『「読まなくてもいい本」の読書案内』はじめに


近刊『「読まなくてもいい本」の読書案内』の「はじめに」を、出版社の許可を得て掲載します。

**********************************************************************

なぜこんなヘンなことを思いついたのか?

この本は、高校生や大学生、若いビジネスパーソンのための「読まなくてもいい本」の読書案内だ。

なぜこんなヘンなことを思いついたかというと、「何を読めばいいんですか?」ってしょっちゅう訊かれるからだ。でも話を聞いてみると、こういう質問をする真面目な若者はすでに「読むべき本」の膨大なリストを持っていて、そのリストにさらに追加する本を探している。その結果、「読まなくちゃいけない本がこんなにたくさんある!」→「まだぜんぜん読んでない!」→「自分はなんてダメなだ!」というネガティブ・スパイラルにはまりこんでしまう。

こんなことになるいちばんの理由は、本の数が多すぎるからだ。

ぼくが大学に入った頃(1977年)は、1年間に出版される本は2万5000点だった。それがいまでは年間8万点を超えている。

これはたんに、本屋さんに並ぶ本が3倍に増えたというだけじゃない。同じ本を読むひとの数がものすごく減った、ということでもある。

ぼくたちの大学時代は、「読むべき本」というのがだいたい決まっていた。だから初対面でも、読んだ(あるいは読んだふりをした)本をもとに議論(らしきもの)をすることができた。でもこんなこと、いまではほとんど不可能だろう。

こうした事情は、音楽業界でメガヒットが出なくなったのと同じだ。かつてはビートルズのように、好きでも嫌いでもみんなが知ってる曲があったけれど、そういうのはマイケル・ジャクソンくらいまでで、いまではワン・ダイレクションやAKB48がどんなヒット曲を出しても「聴いたことない」というひとの方が多いはずだ。

本の世界もこれと同じで、読者の興味の多様化、学問分野の細分化、新刊点数の増加によって、ハリー・ポッターや村上春樹といった例外を除けば、みんなが共通の話題にできる作品はなくなってしまった。

もの書きとしてのぼくの生活は、本を読む、原稿を書く、旅をする、ときどきサッカーを観る、というものすごく単純な要素でできているけれど、それでも新聞の書評欄に載る本はほとんど読んでいない――自慢できることじゃないけど。だから、もっと忙しいひとたちが本の話題についていけなくてもぜんぜん恥ずかしいことじゃない。

それでも不安になって、ブックガイドを手に取ったりするかもしれない。世の中には「知性を鍛えるにはこの本を読みなさい」というアドバイスが溢れているから。

でも、この方法もやっぱりうまくいかない。なぜなら、“知識人”や“読書人”が勧める本の数も多すぎるから――「古典で教養を磨こう」といわれても、マルクスの『資本論』は岩波文庫で全9冊もあるんだよ!

150歳まで寿命を延ばす医療技術を開発するシリコンバレーのベンチャー企業、ハルシオン・モレキュラー社のオフィスには、「人生がもっと長くなったら何をしますか?」というポスターが貼ってある。金属製の巨大な本棚が整然と並ぶ未来の図書館をイメージした写真に添えられたコピーには、こう書いてあるそうだ。

「現時点で、1億2986万4880冊の書物の存在が確認されています。あなたは何冊読みましたか?」

でも1億3000万冊の本をすべて読もうと思ったら、150年の寿命ではぜんぜん足りない。3日に1冊のペースでも100万年(!)かかるし、その間にも新刊書はどんどん増えていくのだ。

人類が生み出した知の圧倒的な堆積を知ると、どの本を読んだとか、何冊読んだとかの比較になんの意味もないことがわかる。15歳から85歳まで毎日1冊読んだとしても、死ぬまでに書物の総数のせいぜい0.02%(2万6000冊)にしかならない。それを0.03%に増やしたとして、いったいどれほどのちがいがあるのだろう。

そこで本書では、まったく新しい読書術を提案したい。問題は本の数が多すぎることにあるのだから、まずは選択肢をばっさり削ってしまえばいいのだ。

人生は有限なのだから、この世でもっとも貴重なのは時間だ。たとえ巨万の富を手にしたとしても、ほとんどの大富豪は仕事が忙しすぎて、それをほとんど使うことなく死んでいく。同様に、難しくて分厚い“名著”で時間を浪費していては、その分だけ他の有益な本と出合う機会を失ってしまう。

「何を読めばいいんですか?」と訊かれるたびにぼくは、「それより、読まなくてもいい本を最初に決めればいいんじゃないの」とこたえてきた。でも、どうやって?

