第61回 眠れる巨体の恐ろしい正体 (橘玲の世界は損得勘定)


映画『シン・ゴジラ』が観客動員500万人を超える大ヒットを記録している。話題を集める理由はいろいろあるだろうが、いちばんの要因は、ようやくリアリティのあるゴジラ映画の条件が整ったことだろう。

ゴジラ第1作の公開は1954年で、終戦から10年も経っていなかった。東京湾にゴジラが上陸すると空襲警報が鳴り響き、ひとびとは防空頭巾をかぶって逃げ惑うが、当時、映画館に押し寄せた観客の誰もが、まさにこれと同じ体験をしていた。広島・長崎への原爆投下の傷痕も生々しく、遠洋マグロ漁船第五福竜丸がビキニ環礁の水爆実験で「死の灰」を浴び、乗組員が死亡したことは社会に大きな衝撃を与えた。放射能を撒き散らしながら東京を襲う巨大な怪獣は、ものすごいリアリティを持っていたのだ。

その後、経済成長のなかで戦争の記憶が薄れるにつれてこうした現実感もなくなり、子ども向け怪獣映画へと変わっていく。何度か「ゴジラ復活」が試みられたものの、新宿の超高層ビルを見上げるのでは、第1作の迫力には遠く及ばなかった。

だが東日本大震災と福島原発事故によって、ゴジラの「リアル」は復活する。観客は津波によって壊滅した街や、原子炉建屋の爆発で飛散する放射能、メルトダウンした原発に命懸けの放水を行なう消防隊員らの記憶と重ね合わせながら、この映画を観ているのだ。

こうしてゴジラは、「危機管理映画」として見事によみがえった。政府や官庁は平時を前提に動いているため、大地震や原発事故、ゴジラ襲来といった「有事」にうまく対応することができない。映画化にあたっては3.11当時の民主党政権幹部にも徹底した取材を行なったようだが、組織の論理にがんじがらめになりながら、最悪の事態を防ごうと苦闘する様子は真に迫っている。

(以下、ネタバレ注意)映画の最後に、ゴジラはポンプ車から血液凝固剤を注入され、体内の核反応が阻害されて活動を停止する。その場所は、爆薬を搭載した山手線、京浜東北線がゴジラに突っ込んでいく「無人在来線爆弾」からすると、新橋から有楽町あたりになるだろうか。

ところで、東京の中心で活動停止したシン・ゴジラとはなんなのか。再稼動が決まった原発の比喩だと思うひとも多そうだが、これではあまり面白くない。

倒れたゴジラの巨体は、丸の内、霞ヶ関、あるいは日本橋本石町をも覆っているかもしれない。国連(第二次大戦の「連合国」)はゴジラもろとも東京を消滅させる熱核攻撃を「一時停止」したが、ゴジラが目覚めれば「カウントダウン」も再開される。

だとすれば、こたえは明らかだろう。

2010年代に登場したゴジラとは、戦後日本がひたすら膨張させ、日銀の非伝統的な金融政策によって制御不能になりつつある1000兆円を超える巨額の借金のことなのだ。滅亡へのカウントダウンがいつ始まってもおかしくないと思えば、この映画がよりリアルになってくるにちがいない。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.62:『日経ヴェリタス』2016年10月9日号掲載
禁・無断転載

カテゴリー: Column, 橘玲の世界は損得勘定 タグ: パーマリンク

第61回 眠れる巨体の恐ろしい正体 (橘玲の世界は損得勘定) への14件のフィードバック

  1. 尖沙咀 のコメント:

    >2010年代に登場したゴジラとは、戦後日本がひたすら膨張させ、日銀の非伝統的な金融政策によって制御不能になりつつある1000兆円を超える巨額の借金のことなのだ。滅亡へのカウントダウンがいつ始まってもおかしくないと思えば、この映画がよりリアルになってくるにちがいない。

