月別アーカイブ: 10月 2012

地方の支店長が社長に命令する組織 週刊プレイボーイ連載(72)

新党「日本維新の会」を立ち上げた橋下徹大阪市長のいちばんの魅力は、日本の社会に蔓延する前近代的な統治構造を徹底的に批判し、改革したことです。 近代的な統治(ガバナンス)というのは、組織のなかで、責任と権限が一対一で対応し … 続きを読む

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン | 31件のコメント

同和地区を掲載することは「絶対に」許されないのか?

「ハシシタ 奴の本性」について、『週刊朝日』に編集長の「おわび」が掲載された。今後は第三者機関が記事掲載の経緯を検証し、結果を公表するという。結論が出るまでにはかなり時間がかかるだろうが、今後の議論の参考に事実関係を整理 … 続きを読む

カテゴリー: Libertarianism | 35件のコメント

30年前は日本の「民度」もこんなもの 週刊プレイボーイ連載(71)

これは今から30年前に、プロ野球史上、実質的にはじめての外国人監督となったドン・ブレイザーの物語です。 一流の大リーガーだったブレイザーは35歳で日本に渡り、野球選手としてのキャリアを南海ホークスで終えたあと、日本が気に … 続きを読む

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン | 36件のコメント

『臆病者のための裁判入門』事件の発端 えっ、ぜんぶウソだったの!?

最新刊『臆病者のための裁判入門』(Amazon「在庫切れ」から「発送可」に復帰しました)から、事件の発端部分を掲載します。 ここから、2年半におよぶ民事裁判の迷宮めぐりが始まりました。 ***************** … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | 10件のコメント

『週刊朝日』はいったい何を謝罪したのか?

前回のエントリーをアップした後、『週刊朝日』編集部と著者である佐野眞一氏のコメントが公表された。私の意見にはなんの変更もないが、『週刊朝日』編集部の正式な見解が次号に掲載されるというから、その前に論旨をもういちどまとめて … 続きを読む

カテゴリー: Libertarianism | 40件のコメント