この本で書いたのは、次のようなことだ。

20世紀半ばからの半世紀で、“知のビッグバン”と形容するほかない、とてつもない変化が起きた。これは従来の「学問」の秩序を組み替えてしまうほどの巨大な潮流で、これからすくなくとも100年以上(すなわち、ぼくたちが生きているあいだはずっと)、主に「人文科学」「社会科学」と呼ばれてきた分野に甚大な影響を及ぼすことになるだろう。これがどれほどスゴいことかというと、もしかしたら何千年も続いた学問分野(たとえば哲学)が消滅してしまうかもしれないのだ。

この“ビッグバン”の原動力になっているのが、複雑系、進化論、ゲーム理論、脳科学などの学問分野のそれこそ爆発的な進歩だ。

これさえわかれば、知の最先端に効率的に到達する戦略はかんだんだ。

書物を「ビッグバン以前」と「ビッグバン以後」に分類し、ビッグバン以前の本は読書リストから(とりあえず)除外する――これを「知のパラダイム転換」と呼ぶならば、古いパラダイムで書かれた本を頑張って読んでも費用対効果に見合わないのだ。そして最新の「知の見取図」を手に入れたら、古典も含め、自分の興味のある分野を読み進めていけばいい。

こうした考え方を邪道だと思うひともいるだろう。でも時間の有限性と書物の膨大な点数を前提とすれば、これ以外に効率的な読書術はない。

誤解のないようにあらかじめ断っておくと、ここでは「読まなくてもいい本」のリストをいちいち挙げたりはしていない。新しい“知のパラダイム”がわかれば、「読まなきゃいけないリスト」をどんどん削除してすっきりできるはずだから。

そんなにウマくいくのかって? だったら具体的に、どんな効果があるのかやってみよう。

最初に挑戦するのは、ポストモダン哲学の最高峰だ。

……ここからPART1「複雑系」のリゾーム(ドゥルーズ=ガタリ)の話につづきます。

『「読まなくてもいい本」の読書案内』(筑摩書房) 禁・無断転載

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

『「読まなくてもいい本」の読書案内』はじめに への9件のフィードバック

  1. 尖沙咀 のコメント:

    >それでも不安になって、ブックガイドを手に取ったりするかもしれない。世の中には「知性を鍛えるにはこの本を読みなさい」というアドバイスが溢れているから。

    >でも、この方法もやっぱりうまくいかない。なぜなら、“知識人”や“読書人”が勧める本の数も多すぎるから――「古典で教養を磨こう」といわれても、マルクスの『資本論』は岩波文庫で全9冊もあるんだよ!

    いわゆる、古典的名著と呼ばれる作品でも、現在はその効力を失ってしまって読む価値のなく
    なってしまったものはたくさんあります。マルクスの資本論なんかはその代表でしょうが、
    古典とよばれる作品は、いろいろな風雪に耐えてきたから現在も生き残っているわけで、
    むしろ古典的名著の中にこそ読むべきものがあったりします。

    こういった古典的名著は後世の人が、そのエッセンスを抜き出して消化しやすくしたものが
    出ている場合が多いので、アンチョコ風にダイジェストしたものを読んでおくという
    手があります。

    それこそドゥルーズ=ガタリであれば、浅田彰がチャート式風にまとめてくれた「逃走論」が
    あるので、それを読んでおけば良いという話ですよ。

    編集者であった橘さんとしては、アンチョコ本のガイドブックをこそ企画するべきでは?

