第33回 うっとうしいネット広告 対処法(橘玲の世界は損得勘定)


 

インターネット広告が、たんなるテキストから大画面に“進化”している。それにともなって、薄毛や精力回復の広告がいやでも目につくようになった。

なんとかならないものかと調べてみると、広告会社は私(正確には私のパソコンのブラウザ)がどんなサイトや記事を閲覧したのかのデータを収集し、その属性に合った広告を表示しているらしい。私の場合、「中高年」「男性」というカテゴリーに入っているから、「60歳になっても妻を驚かすことができるなんて」という広告を毎日のように見る羽目になるのだ。

ネット業界では、ダイエットや薄毛など外見に関する広告を“コンプレックス系”と呼び、もっとも利益率が高いとされている。コンプレックスから逃れるためにはひとはいくらでもお金を払う、ということなのだろうが、どこかもの悲しくもある。それ以前に、中高年男性の全員が強壮剤の広告を必要としているわけではないだろう。

ビッグデータの活用が注目を集めている。ネットユーザーの閲覧履歴はビッグデータの代表で、広告会社がそれを使って“効果的”な広告を表示させることに異存があるわけではない。ここで述べているのは、それとは逆に、データの活用が不十分だという不満だ。

ネット書店は、過去の購入履歴などを元に読むべき本を教えてくれる。これはなかなか役に立つサービスで、書店からのお勧めがなければ気づかなかった面白い本とこれまで何冊も出会うことができた。それと同様の精度で、「こんな商品やサービスがあったのか」と驚くような広告が表示されるのなら、私としては大歓迎だ(異論があるひともいるだろうが)。

ところで、いつも出てくるうっとうしい広告をどうにかする方法はないのだろうか?

正攻法は、広告会社がブラウザから情報を読み取らないようにすることのようだ。顧客の属性がわからなくなれば、年齢や性別に関係なくさまざまな広告がランダムに表示される。

しかし私の場合、まったく別の方法でこの問題は解決してしまった。

あるとき、ネットでアルバイトの時給を調べたことがある。ファストフードや居酒屋などの労働条件が知りたかったからだが、その後、ブラウザにアルバイト情報やゲーム・アニメ、携帯など電子機器の広告が表示されるようになった。どうやら、最新の閲覧履歴を読み込んで私の属性が変わったらしい。現在の広告にはなんの不満もないので、そのままにしている。

ちなみに検索広告最大手のグーグルでは、不愉快な広告を個別にブロックできるようにしている。ただしこの方法では、また似たような広告が出てくるだけだ。

世の中には同じ不満を持つひとも多いらしく、ネット上には広告そのものを表示させなくするソフトも流通している。たしかに便利だが、これが広く使われるようなると広告会社は収益源を失い、「ネットの情報はタダ」という常識が覆されることになるかもしれない。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.33:『日経ヴェリタス』2013年7月14日号掲載
禁・無断転載

カテゴリー: Column, 橘玲の世界は損得勘定 タグ: , パーマリンク

第33回 うっとうしいネット広告 対処法(橘玲の世界は損得勘定) への5件のフィードバック

  1. これは のコメント:

    突っ込みどころがないか 残念

  2. 尖沙咀 のコメント:

    人間の感覚ってのは、うまい具合にフィルターってのがあって、「自分の関心の埒外」にあるものは、
    実は見えてないし聞こえてないっていうことでしょ。

    目からうろこが・・・とはいいますが、目のうろこは外部からの不要な刺激を保護してくれる役割があるのです。
    私たちは「偏見」とか「先入観」の役割をもっと評価するべきです。

  3. 大岩四丁目 のコメント:

    私も悩んでいます。この前、オンナモノのパンツが大量表示されたりして。

    キッカケは夏なので、ビキニ姿の金髪オネーサンの姿を広告サイトでサーフィンしたところ、
    「水着・下着」の有望顧客として認知されてしまったことのよう。商売はスピードだ!と
    ばかりに、アッという間に、SMまがいの「この穴、どうやって使うの?」的な商品の表示
    にまで埋め尽くされてしまいました。

    私のモニターを覗くと、第三者どころか第二者が見ても「コイツはやっぱり、そんな奴だっ
    たのか」と思うだろう状態。で、私もあわてて橘さんのしたごとく別ジャンルの商品を検索
    し続けて、ネット広告の品位を上げました。

    面白半分にエロサイトにアクセスして変なプログラムを埋め込まれて、デスクトップ画面で
    アラレもない姿の女優さんに「7万円振り込んで会員になってくれたら、この表示を消して
    あげる」と言われた時以上に苦痛でした w。エロサイトは利用しないし、プログラムを削除
    してしまえば良いのですが、ネット広告は思いもかけない商品が見つかったりして、受ける
    側にもメリットがあり、削除するには惜しい面もあるからです。

    ネット広告にも、受け手の選択を聞き入れて表示されるようにして欲しいところですが、
    購買者の潜在意識に働きかける商法であるだけに、商魂逞しい業界ではムリな話とお察し
    します。潜在意識商法ならば顕在意識を強く持って、私は絶対にオンナモノのパンツなど
    を買わないし物色もしない、とするしかありませんね。

  4. Roland のコメント:

    各人の情報の非対称性が人と人のコミュニケーションを形成して来た。双方向性と言う言葉で喧伝されたインターネットも当初はその情報の共有を助ける道具だった。しかし最近は端末の前に座る各人の嗜好や関心を分析し情報を選別して提供するようになった。インターネットの人格化だ。消費動向を把握して応答するだけならむしろ人々の選択の幅を広げるという意味で有益だ。怖いのは消費嗜好だけでなく人々の社会的関心の動向も当然把握されていることだ。巨大なる政治的情報権力資源として使われないことを祈る。

  5. yas のコメント:

    ブラウザに AdBlock プラグイン入れれば広告は一切でなくなるから吉だと思うのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


(必須)

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。