喫煙は医療費を削減するから社会の役に立つ? 週刊プレイボーイ連載(299) 


2020年の東京オリンピックを前に受動喫煙対策が紛糾しています。国際オリンピック委員会は「たばこのないオリンピック」推進を求めており、それを受けて厚労省が、小規模なバーやスナックを例外として屋内を原則禁煙とする案を提示したところ、飲食店の売上が落ちるとして自民党議員が強く反発したのです。

わたしは非喫煙者なので、禁煙対策の強化には賛成です。寿司屋のカウンターで、先に食べ終わった隣の客がタバコを吸いはじめるとほんとうにがっかりします。これは客のマナーというより、高いお金を取りながら喫煙を放置している店に問題があります。これで「日本のおもてなしは世界一」といわれたら、屋内禁煙が常識の国からやってきた外国人は腰を抜かすでしょう。

その一方で、タバコが合法である以上、喫煙者の権利は守らなければなりません。リベラルな社会では、他人に迷惑をかけなければ(法の許すかぎり)なにをしようが自由だからです。

タバコががんなどの原因になることがわかって禁煙対策が求められるようになったわけですが、政府にできるのは、「喫煙は健康を害する」という啓発活動と、タバコの値段を上げることくらいです。

啓発活動は大事ですが、喫煙者にはあまり効果がないことがわかっています。海外の研究ですが、タバコの箱に(喫煙で汚れた肺など)おどろおどろしい写真を載せると、喫煙者は不安を抑えるためによりタバコを吸いたくなるのです。

タバコへの課税は有効ですが、それにも限度があります。仮に1箱1万円になれば、かつての禁酒法と同じで、タバコの巨大な闇市場が生まれることは間違いないでしょう。

こうして、「喫煙者は医療費を増やすことで社会に負担をかけている」との主張が出てきました。たしかに、がんになれば治療が必要ですから、これは一見わかりやすい理屈ですが、よく考えるとそうともいえません。タバコが死亡率を高めることは多くの研究が示していますが、死んでしまったひとには年金を払う必要もなければ、高齢者医療や介護もいらないからです。医療経済学では、こうした効果を総合すると、「喫煙は医療費を削減する」というのが定説になっています。世界的に受動喫煙が問題とされるようになったのは、こうした背景があるからでしょう。

フィルターを通して吸い込む煙より副流煙のほうが有害物質を多く含むことが明らかになって、客だけでなく従業員の健康への配慮も求められるようになりました。「店の儲けのためにがんになってもいいというのか」との批判には説得力がありますから、日本も早晩、受動喫煙にきびしく対処せざるを得なくなるでしょう。

しかしそうなると、喫煙を批判する根拠はなくなります。

誰にも迷惑をかけない自宅などでタバコを思う存分吸うのは喫煙者の権利です。そのうえ彼らは、統計的には早世しますから、非喫煙者に比べて社会の負担になりません。最近では「禁煙希望者への支援」も叫ばれていますが、これを“よけいなお世話”と感じる喫煙者も多いでしょう。

だとしたら、その先に待っているのは、「どんどんタバコを吸ってさっさと死んでください」という“自己責任”の世の中かもしれません。

『週刊プレイボーイ』2017年7月24日発売号 禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: パーマリンク

喫煙は医療費を削減するから社会の役に立つ? 週刊プレイボーイ連載(299)  への8件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    「タバコ」というドラッグの一番の問題点は、

    「受動喫煙という形で、
    それを使う人以外にも
    多大な損出をもたらす」

    という点で、これは他のドラッグよりも
    問題なところです。

    日本では国内の受動喫煙が最大のPM2.5問題
    なのです。

    とはいえ、自身がヘビースモーカーである

    筒井康隆は、こういう短編小説を書いていますよね。

    最後の喫煙者―自選ドタバタ傑作集〈1〉 (新潮文庫) 筒井 康隆 https://www.amazon.co.jp/dp/4101171432/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_jqOFzb098CNSQ

    昭和9年会の存命人物で、ヘビースモーカーであった氏の
    肺臓に興味があります。氏は、喫煙者の権利のため、

    亡くなったら、自分の肺臓を公開してはいかがでしょうか?

