第66回 自虐的プレミアムフライデー(橘玲の世界は損得勘定)


安倍政権と経団連の肝煎りでプレミアムフライデーが始まった。給料日後の月末の金曜日には午後3時で仕事を終え、夕方を家族や恋人、友人たちとの消費(食事や買い物)に充てるのだという。評判の悪い長時間労働を是正し「働き方改革」を推進する効果も期待されている。

ところで、日本は国際的に見て祝祭日の数が抜きん出て多い。8月11日が「山の日」になったことで年間16日になり、正月は三が日を休むのがふつうで、新天皇が即位すればまた1日祝日が増えるから、いずれ年間20日を超えるだろう。それに比べて先進国では、米英独仏などせいぜい年間10日だ。

株式や為替の取引では、海外市場が開いていても国内の金融市場が閉じていて、不便に感じる投資家は多いだろう。祝祭日が増えるのは、日本人が働きすぎで有給の取得率も低いからだという。だが、この理屈はほんとうに正しいのか。

従業員が祝祭日に加え有給まですべて消化すると、会社は労働コストの上昇を危惧するかもしれない。その対策として昇給を遅らせたり、ボーナスを減額されるなら、社員が収入を維持するには、有給を取得せずに労働時間を延ばすしかない。このようにして労働現場では、「祝祭日が増えるほど有給がとりにくくなる」という逆の現象が起きているのではないか。

プレミアムフライデーも同じで、他の日によぶんに働かないと仕事が回らなくなり、土日に家で「サービス残業」するだけ、ということにもなりかねない。日本の労働生産性は先進国でいちばん低いという現実がようやく認知されてきたが、過労死するほど働いてもぜんぜん儲からないのは、こんな非効率なことをやっているからではないのか。

よくいわれるように日本的雇用は、仕事と待遇が一致する「同一労働同一賃金」のジョブ型ではなく、従業員を「身内」とするメンバーシップ型だ。日本の会社では正社員と非正規社員は「身分」で、正規のメンバーでない従業員は待遇で差別され、身内である正社員は、終身雇用・年功序列と引き換えに滅私奉公が求められる。

これまで「日本的雇用が日本人を幸福にしている」とされてきたが、最近になって、社員の会社への忠誠心を示す「従業員エンゲイジメント」指数が日本は先進国中もっとも低く、サラリーマンの3人に1人が「会社に反感を持っている」などの調査結果が続々と出てきた。だがこれは驚くようなことではなく、中高年は事実上転職が不可能で、会社という「監獄」に閉じ込められているのだから当たり前だ。

過労自殺が注目され、日本的雇用に国際社会から疑惑の目が向けられるようになって、「お上」の指導で「働き方改革」が始まった。プレミアムフライデーはその一貫だろうが、これは日本のサラリーマンが、自分の仕事を自分で管理できないと世界に示すようなものだ。

「何時に帰るか決めてもらってるの?」とバカにされているのに、かなしいことに、この「自虐政策」に怒るひとはほとんどいない。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.66『日経ヴェリタス』2017年3月19日号掲載
禁・無断転載

カテゴリー: Column, 橘玲の世界は損得勘定 タグ: , パーマリンク

第66回 自虐的プレミアムフライデー(橘玲の世界は損得勘定) への12件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    >「何時に帰るか決めてもらってるの?」とバカにされているのに、かなしいことに、この「自虐政策」に怒るひとはほとんどいない。

    トヨタの工場のある地域では、トヨタカレンダーというものがあります。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC

    トヨタカレンダーのある地域では、日本国のカレンダーではなく、トヨタカレンダーに沿った
    営業をしないといけないわけで、そもそも自分の仕事を自分で管理できないわけです。

    トヨタカレンダーにはメリットもあって、たとえば連休の始まりを伝えるニュースなどで、
    トヨタの休日日数が報じられる場合、他社より長い休日があるように報じられることがあるが、
    それはこの祝日などの分を充当しているためである。

    トヨタの従業員やそれに関連する人たちは、いってしまえば、

    車の部品(私はヘッドレストの金具で、君はリアウインドーの霜取り熱線だな)

    そのものですが、だからこそ幸せな人もいるのです。

    自由からの逃走(エーリヒ・フロム)

    を象徴するのが、トヨタカレンダーなのです。

  • KJ のコメント:

    どでかいパワーほど自分で管理するのが難しい  コピーライターいわく

  • 窓際部長、今日も定時 のコメント:

    子供のころは動物園のライオンを見て草原を走れないライオンはかわいそうだと思った。
    時代が過ぎて今ライオンを見ると、飼育係の手をかじらなければ生活が保障されている幸せな存在と思うようになれた。
    自分はライオンかもしれない。できるだけ動かないで無駄なカロリーを消費せず、餌の時間を待てばよい。ただ展示時間が長いので長時間労働にはなるが。

