自己啓発の歴史」カテゴリーアーカイブ

自己啓発の歴史(7) 社会革命から自分革命へ

ウェルナー・エアハルトは高校を卒業すると、大学には行かず、車や通信教育の教材を訪問販売するセールスマンとして生計を立てた。彼はデール・カーネギーの成功哲学の熱烈な信奉者で、セールスマンとして頂点を極めた後にセールスマン・ … 続きを読む

カテゴリー: Column, 自己啓発の歴史 | 11件のコメント

自己啓発の歴史(6) サイケデリック革命とインナートリップ

マズローの人間性心理学は、白人エリート層を中心に、60年代のアメリカ社会で熱狂的に受け入れられた。 人間性心理学の最大の利点は、そのわかりやすさだ。それはフロイト流の精神分析のような不愉快な話(「お母さんとセックスしたい … 続きを読む

カテゴリー: Column, 自己啓発の歴史 | 1件のコメント

自己啓発の歴史(5) 洗脳と超越

CIA捜査官エドワード・ハンターは、朝鮮戦争で中国軍の捕虜となった兵士の一部に奇妙な現象が起きていることに気がついた。ごくふつうのアメリカ青年だった彼らは、いまや毛沢東を賛美し、母国を非難する共産主義者に転向していたから … 続きを読む

カテゴリー: Column, 自己啓発の歴史 | 3件のコメント

自己啓発の歴史(4) エスリンとニューエイジ

サンフランシスコからシリコンバレーを越え、太平洋沿いにハイウェイを南に下ると、風向明媚な観光地、モントレーへと至る。そこからさらに一時間ほどロサンゼルスに向けて車を走らせると、州立公園のなかの人里はなれた海岸に木造の角ば … 続きを読む

カテゴリー: Column, 自己啓発の歴史 | 8件のコメント

自己啓発の歴史(3) 「自己実現」という魔法の言葉

アメリカの心理学者アブラハム・マズローは良識ある理想主義者でヒューマニストだ。ひとことでいうと、とてもいいひとだった。 あちこち回り道をして28歳で心理学の博士号を取得したとき、マズローは学問の現状にものすごく不満だった … 続きを読む

カテゴリー: Column, 自己啓発の歴史 | 16件のコメント