  • KJ のコメント:

    変則的ベーシックインカム

  • 大林 のコメント:

    “医療経済学では、こうした効果を総合すると、「喫煙は医療費を削減する」というのが定説”
    この定説は最近の研究ですか?
    三菱総研の「全面禁煙規制・分煙規制に対する経済的影響の事前評価」2011によると「全面禁煙規制を実施した場合は4兆1544億円のプラスの経済的影響」とありますが、労働力損失や年金などの計算要素の違いが大きいのでしょうか。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >三菱総研の「全面禁煙規制・分煙規制に対する経済的影響の事前評価」2011によると「全面禁煙規制を実施した場合は4兆1544億円のプラスの経済的影響」とありますが、労働力損失や年金などの計算要素の違いが大きいのでしょうか。

    前にも言ったように、

    「試算」とか「経済効果」
    というものは、

    「結論が最初にありき」

    であり、
    これを補完するように

    いろいろデータを自分の都合の良いように
    こねくり回している

    というのが結論です。

    >だとしたら、その先に待っているのは、「どんどんタバコを吸ってさっさと死んでください」という“自己責任”の世の中かもしれません。

    医療費や年金削減のために

    ピンピンコロリの

    コロリが意味するところの
    「突然死」
    を推奨するような社会に
    なるかもしれません。

    そうなれば、コロリと逝けるように

    心疾患 原因のわかる突然死の中では最も多い。原因疾患としては虚血性心疾患、急性冠症候群、間質性心筋炎、特発性心筋症、冠動脈起始異常、ブルガダ症候群などがあげられる。
    消化器疾患 肝硬変、肝血管腫、胃潰瘍、マロリー・ワイス症候群、イレウスなどがあげられる。
    脳疾患 クモ膜下出血、脳出血、脳梗塞などがあげられる。

    になるようなライフスタイルこそオススメですな。

    高コレステロールや高塩分食生活こそ推奨すべきです。

    さらに筒井康隆の
    「定年食」
    メタモルフォセス群島(新潮文庫) 筒井 康隆 https://www.amazon.co.jp/dp/B00I2KM06W/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_dE8FzbT1RJQE1 所収

    をこそ実施するべきです。

  • よちん のコメント:

    タバコを吸っている人が突然ポックリと逝ってくれるのであればその通りなのですが、実際にはなかなか死んでくれません。様々な疾患を患い、高度な終末医療を処置してもらいながら亡くなるわけです。

  • ぱあ のコメント:

    タバコを吸って元気で長生きしている高齢者もいる。
    一概にいえないけど、日本は受動喫煙に対してゆるすぎな先進国です。

  • 細野ファン のコメント:

    お前、加藤も

    タバコ権益側か

  • 尖沙咀 のコメント:

    橘さんの矛盾は、

    わたしは非喫煙者なので、禁煙対策の強化には賛成です。

    といっておきながら、

    ドラッグ解禁(もちろんタバコもドラッグの一種!)
    を主張してしまうことについて、

    きちんとした説明がなされないことです。

    世の中には、どうあがいても

    「落としどころのつかない問題」

    というのがあります。

    たとえば、
    キリスト教は、初代教会から一貫して中絶を殺人と見なし非難していますが、

    女性の権利を主張する団体なら「望まない妊娠中絶は女性の権利」
    と主張するでしょう。

    この両者には落としどころとか妥協点は存在しません。

    世の中のありとあらゆる問題には、
    センター試験のような唯一無二の

    「正解」

    が存在しないことを
    まず理解したうえで、

    なすべきなのは、

    まず「自分にとって」
    より良い社会への
    提言なのです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。