    問題はその動物園も来場者が少なくなり餌も減り始めたが檻の中のライオンにはどうしようもない。今日も餌が出てほっとした。

  • エベラー のコメント:

    そうなんですよね、FXやら株やらやってるとなんで日本休み?って思う事が多々あるんですよね。祝日が多いのでは?とおもっていたらやっぱり。休んでばかり、残業もできない国が今後発展するとは到底思えないです。平均年齢が高くて、残業がなくて、休みが多い、そんな会社の株誰が買うか!ということだと思います。

  • 匿名 のコメント:

    >>祝祭日が増えるほど有給がとりにくくなる

    どうせ有給じゃ取れないから、政府が法的に決めてやるよってことでしょう?
    ちょっと前までは、有給は急用や病気のために取るもので、
    遊びや休養のために取るもんじゃないって言うオジサンが普通にいたからね。

    自分でコントロールできないんじゃなくて、コントロールさせないような同調圧力が
    昔から根強くあって、それに対する、最近流行りの、忖度ってやつの一つですね。
    そんな国民性だから今のようになった訳で。

  • KJ のコメント:

    くどくどしく説明しませんが、FXとか株で損すると それは国の金になる。国が儲かる。税金とか関係なく。

  • haru のコメント:

    ・かなり前の話になるが、銀行法の改正で営業時間が午後5時から3時になったときにもいろいろな議論がありました。どちらかというと利用者の立場よりそこで働く人から反対意見が続出したように記憶しています。現在はまた規制緩和で営業時間を延長するところがふえてきましたが。
    ・鴻海に買収されたシャープが最近はホワイト企業に様変わりだそうです。給与面の待遇がよくなり、サービス残業は禁止 上司から早く帰れと指示があるとのこと。ツイッターでシャープ従業員がつぶやいています。ヤフーニュースにもありましたがプレミアムフライデーでは社員一律 現金3000円 支給されたようです。
    ・現実は多くの企業で無償の休日出勤が当たり前、上司に命令されたわけでなく得意先や自らに対しての”責任感”であったり、”周囲に迷惑をかけたくない”という気持ちであったりとても日本的な動機が要因に感じられます。
    ・翻って一般会社員の日中の仕事をみると、会議資料の作成に何時間もかけたり(その資料が使われるのはわずか5分)古くからのお得意様だからという理由で売上の少ない顧客に過剰サービスをしたりと仕事全体を見直す文化がまったくない。
    橘さんの主張する ”日本のサラリーマンが、自分の仕事を自分で管理できない” というの意見は首を縦に振るしかありません。

  • 匿名 のコメント:

    何らかのグループに所属すれば、心地よさや安心を得ることができる。
    たぶん多くの日本人は社畜になることを自ら望んでるのさ。
    みんなと同じが好きなんだよ。なんだかんだ言ってもね。

  • KJ のコメント:

    RedditのTILを読んでいたら、1972年にJohn B. Calhounという研究者が行ったマウスを使った人口増加の実験に関する記事が掲載されていた。

    John B. Calhounの実験とは、エサ、水を十分に供給した内部を細かく仕切った1万平方フィート(約930平米)の「ヘヴン」と呼ばれるコロニーを用意し、その広大な閉鎖空間のなかに4匹のオスとメスのマウス(合計8匹)を放ち、マウスがこの広大な閉鎖空間の中でどの様に増殖をしていくのかを実験したというのである。

    実験の結果、マウスの人口は、ピーク時には2200匹にも達したが、その後は減少に転じ、最終的には死滅してしまったというのである。

    マウスは、例えエサが豊富に得られる環境に置かれたとしても人口が空間的な上限に達すると生物的な生存本能が衰え、自然に減少に転じることがこの実験を通じて判ったのである。

  • スイッチ のコメント:

    今回の主題から外れてしまい、すみませんですが。
    私はこのプレミアムフライデーに嫌悪感を抱きます。「宝くじは愚か者に課せられた税金」とにた感じを受けるからです。
    こんなものに踊らされて、無計画な支出をしていては収入がいくらあっても足りないのではないでしょうか?
    嫌悪感の源泉は政府が、企業に対してこんな陳腐なオレ頑張ってるアピールをしている点が、
    アピールを通り越して、媚をうっているように感じる点に落胆しています。

  • 正社員固定給なら のコメント:

    給料は減額されないはずなので歓迎でしょう
    もちろんその分はどこかで帳尻あわせでしょうが
    過酷なノルマが課せられてはいないはず
    残業が必要かもしれません
    ただし残業手当が出るはずなので実質昇給
    残業手当が出ず残業強制なら嬉しくない

    時間給であればむしろ迷惑かもしれません

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。