日本の「リベラル」より、安倍政権の方がリベラル? 週刊プレイボーイ連載(289) 


安倍首相は5月3日の憲法記念日に、読売新聞のインタビューと憲法改正を推進する民間団体へのビデオメッセージで、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」として、憲法9条と高等教育無償化を具体的な検討項目に挙げました。これまで「9条に手をつけられるはずがない」とたかをくくって「お試し改憲」を批判していたひとたちは、腰を抜かんさんばかりに驚愕したのではないでしょうか。

安倍首相はメッセージで「多くの憲法法学者や政党の中には、自衛隊を違憲とする議論が今なお存在する」として、「『自衛隊は違憲かもしれないけれども、何かあれば、命を張って守ってくれ』というのは、あまりに無責任だ」と述べました。

無責任と名指しされた“リベラル”な学者や共産党は、この批判に責任をもってこたえなくてはなりません。とはいえ、これまでの主張を見るかぎりこれはなかなか大変です。

共産党委員長は「自衛隊は憲法違反だと思うが、国民の合意がなかったらなくせない」と述べました。これは「人民の支持があれば憲法に反することをやってもいい」ということですから、立憲主義の否定どころか革命の論理そのものです。このひとたちは戦後日本の民主政治になんの価値も認めず、共産革命によって理想社会を建設すべきだといまでも本気で考えているのでしょう。

憲法学者は、「自衛隊は違憲ではなく、個別自衛権は国家の自然権だから“合憲”だ」というでしょうが、これもいまひとつ説得力がありません。「だったらなぜ、それをそのまま書いちゃいけないの?」という“子どもの疑問”にこたえられないからです。

憲法は国家の基本設計図で、市民が国家権力の“暴力”に制約を課すためのものです。近代国家は警察、司法、徴税などすべての“暴力装置”を独占しており、一人ひとりの市民に比べてその権力はとてつもなく強大です。そのなかでも最大の“暴力”は軍隊ですから、その存在を憲法に明記して法の統制の下に置かなければならない、というのが世界標準のリベラリズムです。

安倍首相が悲願の9条改正に向けて、「自衛隊の尊厳」で保守派を満足させるだけでなく、こうした“まっとうなリベラル”を掲げれば国民の多くは納得するでしょう。日本にしか棲息しない希少種である「戦後リベラリズム」は、いよいよ正念場に立たされました。

あまり話題にならない「高等教育無償化」も、9条改正のための目くらましと決めつけることはできません。

北欧の国々は大学を無償にしていますが、なぜこのような仕組みが成立するかというと、(日本ではほとんど報じられませんが)大学の実態が高等職業専門学校だからです。北欧の会社は社員教育を大学にアウトソースし、そこで得た資格が昇進や昇給に反映されます。こうして「能力」の指標を標準化することで、同一労働同一賃金の“リベラル”な労働市場が成立します。

安倍首相が本気で大学無償化を考えているとしたら、その先にあるのは日本を北欧のような「ネオリベ型福祉国家」に改造するビジョンでしょう。9条改正と同様に労働改革においても、「日本的雇用を守れ」と叫ぶしか能のない“リベラル”はすっかり先を越されてしまったのです。

『週刊プレイボーイ』2017年5月15日発売号 禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: パーマリンク

日本の「リベラル」より、安倍政権の方がリベラル? 週刊プレイボーイ連載(289)  への18件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    >安倍首相が本気で大学無償化を考えているとしたら、その先にあるのは日本を北欧のような「ネオリベ型福祉国家」に改造するビジョンでしょう。9条改正と同様に労働改革においても、「日本的雇用を守れ」と叫ぶしか能のない“リベラル”はすっかり先を越されてしまったのです。

    高等教育を無償化することには反対ですが、リベラルにとって「日本国憲法」とは、

    聖典=聖書=コーラン=般若心経
     
    だと同じというだけの話です。

    池上彰風に言えば、

    「憲法」も「聖書」にも「コーラン」にも「般若心経」にもちょっとおかしい所があるよね。
    ちょっと見なおそうよ!

    と言ったら、「リベラル=憲法真理教・原理主義者」から
    テロ総攻撃を受けてきたのが、

    戦後の日本の歴史なのです。

    とはいえ、もし仮に「安倍首相」が本当に憲法改正を成し遂げたら、
    日本の歴史に名を刻むことはまちがいありません。

    佐藤栄作のノーベル平和賞とは比較にならない歴史的事実になるでしょう。
    そういった「野心」については、もっと考えなくてはならないでしょうな。

  • 匿名 のコメント:

    世界レベルでは日本の右翼と呼ばれる人間が実はリベラルか中道左派で、日本の自称リベラルらは極右で一つの意見しか認めない排外(思想)主義者が正しい。しかも日本の左翼はコミンテルンにシンパシーを抱く危険思想が核になってるから余計に怖い。

  • 名無し のコメント:

    歴史に名を刻みたいからしているだけで
    日本のためというよりも自分のためにしているように見える。
    国民は怪しんでいると思う。

  • シャングリラ のコメント:

    名を残したい政治家なんていません。政治家になって家系に名誉を残して、与党にいれば法律を立案してそれが通ればお祝い資金パーティをして献金で豪邸を建てる…これで十分です。
    もし野党の新人議員がこんな名を残す…など戯言ほざいたら、与党の足を引っ張る方法を少しでも考えろ…で終わりです。民があの政治家は名を残すだけを…なんて考えてる以上政治家の思いのまま、日本もこのままですよ。右とか左とか日本の政治家にはどうでもいい。

    なんにせよ、この2020年がポイントかな。先延ばしした消費税はその頃10パーで据え置きですかね?それまでアベノミクス効果があると思いますかw?それより学生の数・学校は同等もしくは今以上にあると思いますか?北欧型福祉国家は高い間接税で賄われてます、塾や私学なんて作る必要もない、経済政策が安定している、まず政治家自体が公務員化している。
    それをあの安倍さんが本当に実現すると踏んでたら、これほど能天気な首相はいない。安倍政権に急に色々ブレーキが掛かってるのは、上記のような政治家にはかなり迷惑なんだと思う。
    野党に足を引っ張られパーティーも出来ずポストにもつけない政治家からすると…。

  • 匿名 のコメント:

    バカ
    低脳

  • shign のコメント:

    橘さんが常々指摘している「北欧のネオリベ型福祉国家」を勘違いしてる人が非常に多いです・・・
    はてなブックマークですらそう
    これが日本のリベラルの限界なのでしょう・・・

  • 玉木雄一郎 のコメント:

    マネーロンダリングの文庫版で、解説を書いていた、民進党議員の玉木雄一郎氏に
    ついてどうお考えでしょうか?

    当時は財務省に在籍(行政改革大臣秘書官補)していた関係で、
    マネーロンダリングというより税金逃れに関心があったそうですが、

    その氏が【加計学園問題】で追及していましたが、自身の係累が
    獣医師一家で、さらに獣医師連盟から100万円献金うけていました。

    これって、かつての自民党派閥の「族議員政治」そのものではあーりませんか???

    民進党・玉木雄一郎が獣医師会で「獣医学部新設」を阻止すると宣言…
    議員辞職レベルの爆弾発掘されて完全終了w
    https://www.youtube.com/watch?v=Fbtahzga304

  • 論屋 のコメント:

    ようやくわかりました。橘先生や安倍首相が相手にしているのは、ゲテリベだということに気がつきました。
    「胡散臭いリベラル」とか「今だ自衛隊を違憲とする勢力」とか。

    自衛隊は合憲というのが政府解釈で、これは旧社会党も認めていたほどです。なのに何でわざわざ改憲?
    自衛隊は憲法違反、だから解隊しろ、という人たちと、だから改憲しろ、という人たちはほぼ同レベルであります。

    カゴイケさんがいくら有名で自称「保守」でも、あの思想を「保守の代表的意見」といったら保守側から抗議されるでしょう。
    同じくゲテリベをリベラルの代表的意見のように扱ったら間違いでしょうね。
    もっとも安倍政権にとってみれば敵は弱いほど良いのでゲテリベをリベラルの代表扱いにするメリットはあります。さて橘先生には…?

    (ゲテリベ……ゲテモノリベラリズム)

  • 投資道場破り のコメント:

    安倍さんへ、
    今の勢いであれば何でも実現できるので提案したい。

    橘先生も最後に指摘されているとおり、労働改革つまり労働者の既得権打破に取りかかっていただきたく。

    民間の手本となるように、まずは行政改革として中央官庁の人員の一割削減に取り組むべし。

    維新と提携願いたし。

  • 匿名 のコメント:

    日本人の日本人による日本人のためのリベラルに見える政党がが存在すれば受けるかもね。

    >>旧社会党も認めていた
    それ、村山さんが首相になったからじゃないですか?
    単なるご都合主義にしか見えないから「ゲテ」と思われてもやっぱり仕方ないですね。
    旧社会党はそれでダメになったというのがおおかたの見方と思いますけど。

    比較的最近も、「暴力装置」って公に発言した人がいましたが、やっぱり「ゲテ」と思われても仕方ないでしょうね。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >比較的最近も、「暴力装置」って公に発言した人がいましたが、やっぱり「ゲテ」と思われても仕方ないでしょうね。

    警察や自衛隊(事実上の日本軍)が「暴力装置」であることは、社会学をかじったことのある
    人間なら常識です。その「暴力装置」のコントロールが効かなくなった状態が、

