中国の”デタラメ”にも理由がある 週刊プレイボーイ連載(219)


日本が提案した国連での「核全廃をめざす被爆地訪問決議」は156カ国の圧倒的多数で採択されましたが、核保有国である米英仏は棄権、中国、ロシア、北朝鮮が反対しました。なかでも中国は突出していて、傅聡軍縮大使は日本がヒロシマ・ナガサキの悲劇を「歴史をゆがめる道具」として利用し、「日本の侵略で中国だけで3500万人が犠牲になった。その大半は日本軍の国際法に反する化学・生物兵器の大規模使用の犠牲者だ」と批判しました。中国はほかでも同様の主張を行なっていますから、「南京大虐殺」の犠牲者30万人説に加え、これが今後、中国共産党の「正史」になっていくことは間違いないでしょう。

日本陸軍が「731部隊」のような研究機関を使って細菌兵器を開発したり、中国戦線でその効果を検証していたことは戦史に記載がありますが、(幸いなことに)試験段階で敗戦を迎えたため、日本国内ではリベラルな歴史家ですら化学・生物兵器の大量使用を否定しています。日本の侵略と国共内戦、軍閥の抗争によって中国で多くの死者が出たのは事実ですが、その多くは餓死・病死で、「数千万人が日本軍の化学兵器で殺された」というのは荒唐無稽というほかありません。「南京大虐殺」の世界記憶遺産への登録もそうですが、国連の場で他国を声高に批判する以上、中国は歴史家の検証に耐える証拠を提出すべきです。

しかしここではすこし頭を冷やして、中国がなぜこのような“デタラメ”を言い立てるのか、その理由を考えてみましょう。

第二次世界大戦の人類史的悲劇として誰もが思い浮かべるのは、アウシュヴィッツとヒロシマです。アウシュヴィッツはホロコーストというナチスの「加害」の歴史遺産ですが、ヒロシマは核兵器による一般市民の無差別殺戮という「被害」の記録で、これによって戦後日本人は、心理的に、自らの「加害」と「被害」を相殺しました。これがドイツのリベラルな知識人が日本の歴史認識に批判的な理由で、戦後処理で近代ドイツ発祥の地である旧プロイセン領を失い、1000万人を超えるドイツ人が追放されたにもかかわらず、自分たちは「加害」の悪役を永遠に担わされ、同じ敗戦国の日本がいつのまにか「被害」の側に回っていることが許しがたいのでしょう。

これは中国も同じで、大陸への侵略という「加害」と、太平洋戦争の敗北という「被害」を、日本人の都合で勝手に相殺することが認められるはずはありません。ここまでは納得できる主張ですが、問題はその手段として共産党に都合のいい歴史を捏造し、ナショナリズムを刺激していたずらに対立を煽ることでしょう。ただしそのことで、日本軍の「加害」の歴史的事実が免責されるわけではないのもたしかです。

今年は戦後70年で、安倍談話をめぐる騒ぎもあって多くのメディアが戦争特集を組みましたが、そのほとんどは「(日本人)被害者」を登場させて、「あの悲劇を繰り返すな」と訴えるものでした。

戦争のほんとうの恐ろしさは、「無辜の民」が犠牲になること以上に、ごくふつうの市民が平然と“隣人”を殺すようになることです。このグロテスクな「加害」のリアリズムから目をそらせ、「被害」の側からのみ歴史を語るなら、どの国であれ、悲劇をふたたび招きよせることになるでしょう。

『週刊プレイボーイ』2015年11月16日発売号
禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: , パーマリンク

中国の”デタラメ”にも理由がある 週刊プレイボーイ連載(219) への13件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    >しかしここではすこし頭を冷やして、中国がなぜこのような“デタラメ”を言い立てるのか、その理由を考えてみましょう。

    中国共産党がデタラメを声高に言い始めたのは、天安門事件とソ連崩壊後だったような気がします。
    天安門事件以降に教育を受けた若い世代は、南京大虐殺は日本軍によるホロコーストと教えられて
    いるはずで、従軍慰安婦問題も含め、日本軍はナチスドイツを超えた極悪非道集団と
    刷り込まれているはずです。

     そもそも、「歴史」というものが「正しく過去を記述している」わけではないというのが
    本当のところで、橘さんの著書にも「邪馬台国は実は存在しなかった」という話がありましたよね。

    橘さんには、むしろそういった固定観念を打ち崩すような孤高の学者の論文などを紹介して
    いただきたいのですが???

