著作権者はクレーマー? 週刊プレイボーイ連載(271)


プロ野球球団を保有するインターネットの大手企業が、運用していたキュレーションサイトを一斉に閉鎖したことが大きな波紋を呼んでいます。キュレーションというのは特定のテーマの情報を記事形式にまとめることで、検索サイトで上位に表示されると多くのアクセスを集めることができます。

最初に問題になったのは医療系のキュレーションサイトで、広告収入を稼ぐために信憑性の欠ける情報が大量に掲載されているとの指摘から始まり、ユーザーの投稿とされていた記事が実はライターに謝礼を払って書かせたもので、盗用を隠すためのマニュアルまでつくっていたことがわかって大炎上を起こしたのです。

事件の経過はすでに詳細に報じられていますが、外部ライター向けの「記事作成マニュアル」には「参考サイトの文章を、事実や必要な情報を残して独自表現で書き換えるコツ」や「参考サイトに類似しない本文作成のコツ」などの項目があり、「中見出しごとに複数サイトを参考にして複数意見を寄せ集めれば”どこを参考にしたかすぐ分かる”状態ではなくなり、独自性の高い記事になります」とまで書かれているとのことですから、これでは言い逃れの余地はありません。一部上場の大手企業が組織的な記事の盗用で高収益をあげていたという、前代未聞の不祥事です。

しかし事件の経緯を見ていると、疑問もわいてきます。ふつう違法なビジネスはその行為を隠そうとするものですが、この件ではネット上で大量に集めたライターにマニュアルを配布するなど、あまりに無防備なのです。

そう考えていて、このマニュアルがなにに似ているか気がつきました。それは「クレーマー対策」です。この会社では、著作権者は面倒くさいクレーマーと同じ扱いをされているのです。だからこそライターに、「どうすればクレームを避けられるか」というマニュアルを堂々と提供したのでしょう。

こんなことがなぜ起きるかというと、「ネットの常識は書籍のようなオールドメディアとはちがう」と考えているからです。そこには「ネットに公開されたもの」と「公開されていないもの」という明快な分割線があり、「公開されていないもの」は著作権法で保護されますが、「公開されたもの」は“公共財”なので、著作権を強く主張することは「クレーム」と見なされるのです。

この価値観によれば、単純なコピペは違法ですが、文章を多少書き換えるなどの“配慮”をすればそれで十分ということになります。ネット上の“公共財”を自由に利用することはネチズン(ネット市民)の基本的な権利で、それが嫌ならコンテンツをネットに公開しなければいいのです。

大手企業まで「組織的盗用」に手を染めたということは、いまやこれがネット世界の常識であることを示しています。しかしいうまでもなく、リアルの世界では明らかな違法行為です。

今回の事件を受け、同様の手法でビジネスを行なっていた大手各社は記事に不正がないかすべてチェックすると表明していますが、そもそも取材をいっさいしていないのですから、掲載できるものはほとんどなくなってしまいます。そして、「自由」を自分の都合のいいように解釈するとどのような結末が待っているかの、よい教訓を残すことになるでしょう。

参考:BuzzFeed「DeNAの「WELQ」はどうやって問題記事を大量生産したか」

『週刊プレイボーイ』2016年12月19日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

5件のコメント

  1. だから、ネットに上げられた情報は、
    音楽や動画、小説やマンガ、プログラムや各種アプリケーションに至るまで、

    「Free=タダ」

    が常識で、
    それにかかる費用は広告ないし、

    「発信者の自己顕示欲」
    (どーだい!見てくれ。スゲエだろ!俺の作った作品だぜ。)

    に依存してきたというのが現状でしょ。

    いわゆるオープンソース思想もそれに依存してきたという面も
    あるのです。

    オープンソースに携わる人間であっても、カスミを食って生きているわけでは
    ないのだから、ある程度の対価を得てもよいのでは?と思いますが。

  2. う~~ん
    尊崇する橘先生のご意見ですが、今回ばかりは疑問です。
    本件を「著作権違反」の文脈で捉えている(あるいは喧伝している)のは権利ビジネスに近しいごく一部の層だけで、実際には「ガセネタをバラ撒くこと、検索エンジンスパム行為」の道義的責任というような、どちらかと言えば倫理の文脈で辿った顛末ではないでしょうか。

    これはDeNAが一部上場の大企業で、クライアントもマトモな客筋だったからで、例えば広告主が出会い系やらエロサイトやら、アングラ寄りで倫理や評判を重視しない客筋であれば、今でも「著作権違反には当たらない」と居直っていた可能性がかなり高い…のではないですかね。

    実際、法廷闘争となった場合、DeNAの手法で生み出された記事のうち、何割が明確に著作権違反として断罪されるか?かなり怪しいところだと思います。

    DeNAは関連事業でかなり儲けていたということですから、著作権違反で訴えて賠償請求すれば、当たればデカいと思いますよ?
    さて、ひょっとしたら「本件、違反に当たらず」のお墨付きを与えかねないこの問題、法廷に持ち込まれますかね?すごく楽しみです。

  3. そもそもDeNAはこの事業を「村田マリなるサギシ」から50億円で買ってる。
    もちろん事業撤退&失敗で大赤字なので、DeNAの株主訴訟は十分ある。
    そして、このコピペのサイトがグーグル検索の上位になる「手法」があきらかになってしまった。
    グーグルも大ハジをかいた。

  4. そもそも、パソコンの萌芽であるアップルやマイクロソフトが設立した時代から、

    コンピュータ・ビジネスって

    「詐欺師まがい」
    っていうのが普通でしたよ。

    スティーブ・ウォズニアックのつくったアップルを
    売りつけたのが、今は亡きスティーブ・ジョブズだし、

    他人が作ったBASICを日本メーカーのPCに売りつけたのが
    マイクロソフトの立ち上げの成功に貢献したのです。

    その当時のPCは、メーカーごとに互換性のないBASICを
    載せているのが普通でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。