    失敗国家なのです。戦前に起こった226事件なんかまさにそうですよね。

    「暴力装置」という言葉の響きが強烈であるから、
    「法執行機関」とかいうオブラートに包んだ言葉が使われるだけの話です。

    以前橘さんもこう書いていますよね。

    >徴税は国家が行使する“暴力”なのだから、そこから逃れようとしたら、それなりの覚悟が必要だ。だとしたら、どうすればよかったのだろうか。

    雁屋哲原作の「野望の王国」では、この件に関して、身も蓋もない表現が横溢しています。
    たとえば、
    (征五郎・片岡仁)
    「ぼくたちが法学部政治学科で政治学を学んだのは 人が人を支配する仕組み 権力をつかむための方法を学ぶためだったといっていいでしょう!」
     「社会の権力構造のカラクリを研究し尽くし ぼくたちが新しい王国を築くための準備を進めてきたのだとも」
    この世は荒野だ! 唯一野望を実行に移す者のみがこの荒野を制することができるのだ!

    (柿崎憲)
    いいか よく聞けっ!おれが警察庁に入ったのは日本の警察を動かす力を持つためだ! 日本は警察国家だ!警察こそは日本最大の暴力機構だ!おれはその警察を乗っ取るのだっ!!

    この世を支配するのは暴力だっ!暴力が全てだっ!日本の表世界の暴力機構が警察なら、裏世界のそれは暴力団だっ!表裏二つの暴力機構を握れば巨大な権力をつかむことが出来るっ!!

    https://matome.naver.jp/odai/2138372293634877201
    その他凄まじい表現が目白押しです。ぜひご一読を!!!

  • KJ のコメント:

    モンテクリスト伯

  • 論屋 のコメント:

    >村山さんが首相になったからじゃないですか?
    公式にはそうです。しかし本気で自衛隊解隊を唱える連中はそれ以前でも少数派でしょう。

    日本のリベラルってえと「労働者の既得権打破!」(労働しなきゃならん身分で既得権て何?)みたいなネオリベと、「9条を歌って踊れば世界は平和!」みたいなゲテリベばっかクローズアップされがちです。
    それこそ戯画的な「馬鹿(バロック)な」連中ばかり(「野望の王国」の評論で呉智英氏が使った言葉を借用)。

    こんな選択肢しかないなら選挙なんぞ行っても労力の無駄ってもんで、そのことは橘先生も以前書いておられた通りです。

  • 尖沙咀 のコメント:

    かつて、自社さ連立政権というのがあって、

    社会党というのは、実は自民党に対する

    「カウンターウェイト」、つまりバランサー
    (表面的には対立しているが、裏では通じている)

    でしかなかったことが明らかになりました。

    その後、いろいろ政界再編があり、バランサー
    としての存在価値がなくなった社会党は
    ほとんど消滅しましたね。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >モンテクリスト伯

    といえば、アレクサンドル・デュマの「巌窟王」ですが、

    アレクサンドル・デュマ自身が黒人との混血で、
    人種差別をうけたからこそ、このような作品が書けたのです。

    やっぱり、

    「目指すべきは『差別もある明るい社会』である」(C)呉智英

    ですな。

  • 匿名 のコメント:

    >>こんな選択肢しかないなら選挙なんぞ行っても労力の無駄ってもんで、そのことは橘先生も以前書いておられた通りです。

    なるほど。つまり日本にはまともなリベラルはいないということですね。
    それなら全く同感です。

  • alise のコメント:

    大学の職業訓練校化で大学が無償化されるのは賛成です。
    もっというと教育はすべて無償化されるべきでしょうね。
    でもって、学校はもっと長時間子供を拘束して教育すべきです。
    遊びやクラブ活動も含めた教育をもっと学校は担うべき。
    職業訓練的なことも倫理観も社会的価値観もその道のプロが教えるべき。
    そうなったら今の教師の一部は失業するかもしれませんが・・・。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >大学の職業訓練校化で大学が無償化されるのは賛成です。

    ただし、大学が職業訓練校になる弊害についてもっと考える
    べきでしょう。

    L型大学で学ぶべきは「マイケルポーター、戦略論」ではなく
    「簿記・会計、弥生会計ソフトの使い方」

    というのは、一見正しいように思えますが、
    社会の変化によって、

    「弥生会計ソフトの使い方」

    といった、具体的過ぎる技能は、
    パラダイムシフトによって
    まったく無価値になるリスクが高いのです。

    かつてPCといえばPC−9801でしたが、
    その頃の技能(一太郎、lotus123)
    プログラミング(MS−Cとかturbo−c)とか。

    現在、いくら一太郎やlotus123が使える
    からといって、今履歴書に書いても意味ないでしょ。

    車でも現在は内燃機関ですが、
    ガソリンエンジン自体がなくなる可能性すら
    あるのです。

    「湾岸ミッドナイト」が
    https://ja.wikipedia.org/wiki/湾岸ミッドナイト#.E5.8C.97.E8.A6.8B.E3.80.80.E6.B7.B3

    「親父たちのポエム」
    というより、

    「そんな時代があったんだよという
    大河ドラマ」

    になるかもしれないのです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。