  • 尖沙咀 のコメント:

    件の橘さんの著書は、
    「ゴミ投資家のための金融シティ香港入門」
    http://www.alt-invest.com/book/history/09hongkong-pdf.html
    でしたね。実際の口座開設より、途中のコラムのほうがずっと面白かったですよ。

    目次
    (一部抜粋)
    金融シティ香港Note③「中国人」とはいったい誰か?………222
    ■『不夜城』の世界
    ■邪馬台国の秘密
    ・漢民族は絶滅した
    ■中国人は漢文を読めない
    ■道教と秘密結社
    ■中華文明はネットワークである
    ■客家とフリーメーソン
    ・ネットワーク社会で生きるのも楽じゃない
    金融シティ香港Note④香港経済と株式市場………2ァ3
    ■“アジアの製造拠点”となった香港
    ■“香港のスーパーマン”李嘉誠
    ■香港証券取引所の取引
    ■H株とレッドチップス
    ・ハンセン指数とトラッカー・ファンド
    ■GEM、NASDAQ、B株
    ■情報収集をするには
    金融シティ香港Note⑤「異文化」から「コピー文化」ヘー日本人の香港体験………326
    1妓生ツアーとヒッピー旅行
    ・「自分さがし」とアジア再発見の旅
    ■日本文化の膨大なコピー
    ❼おたくカルチャーとアジア
    ■「異文化」を求めて日本文化のコピーに出会う

  • kamo のコメント:

     戦争には加害責任と、被害責任がある。そのことを先ず正しく認め、加害責任を引き受けることこそが正しい歴史認識と言えるでしょう。
     都合の悪いことは否定し、加害責任を薄めようとする態度は、被害を誇張することと全く同じ間違いを犯します。
     南京事件はあったし、慰安婦はいた。それを先ず認めることだ、戦争責任を引き受ける正しい態度です。
     その上で、白髪3千丈を嗤いますまい。それが正しい態度です。
     デタラメと誹謗する限り、何も生まれないのです。
     731部隊はあったし、丸太はいたのです。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >戦争には加害責任と、被害責任がある。そのことを先ず正しく認め、加害責任を引き受けることこそが正しい歴史認識と言えるでしょう。

    「歴史認識」と「国際政治プロパガンダ」は区別して考える必要があるのです。
    南京事件にせよ、従軍慰安婦問題にせよ、騒がれだしたのは、ここ近年になってからです。

    中国共産党であれば、南京大虐殺?より桁が2つ多い数千万人の餓死者を出した大躍進政策や
    数百万人から一千万人の犠牲者を出した文化大革命に触れもせずに
    声高に「南京大虐殺=ホロコースト」を叫ぶのは、中国共産党の悪行の歴史から目をそむけさせる
    ための「国際政治的プロパガンダ」にほかなりません。

    日本が朝鮮半島や満洲を占領したことは間違いない歴史的事実ですが、
    アヘン戦争で香港を奪いとったイギリスには文句を言わないのは
    おかしな話ですよ。

  • kamo のコメント:

     加害責任を引き受けるとは、良心を行うことです。子供の喧嘩じゃないんだから、イギリスだって同じことやったなんて女々しい故事付けは、お止めになるがよろしい。
     宣伝だのプロパガンダだのと言ったところで、白髪3千丈の国です。
     よろしいかな3千丈とは、およそ、54000メートルです。幾ら白髪が長いからと言ってそれはない、せいぜい頑張って1.8メートルとしても、3万倍の話だ。
     つまり中国では、一人死ねば、3万人死んだことになる。10人で30万、1000人で3000万だ。判りやすいではないですか。
     つまりそう言う外交をすればいい。
     つまり日本が、正当な加害責任を引き受ける限り、恥でも、卑劣でも卑怯なことでなく、戦時の当然の事象として、日本の主張は、世界中に認められるべきものだ。
     そうやって世界を味方に付ければ、世界は当然にして誰でも中国のやり口は承知している。
     世界が日本の味方になる。何を恐れるのです。何故、南京事件や、慰安婦問題を否定しようとするのですか。慰安婦問題など世界の軍隊の共通の問題だ。何処の軍隊だって、同じ問題を抱えているし、現に、今の米軍だって頭の痛い問題だ。それを慰安婦はいなかっただの、軍は関与しなかっただの、悪いことは無いなどと言い逃れるから、恥をさらす。最悪の愚行を日本の政治家がしている。愚かなことだ。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >加害責任を引き受けるとは、良心を行うことです。子供の喧嘩じゃないんだから、
    >イギリスだって同じことやったなんて女々しい故事付けは、お止めになるがよろしい。

    私のHNの尖沙咀は、もちろん香港が由来ですが、果たして香港人はイギリスの植民地で
    あったことを不満に思っているのでしょうか?
    むしろ、イギリスの植民地であったこそ発展したのであって、本土に飲み込まれることを
    今でも抵抗しています。

    従軍慰安婦の問題は、海外で「SEX SLAVE:性的奴隷」とされ、日本に対する悪印象を
    高めることにかなり成功しています。とくにアメリカのキリスト教右派には効果的だった
    ようです。
    国際関係も権謀術数の世界なのであって、使える手はなんでも使ってくるのです。
    これらはすべて、「国際政治プロパガンダ」なのであって、そういった「宣伝活動」の
    効果をあまり見くびらないほうが良いですよ。

  • 774 のコメント:

    —quote—
    戦争のほんとうの恐ろしさは、「無辜の民」が犠牲になること以上に、ごくふつうの市民が平然と“隣人”を殺すようになることです。
    —unquote—-
    ここ、本当にそう思う。
    自分が他人から人間として扱われない、自分が他人を人間として扱わない、そんな状態が起きてしまうのって…。

  • 永遠の旅行者master のコメント:

    私がいつも感じるのは、
    韓国の従軍慰安婦の問題や、中国の南京大虐殺の問題で、
    もし被害を誇張して国際社会へ情報発信したとするなら、
    その水増しに国際社会が気付いた時、韓国人、中国人の国際的な評価って、
    地に堕ちるのではないかという懸念です。

    ジューイッシュもクリスチャンもムスリムも、
    嘘は嫌いなはずですよ。

    嘘はリスキーですよ。

  • 大岩四丁目 のコメント:

    何か国際的なコトがおこった場合、皆様も日本には外交力が不足もしくは無い
    に等しい、と感じていませんか? 私見では霞が関で最も役立たずなヤクショ
    が外務省です(もちろん、アホ自慢の私よりはチョー優秀でしょう)。

    ナンキンやイアンフにしろ、そら、真実は知れ渡っているでしょう。別に日本
    人だけがやった特殊な事ではなく、人類の歴史では世界中でありふれているよ
    うな事です。だからこそ、数字を異常にカサ上げデッチ上げするか、性奴隷と
    いうようなオドロオドロしい思わせぶりな言葉でも作り上げなければ、人々の
    関心をかわないのです。

    ソイツらを相手に、口八丁手八丁でガンガン論破してゆくなんてタフな仕事を
    一介のヤクニンに出来ますぅ?全く期待できません。政治家?ダメです、彼等
    は葬式やら結婚式やらクチ効きやら、私達(票やゼニ)の為に日夜駆け回っている
    のですから。

    それを知っているので彼の国等は、今日も悠々と世界中を泳いで、焚き付けて
    いるのです。自分の非をまず認めて・・なんて交渉の仕方は、かなり上級者で
    ないとドツボにはまります。それを知っている事だけは、外務省も優秀ですね。

  • 匿名 のコメント:

    さぁ…中国に関しては爆買いがそんな歴史問題に対する緊張感を軽減させるし、韓国に至っては日本人観光客が減少したわで、意外と外交政策に疑問符だらけなのが現状ではないですか?

