第34回 世界の税制は権謀術数(橘玲の世界は損得勘定)


 

2012年10月、コーヒーチェーン大手のスターバックスの英国法人が、過去3年間に4億ポンド(約600億円)の売上げがありながら法人税をほとんど納めていなかったと報じられ、消費者団体などから不買運動を起こされた。これをきっかけに税の公平性に世界の注目が集まり、アメリカでもアップルやグーグルといったグローバル企業が批判にさらされた。

最近の税をめぐる議論の特徴は、お定まりのタックスヘイヴンへのバッシングではすまなくなっていることだ。

アップル、グーグル、スターバックスなどの租税回避に登場するアイルランドやオランダは、ヤシの木と海しかない南の島ではなくEUの主要国だ。そして両国とも、国際社会の批判にもかかわらず“タックスヘイヴン政策”を見直す気はさらさらないようだ。

その一方で、スターバックス問題で“被害者”となったイギリスは、チャンネル諸島、マン島、ジブラルタルなどの自治領がタックスヘイヴンで、それ以外にもカリブ海や南太平洋、アジア(香港、シンガポール)、ヨーロッパ(マルタ、キプロス)など世界各地の旧植民地が、英系金融機関と密接な関係のある租税回避地として知られている。ロンドンの金融街シティがウォール街に対抗する最大の武器が、世界じゅうに張りめぐらされたオフショア金融ネットワークであることは周知の事実だ。

G20などの国際会議でタックスヘイヴン規制が議論されているが、こうした場で規制強化に強硬に反対するのはきまってイギリス代表だという(志賀櫻『タックスヘイヴン』〈岩波新書〉)。そのイギリス政府がグローバル企業の租税回避を批判するところに、この問題の複雑さが象徴されている。

それ以外でも、同様の混乱は至るところで見られる。

フランスではオランド政権の富裕層課税に反発して、高級ブランドを展開するモエヘネシー・ルイヴィトンの最高経営責任者(CEO)などが続々と国外に脱出したが、彼らが向かった先はタックスヘイヴン国ではなく隣国のベルギーだった。ベルギー南部はフランス語圏で、なおかつ所得税がフランスより低い。億万長者の移住によって、国境に近い街は“特需”に沸いているという。

ヨーロッパでは国境の壁が低く、富裕層はいとも簡単に国籍を変えてしまう。そのため“重税国家”として知られるスウェーデンは、2007年に相続税や贈与税を廃止してしまった。税を課して出て行かれるより、無税でも国内に留まってもらうほうが有利だと割り切ったのだ。

参院選が終わって、これから日本でも本格的に税制問題が議論されることになる。だが「法人税減税はけしからん」とか「相続税を引き上げろ」というこの国の政治家やメディアの論調を聞いていると、いま世界で起きていることを理解しているのか不安になる。

国際的な税制は国益の最大化をめぐる権謀術数の場で、道徳と説教で決まっているわるけではないのだ。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.34:『日経ヴェリタス』2013年8月11日号掲載
禁・無断転載 

カテゴリー: Column, 橘玲の世界は損得勘定 タグ: , , パーマリンク

第34回 世界の税制は権謀術数(橘玲の世界は損得勘定) への14件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    年金運用に、株式、社債を買ってるのに、法人税上げるとか、
    何を考えてるのかね?
    法人税は、労働者からの搾取なんだし。

  2. とんとん のコメント:

    >法人税は、労働者からの搾取なんだし
    え、そうなんですか?。法人税は「税引き前利益」にかかるもので、従業員に対して賃金などを支払った後の利益にかかるものですよね?。ですから直接的には、従業員ではなく投資家の取り分から取ることになりますよね?。(ただ、税引き後利益をあげないと経営者のクビが危ないから、というならその通りかも)

    >国の政治家やメディアの論調を聞いていると、いま世界で起きていることを理解しているのか
    もしかしたら、よく理解しているので、国民に「全く役に立たない英語教育」を施しているのかも。日本国外で生きていく能力を奪う、という方法で。

  3. とんとん のコメント:

    補足:もしかして、匿名さんのおっしゃるのは「厚生年金の運用を株式などでやっている」=「原資は労働者の拠出金(年金保険料)」=「配当は労働者のもの」=「法人税がかかると配当が減って、結局労働者が損するやないか!」という理屈なのでしょうか。すいません、理解するのに時間がかかりました。ちょっと廻りすぎな気もしますが・・。

  4. ぺーいち のコメント:

    「日本の常識は世界の非常識」とか「世界ではこうなっている」とか、
    確かに日本の制度・文化・意識などは世界の潮流から離れた部分にあることも。
    特に政治家さんや評論家は都合のいいところだけ、つまみ食いしているようですが
    じゃあその日本自体、海外に比べて全てにおいて劣っているのかというととてもそうは思えない。
    世界の常識・潮流全てが正しいものではないのでは、と思います。

  5. jujuju のコメント:

    ぺーいちさんに同意です。

  6. 大岩四丁目 のコメント:

    昔の、元気な頃の日本は良かった。「貧乏人は、麦を喰え」なんて言っていられた。

    今や日本では、貧乏人が偉くなり「貧乏人にあらずば、人にあらず」に成り上がった。
    お金持ちや大企業は、悪い事をして大儲けをしたに違いないので、それを貧乏人に
    返して(?)当然だ、と多くの貧乏人が思っている。

    そんな引きずり降ろし症候群の貧乏人は、いつかはビッグに症候群の貧乏人よりはるか
    に多いので、票狙いのギインさんが、相続税や法人税を上げるぞと声を荒げるのも合理
    的です。ソウシャリストのレフトのセンセイ方には、もうこれしか無いといった状況で
    しょう。超法規的措置でほとんどの原発止めて貿易赤字垂れ流し続けて、多くの貧乏人
    から電気代としてお金を搾り取ろうとしてるのだから。

    いっそ、橘さんの提案の人頭税を、1年間限定でも導入したらどうかと・・・各納税者
    すべて同じ金額を納めるので、これ以上ない位フェアです。たしか200万/頭・年で、他
    の税金はすべて不要となるとの事でした。4人家族で800万/年。どや?払えない国民は
    ぶら下がりの2級国民、納税できた国民は1級国民として、役所の順番待ちなどに限り
    優先権が与えられ、役人は起立して深々と「ご苦労様で御座います」と礼をする。

    億を超える納税をしても、たまたま節税を税務署にイチャモンつけられて犯罪者にされ
    てしまうお金持ちを見ると、億超えのお金をお国に貢いでいるのに、もっと払えただろ
    うゴラッ!と前科をつけられるなんて、酷税とは本当ですね。

    やっぱり、ビッグになったら外国へ高飛びして、PTになりますか。私は今のところ2級
    国民ですけどね。

  7. かんちゃん のコメント:

    日本の税制にはいろんな控除があって、国際的な比較が難しいようです。

    税率だけでは比較は無理だというページがありました。今すぐでてこない
    ですが・・・。

    個人の税金を考えても、所得税、住民税、贈与税、相続税、固定資産税・・・と
    いろいろあります。所得税率だけで比較できないのはおわかりでしょう。

  8. k.o.m のコメント:

    このコラムにコメントを寄せている人の中で昨日のNスペを見た人はどのくらいいるのかな?

  9. ホムーラン のコメント:

    法人税や所得税や消費税や付加価値税は国ごとに違ってもいいように思うんだけど。
    相続税はなあ…。
    世代ごとに「よーいドン」で走りだすのが一番いいと思うのだけれど。
    クラスが固定化されると、それぞれの階層ごとの文化は育まれていくのかもしれないとも思いつつ、それで生まれた過去の文化には敬意を表しつつ、未来はそういうものであってほしくない。
    「道徳と説教で決まっているわけではないのだ」っていうのはその通りです。
    子どもに資産を残すより、やりがいのある社会を残してやりたいと、そう思う人も多いと思うんですけどねえ。

  10. はる のコメント:

    Nスペは再放送があるから観てみよう。エイベックスの松浦さんが意見言ってましたね。真の富裕層は毎分毎秒の収入・支出がいくらでかつ現在どれだけ通帳に残高があるかなんて把握してません、膨大過ぎて。だから海外に行きたい願望・提言の連中は大成金なだけで真の富裕層とは呼べない。ではあくまで天然資源すらない島国日本は富裕層引き止め(引き入れ)にどうすればよいのか…?
    日本は同類の島国(例えば台湾、シンガポール、バーレーン、上記にある自冶領の島々)と、言語や宗教といった文化の隔たりはあれど中東の産油国と、EUのような大型連携を組んではどうだろうか?究極はEUのような貨幣統一であり、イスラム教に無宗教の日本人が入宗と引き換えに、膨大なオイルマネー受け入れや日本の工業技術・知的財産受け渡し等を条件に日本の借金をチャラにしてしまえば日本に現存する税制はほぼ消滅するだろう。更に国旗・国歌も連合内で統一し国として「リスタート」すれば、中韓メインの反日すら消える・・・はずwまぁ一億の現金すら見た事ないであろう一般庶民に、富裕層の税制のあり方を問われても・・・基本ナンセンスですね。要は国のあり方・経済成長の方法がまず大事かと、国が嫌なら何も提言せずに出て行けばいい。ちなみにイギリスは、ロイヤルファミリー系の隠し財産がタックスヘイブン国と絡んでるんで必死なんでしょ。

  11. 匿名 のコメント:

    (大)成金と「真」の富裕層の違いがどんなものかはわからないけど、稼ぎの半分以上を税金で持っていかれれば海外移住やPTを一度は考えると思うけどね。
     庶民の私でも給料の4分の1は税金と社会保険料で持っていかれてるしなあ。
     
     日常会話に不自由しないだけの英語力があればシンガポールに移住してみようと考える若者はもっと増えると思うな。

  12. はる のコメント:

    銀座でビルを建てまくった方に教えてもらった(大)成金になる秘訣は、(金を)稼ぐ・貯める・借りられる・貸せる(投資する)・寄付出来るの行動を、稼ぐを基本値に他を全て同じかそれ以上に目標とする事。月収30万なら、30万は貯金があり、30万は借りられる・・・という具合。最初は月収値から、最終は高い年収値で達成させる事。ただし月収値は一つ、年収値は二つだけ諦めても構わない。月収値でつまずく方はまず少ない・・・と思いたい。
    本当はばらししてはいけないんだけど、真意は失敗しない(大)成金になる為の「哲学」や「品格」を養うのが本位で、数字達成に縛られる過ぎると返ってお金で人生失敗するという裏教訓もある。真の富裕人になる方法も聞きましたが自分で考えて下さい。Nスペ観たけど、あんなの富裕層じゃなく単なる大成金ですよ、移住してビジネスしてるようではw庶民だけだ、定義が正しいのは。他にこの番組観た方いないのかな!?
    私は1500万で秘訣の方はコンプリート達成したし1億あるけど小成金無勢だし、知人のように銀行の利子で15年間ずっと世界一周旅行してる年上の富裕層夫婦には敵いません。自分のレベルの低いコメントではまだ違いが掴めないかもしれないけど、とりあえずシンガポール行けるように頑張ってみては!?

  13. 匿名 のコメント:

    びっくりするほど分かり難い文章だな。
    一文二義を心がけると、伝わりやすくなるよ。

    で、「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」byホリエモン

  14. k.o.m のコメント:

    富裕層と成金の違いを熱っぽく語る人って某有名シェフが「当店ではお冷も有料(事前に告知しなかったのは落ち度であることは間違いないとしても)」と言ったことよりも「年収400万円以下の人間は俺の店に来るな」って言ったことの方を取り上げて「けしからん」って言っている人と同じに見えるんだよね。

    じゃあ、マックで(モスじゃないよ)お冷を(コーラじゃないよ)出してもらおうと思ったらいくらお支払いすればいいんだろう?スマイルと同様0円で出してくれるかな?

    富裕層であろうと成金であろうと自分の稼ぎや財産の半分以上を税金としてピンハネされれば無関心でいられないと思うけどね。
    経済の世界では税金もコストの一つであり、コストをカット又はその最小化を図るのはごく自然な思考だろうに。

    もちろん、カネ勘定など一切考えなくていい人を「真の富裕層」と定義するのなら、彼らは成金とは違って「好きなだけ税金で持っていけ」って言うのかもな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


(必須)

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。