    単なる「エンターテインメント作品」に、「国債の限りない膨張による日本国の破滅」を無理に
    重ねあわせるのは、

    ちょっと、穿ち過ぎですよ。

    漫画家の桜玉吉氏が、ご両親に熱くゴジラ論を語り「そーだったの」と感心された事に気を良くし、御父上に当時の受け止め方はどうだったか尋ねたら、「要するにあれは 娯楽だ 娯楽」「となりの娘にキャーてだきつかれたり」と至極あっさりしたお返事だったというww
    https://www.amazon.co.jp/dp/B00JMAIMKO/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

  2. 尖沙咀 のコメント:

    仮に、東京湾にゴジラが出現したとして、

    一番適切な対応は、

    「戦術中性子爆弾」

    の使用でしょうね。このためには米軍の協力が必要です。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%80%A7%E5%AD%90%E7%88%86%E5%BC%BE

    通常の核爆発の効果と比較して、爆風や熱線などへのエネルギー放出割合が低く、中性子線の放射割合が高い。熱核爆発はビルが数棟破壊される程度の破壊力である一方、中性子線は透過力が強く、薄い鉛などの金属板も透過する。厚いコンクリートや水など遮蔽物に覆われた地下核シェルター等への攻撃能力は小さいものの、地下鉄程度であれば透過するため、都市圏であればほとんど助かる可能性はないと言える。よって建造物などの被害は相対的に減少させることができるが、人間を初めとする生物には放射線障害による死傷を与えることができ、爆風などの被害半径よりも中性子線による被害半径のほうが大きくなっている。

    中性子爆弾は、戦術核兵器として使用後の占領時に市街の建造物やインフラ設備を利用できるようにするために爆発力を縮小させており、主として自軍地上部隊の行動を視野に入れた運用が考えられていた。そのため、弾頭威力も核兵器としては小さく、残留放射能も少量になるように設計されている。

  3. 小太郎 のコメント:

    ゴジラを熱核爆弾で消滅させるのは合理的だけど、
    「戦術中性子爆弾」なんて
    核物質をエネルギー源にするゴジラに効くわけないでしょ。

  4. てっき のコメント:

    これはまさにゴジラ評論が自分の鏡となる事例になったなあ。また一つ増えた

  5. 尖沙咀 のコメント:

    「ゴジラ」も「生物」である以上、外から来た中性子による電離作用で
    いろいろ影響をうけるでしょ。

    中性子爆弾から出てくる中性子線はなぜ生物には有害なんですか?
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13110330323

    フグの毒であるテトロドトキシンを別のフグに注射すると死んでしまうのと同じですよ。

  6. こくぴと のコメント:

    見方としては面白いけど、コジラの体長は118.5メートルらしいので、有楽町から日銀までってのはちょっと無理があると思う。

  7. 大岩四丁目 のコメント:

    『シン・ゴジラ』の監督は、『ヱヴァンゲリヲン』の庵野秀明さんですね。
    エヴァオタの橘さんとしては、見ないわけがないと思っていましたよ。

    日本の景気が上がらないので、逃げ切り可能なゼニ持ち団塊以上世代が不安
    を感じてお金を使わなくなり、貧乏クジ引かされた若い世代はさらに大きな
    不安を感じて小銭さえ使わないという、不安スパイラルとしみったれスパイ
    ラルがさらにスパイラルになって続いている。

    日本の借金が膨大に膨れ上がるのは1990年代。バブル崩壊のあとです。今
    も構造改革(第三の矢は死語になったけど)待ったなし!と言われていますが、
    当時から言われてた。しかし、身を切るキビシサにびびって、甘いバラマキ
    をした。バラマキは、最も優しく易しい方法で、誰からも「死活問題だ」と
    文句が来ない。これを何年も続けりゃ、1000兆円を超える借金は当然です。

    実は、将来約束している年金の原資のアテもなく、国民健康保険を今の条件
    で続けるために必要な原資のアテもない。将来あるハズなのに無い不足分は
    実質的に借金しないとバランスしないので、これら隠れた借金まで入れると
    なると国の借金は2000兆円を軽く超えていくらしい。国民が1億人としても
    一人当たり2000万円超。3人世帯で6000万円超。全国民がこの借金を返し
    たところで、やっと日本は無借金となり、原則国は借金をしてはいけない事
    を守ることとなって、護憲国家となる。できるものなら、やってみろ!

