコメント

  1. 日本とギリシャの大きな違いは、EUという大きな後ろ盾があるかないかの違い。
    ギリシャの場合は、EUが必ず救済することをウスウスみな理解していて、いかにギリシャ政府に痛みを与えて、他のEU諸国の国民の鬱憤を晴らすかどうかが課題。
    ギリシャ国民にとっては、闇給与やバックマージンで生活している実態があるので、痛みはそれほど感じない。過去の資産(遺跡による観光)といった産業しかない国にとっては、しぶとく生きていくしか道はない。

  2. 以前より噂は耳にしていたのですが、想像以上の暢気さに驚きました。
    実際にギリシャ内で生活している方の実態がもう少し知りたいところです。

    橘様の著書で言う「黄金の羽根」を国家全体で拾おうとしたらこういう事になるのかなと思ってしまいました。
    真っ当に働き税金を納めることに快感を見出す多くの人(ドイツ国民とか?)が居るからこそギリシャのような国家が存在できるわけですが、ギリシャが結局救済されてしまい、その事例に「学んだ」国家がユーロ圏にもう何ヶ国かできてしまえばヨーロッパはお終いでしょう。

    デフォルト後のギリシャは外国プレス向けの「特区」を設け、そこの地区だけ衣食住にも事欠く悲惨な生活をさせる…などの戦略が必要かもしれませんね。

  3. 間違ってたら教えて下さい。
    日本国が国家破産したら、公務員の数や給料が減るだろうから、一回破産して、
    もう一回やり直しで、そっちのほうが既得権益とか壊れちゃって活力が生まれるかなって
    思ってたけど、
    読んでなんとなく感じたのは、
    日本国債って国内で9割持ってるんだから、借金棒引きにして国民全体が貧しくなる
    だけで、今の国家システム継続で、結局、公務員の優遇は変わんなくて
    はい、また一からやり直しねって、そういうことになるんだろうなって感じがしてきた。
    だって、システム決めんの公務員なんだから、どんな有事が起こっても
    ほーら公務員って必要でしょみたいに何も変わんなそう。
    ただ国民がもっと貧乏になるだけか。
    まあ、豊かだったんだからいいかって、みんな我慢強いからね。いい国だなー。

  4. 半年前に伴久旅館とかいう 平家由来の宿?に行ったんですよ。地震でなくなったらしいんですけど。そこで額縁にこんなことが書いてあったんです。

    たったひとりしかない自分を、たった一度しかない人生を、ほんとうに生かさなかったら、人間、生まれてきたかいがないじゃないか  

  5. たった一度しかない人生を~  今も昔もそのように自分に言い聞かせて、無謀な賭けに出かけて行く者が後をたたない。その内帰ってこれる者よりそうでない者の方が多いのは歴史が証明しているのでは。それでもというのなら、ご自由に。でも気をつけて。

  6. ある インチキセミナー屋さんの言葉でしたんですけど、他人に対する心配は呪いだからすぐにやめるようにとのことでした。

  7. https://www.facebook.com/note.php?note_id=215309535163522 から一部編集のうえ、転載。
    GWにギリシャへ行ってきました。「破綻した国」という言葉から想起されるネガティブなイメージはまったくありませんでした。もともと地中海性気候は、魚介、果物、野菜が年間を通じて収穫でき、かつ中部〜北部にかけて穀倉地帯がひろがるギリシャは食料自給率が140〜150%を誇る食料輸出国でもあります。職がなくても果実、木の実を取り魚を釣れば飢え死にすることは無いのです。
    そうはいっても、所得を一桁低く申告することは日常茶飯事で、年収30,000〜40,000ユーロの人が4件くらい不動産(自宅・別荘等)を所有するのは珍しく無いそうです。ちなみに不動産価格は地方都市の一戸建てで300,000ユーロ程度なので日本と変わらないです。西欧哲学発祥の地とは思えない、いい加減さ(おおらかさ)は国を破綻させるのに十分機能したと思います。アテネ市内には路面電車、トラム、バス、地下鉄と4種類の公共交通機関(タクシーも含めれば5種類)ありますが、どれも空いているようにしか見えませんでした。合理化ができないのでしょう。人口の20~25%を占めると言われる公務員の給与は2009年に2割の、2010年1割を削減しました。2009年は騒ぎになりましたが、今年のメーデーはニュースにもなりませんでした。諦めたのかも知れません、どうにでもなると、思っている方が説得力がありそうな気もします。EU(主にドイツ)の指導で、以前は最速48才でリタイアし年金生活がおくれたそうですが、今は定年も60歳に延長され、やたらに多かった村も日本の平成大合併よろしく自治体の数を減らしたそうです。
    こんな話を聞きました。「(EUで経済的に助けてもらっている)ドイツにエーゲ海の島を2つ3つくれてやってもいいんじゃないか」、確かに1ユーロコインはドイツのものを多く見かけましたし、観光客ではドイツ人が英語・フランス語圏より多かったと思います。国土の割譲は困難とのコメントを頂きましたが、VATが23%に達しているので消費税の伸びしろは無いと思います。EUからの離脱(ドラクマの復活、ユーロの踏み倒し?)という噂も聞きました。ドイツ人は自国の常識がギリシャでは通用しないことを、学ぶべきだったと思います。
    ミコノス島でケイマン船籍の豪華なプライベートクルーズ船を何隻か見かけたのが象徴的でした。

  8. 私の叔母がギリシャに住んでて2回ほど遊びに行った事があります。
    とても食べ物が豊富で、人の性格も明るく少しいい加減な感じ?
    叔母は高齢で緑内障がひどく、ほとんど目が見えないのですがギリシャの私立病院に通っています。
    「日本の進んだ医療技術で少しでも目が見えるようになりたい」と叔母から電話があり、日本にいる私が近くの眼科で色々叔母の状態を相談してきたところ、使用してる薬は世界でも最先端の物で、ドイツやフランスからの医療がギリシャにも入ってきてるのだそうです。
     そういった意味でも、ポルトガルやギリシャはユーロに加入した意味があるのではないかと・・・。

     でも先進国に追いつこうと無理しすぎちゃったかなぁ。   労働意欲なさすぎるかな

  9. なんか日本のギリシャ報道は偏見だらけだよね。

    結局、ギリシャに公務員が多いことも、年金支給が速いことも、ギリシャの公式発表と他の統計と整合性がないことは、ドイツの銀行とかみんな知っていたのに、アメリカの中心とした世界的なバブルで当時はギリシャにもイケイケどんどんで金突っ込んでいたんだよね。
    要するにバブル。
    リーマン・ショック以前、ギリシャ国債とかも高い格付けされていたし。

    でバブルが弾けて投資家が投資の責任被りたくないからって、Piigsの債権を中央銀行なんかに買い取らせて投資家責任はほぼゼロ。ボロいよね。

    で、困窮したギリシャの人々は失業率は25%、若者に至っては失業率50%で親族の年金を便りに暮らしをしている。そんな状況下で政府は緊縮財政や増税して、ますます社会から仕事を無くしてギリシャは困窮。

    癒着と脱税でバブル期に稼ぎまくった富裕層はもう海外にほとんど逃げちゃってるし。普通のギリシャが暴徒化するのは当然だよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。