    通常犯罪を通常法律で裁く際、加害者は敗者であり被害者へ謝罪ありきなんでしょう。では戦争はというと…中韓の我等は被害者、故に加害者日本は謝罪しろ…って滑稽ではないですか?

    そう、戦争には勝者か敗者しかいないはずでそもそも加害者や被害者と書けばややこしいだけなのだ。今停戦中の北と韓国でも勝者か敗者しか残らないのだから。現にアメリカは日本に謝罪しないしましてや謝罪しろなどとは言わない(沖縄が変わりに犠牲?)。
    なのに抗日勝利国と唄う中国だけは謝罪しろというわけ、それ以前に今や中国だけが世界からみれば実に曖昧な立場かつ怖い存在なのである。

    あの南沙諸島での勝手な振る舞いは、領土を求めて勃発した先の大戦への先祖帰り行為かなとも思う。隣人を襲うという恐怖は、あいつ何を考えているか分からない人物だと連想させるように、今の中国が何を考えているか分からない国と連想させてしまうところを日本はビシバシ追及していくべきではないかと思う。何なら中韓への皮肉の意味込めてアメリカに謝罪でもしてもみますか?兵隊殺してごっめ~ん、ソ~リ~アメリカンってな感じで。

  • 北 健作 のコメント:

     橘氏小説「マネーロンダリング」を、本日2回、舐めるように読んだ。11月29日(日)  ①秋央が、香港で麗子に偽造パスポートを渡すシーンで、階下のチャンと黒田の撃ち合いが、 広い空間で見せ場なのに、曖昧な描写になってしまっていること。②日本で、秋央に、マコトが麗子の殺害を告白する場面で、なぜかマコトの人物像だけがここだけチャチで、生きていないので、麗子の死の衝撃が伝わらないこと。(失礼)
     以上の2点を改善されることあれば、さらに最高に面白い傑作小説です。メイが愛しい・・。
    「橘玲」氏の著作をグーグルで調べて、びっくり。大量の著作。さらに、中国に対しての理路整然とした言葉に感激した。さっそくプレイボーイ誌を、買って来ました。 
     南京大虐殺30万人にしても、デタラメ。これは、新歴史教科書運動をしておられる西尾氏等でも明らかです。中国や韓国の身勝手な活動は、かっての欧米帝国主義国家でさえ、とらなかった一方的で偽善的なものです。それに対して日本国は一般論を、少し言うだけ。
     何故、日本国の大臣は、原爆や埋め立て・尖閣・油田開発、さらには、独島占領という事実に「大人の対応」と格好をつけて、理論的な批判の言葉を、投げかけられないのでしょうか?
     批判の5倍ぐらいの言葉を尽くして、ようやく日本は1倍ぐらいの批判になると思います。  

  • をぐら のコメント:

    相手の嘘に対して、沈黙したり「一部は事実です」と認めていたら、それこそ相手の思うがままになりませんか?
    事実がどうであったかなど、国際社会ではどうでもいい
    要は、「いかに自分達の主張を認めさせるか」が重要なのではないでしょうか

    広島・長崎・東京大空襲で、大勢の市民が地獄の苦しみを味わって死んだ
    誰も責任を取らず、非難されない
    アメリカの「戦争を早期終結させるために必要だった」という主張を覆すことができないからです

  • かめ のコメント:

    戦争でも隣人は殺さないでしょう。
    殺すのは敵です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。