  2. wkyng のコメント:

    買いました!東京の丸善本店、一階レジ近くに平積みされていました。読むのが楽しみです。

    (上の「はじめに」の部分だけでも、もう書籍代の元は取れたと感じています)

  3. かんちゃん のコメント:

    ギリシャ語の勉強はやめておいたほうがいい、という話は聞いたことがあります。

    実用性がないのに、取得がめちゃくちゃに大変。一生費やしても身につくかどうか
    わからない。

  4. kamo のコメント:

     そもそも自分の読みたい本を誰かに聞くという時点で既に変だ。その出発点が間違えているから、こんなへんてこりんな本が売れる。どう考えてもおかしい。
     読まなければならない本に振り回されて、苦役としての読書なんて、未熟な人間のすることだ。
     読みたい本にあふれている。つまらない本を見極めることも、本読みの極みだ。
    誰かに読まなければならない本を決めて貰うなど、愚の骨頂だ。大人じゃないのか。
     と言うより、そもそも読むという習慣が育っていないからこんな事になる。
     俺の読みたい本は俺が決める。他人の世話になどならない。俺の生き方は俺が決める。

  5. 尖沙咀 のコメント:

    >俺の読みたい本は俺が決める。他人の世話になどならない。俺の生き方は俺が決める。

    そういうあなたも、実は社会の網の目の結節点に過ぎず、「自分の意志」というものが
    実は社会的に方向づけられているというのが、「構造主義」のいうところでしたね。

    ドゥルーズ=ガタリのいうところの「ノマド」がそういう網の目からの逸脱を提示したもの
    でしたが、はたしてそれを実践できる人っているのでしょうか?

  6. uni のコメント:

    >これさえわかれば、知の最先端に効率的に到達する戦略はかんだんだ。
    かんだんだ。 → 簡単だ。で合ってますよね?!

  7. まっきい のコメント:

     自分の専門分野で調べ物をするとき、図書館の「文献検索」にキーワードを入れて、出てきた一覧をパラパラっと見て、「これかな?」と思う新しめの論文をいくつかコピーしていったん帰りますが、それらの論文の末尾にある「参考文献」で、自分が「さらに読みたいなー。」と思うのは、せいぜい1つか2つの総説です。(要するに「孫引き」ですけど)
     それでその分野の知識は充分です。
     そんな感覚と同じ感じがしました。

     でも、今ではこんな調べ方をしますが、それも、若いころに「重要そう」な論文を端から端まで探し出して、全部、時間とお金をかけてコピーして、1日の仕事で疲れた脳みそで読んでみるけどほんの数ページで眠気が襲い……という経験をたくさんしたからこその、現在のやり方なのであって、若い人が「何から読んだらいいのかわからない」のと同じ感じなのかもしれません。

     素晴らしい良作だと思います。
     ワタシ的には、橘さんの「概略」を読むだけで、充分わかった気になりました。

  8. 尖沙咀 のコメント:

    > 素晴らしい良作だと思います。
    > ワタシ的には、橘さんの「概略」を読むだけで、充分わかった気になりました。

    とはいうものの、橘さんもドゥルーズ=ガタリの挑発文に対して、こう感想を述べています。

    『「リゾームになり根をはるな。(中略)猫と狒々のごとくであるように。」
    ここは今読み返しても、やっぱりカッコいいなあ。』
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

    つまり、ポストモダンはファッションだったわけで、ドゥルーズ=ガタリ(DーG)は、
    実はドルチェ&ガッバーナ(D&G)と同じというのが結論です。
    橘さんも若かったころの知というファッションへの憧れは捨てきれないのです。

  9. 尖沙咀 のコメント:

    ちょっと読んだだけですけど、疑問点が沢山あります。

    P061
    「日本にはそれほどでもないけれど、アメリカには高い教育を受けながらも進化論を拒絶するひとがものすごくたくさんいる。(中略)
    1.進化の長いタイムスケールを理解できない。
    2.個体のタイムスケールの違いを錯覚している。
    3.ヒトを進化の頂点だと考える。」

    これは要するに「聖書原理主義・キリスト教根本主義の否定」ですよね。
           ^^^^^^^^^^^^^^^^^^       
    ならなぜそう書かないのですか?
    キリスト教信者への配慮ですか?

    それなら、自分でこう書いたこととの整合性はどうなのですか?

    『「ひとが嫌がることをする表現の自由はない」なら、映画を観ることすらできない』
    http://www.tachibana-akira.com/2015/04/6815

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


(必須)

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。