    こんな事は、アホな国民でも知るようになってきた。それが四重スパイラル
    構造として行動に表れている。そのうちアルマゲドンはガチだから、少しで
    も個人でお金を貯めてささやかな抵抗をしようとしても、そこに日銀が現れ
    て、舎弟民間銀行を通して庶民の蓄えを吸い取り、生活を破壊してゆく。

    クロダサンに、血液凝固剤を処方してもらえませんか?

  8. ぞぞ のコメント:

    橘さんは著書では黒田日銀の政策にニュートラルば筆致でしたが、
    やっぱりリバタリアンとしてはダメだと思っているようですねw

  9. mikura のコメント:

    日銀保有の400兆円の国債は償還する必要が無いんですがね。
    放棄してもいいし永遠に借り換え(ロールオーバー)させてもいい。

    返す必要がない国債が借金ですか?

  10. 小太郎 のコメント:

    >「ゴジラ」も「生物」である以上、外から来た中性子による電離作用でいろいろ影響をうけるでしょ。

    阿呆らしい。そんなことを言ったら、核エネルギーで生きてる生物って前提が成り立たない。

  11. 尖沙咀 のコメント:

    >>「ゴジラ」も「生物」である以上、外から来た中性子による電離作用でいろいろ影響をうけるでしょ。

    >阿呆らしい。そんなことを言ったら、核エネルギーで生きてる生物って前提が成り立たない。

    そもそも、ゴジラやガメラといった「架空生物」について、その対処法を考える事自体がアホらしいのです。

    とはいえ、「アホらしい」ことに

    「国や自衛隊が危機管理として真摯に対応している(ように演出している)」

    からこそ、(ファンタジーとしての)映画が成立していることを忘れてはいけません。

    空想科学読本という本があります。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%83%B3%E7%A7%91%E5%AD%A6%E8%AA%AD%E6%9C%AC
    アニメや漫画、特撮で描かれるさまざまなSFヒーロー・怪獣・各種キャラクターのSF設定を「科学的」に検証したもので、マニアに限らず一般読者にも受け入れられてベストセラーとなり、シリーズ化している。しかし、文庫化をめぐっては当初の1と2の初版発行所である宝島社と決裂し、メディアファクトリーから改訂版・文庫版・新装版が発行されている。過去にはテレビ放映もされた。

    橘さんが在籍していた宝島社も、こういったキワモノから

    「オマケがメインの女性誌出版社」

    になってしまったので、キワモノ好きの私には、もう手にとる本がなくなりましたね。

  12. 名士列車万歳! のコメント:

    シン・ゴジラはまさに観客の知能レベルや思想・信条を鏡のように反映する作品ですね。
    映画そのもの以上に、鑑賞者のコメントを見るのが面白い作品はそう頻繁に出る訳ではない。
    単なるヒット映画、怪獣映画に矮小化することが許されない傑作でしょう。

     私は、戦後日本(とりわけ近年の)危機管理意識や映画のあり方へのアンチ・テーゼに感じました。

     ところで、「1000兆円の借金」とやらの債権者は?
    債務者がいるのだから債権者がいないはずはあるまい。
    私の記憶が正しければ9割は日銀を筆頭とする金融機関と日本国民のはずですが・・・。

  13. 匿名 のコメント:

    シンゴジラからの日本破綻w
    なかなか日本破綻しませんねw
    橘さんがご存命の間に破綻するといいですね。

  14. 匿名 のコメント:

    まったく逆の見解。

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50431

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


(必須)

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。