自己啓発の歴史(3) 「自己実現」という魔法の言葉


アメリカの心理学者アブラハム・マズローは良識ある理想主義者でヒューマニストだ。ひとことでいうと、とてもいいひとだった。

あちこち回り道をして28歳で心理学の博士号を取得したとき、マズローは学問の現状にものすごく不満だった。

当時の心理学は、精神分析と行動主義が対立していた。

フロイトが始めた精神分析では、ひとは無意識のなかに性的欲望を抑圧していて、それが神経症のようなこころの病の原因になる。有名なエディプスコンプレックス説では、男性は誰でも幼児期に母親との性的関係を欲望し、それが父親に禁止されることで去勢の恐怖に怯え、自我の葛藤が生じるとされた。しかしマズローは良識ある大人なので、「ひとのこころは性の欲望に支配されている」というフロイト理論を額面どおり受け入れることはできなかった。

20世紀初頭にワトソンやスキナーなどアメリカの心理学者によって提唱された行動主義は、心理学を「科学」にすることを目指した。彼らは、こころや意識といったブラックボックスはとりあえず脇に置き、刺激と反応のような客観的に観察可能な行動だけに焦点を当てたが、いかんせん当時の貧弱な研究環境では、イヌにヨダレを垂らさせたり(パブロフのイヌ)、ハトやネズミにボタンを押させる(スキナー箱)くらいのことしかできなかった。ヒューマニストのマズローは、当然のことながら、人間を刺激と反応に分解する行動主義にはぜんぜん満足できなかった。

そこでマズローは、精神分析と行動主義に代わる第三の心理学として、「人間性心理学」を提唱した。心理学はなによりも、愛情、創造性、価値、美、想像、倫理、喜びなどの「精神的本性」を解明するためのものでなくてはならず、過去をあら探しして抑圧された性の欲望をえぐり出したり、ハトやネズミに芸を教え込んだところで、こころの謎を解くことなどできなるはずはないのだ。

マズローは、1962年に刊行され大きな反響を呼んだ主著『完全なる人間―魂のめざすもの』で次のように宣言する。

  1.   ひとは誰しも、生物学に基づいた精神的本性を持っている。
  2.  その精神的本性は、人種や性別を問わず、人類に普遍的なものである。
  3.  精神的本性は、科学的に調べ、どのようなものか発見することができる。

これは現在の行動遺伝学や進化心理学にも通じる大胆で開明的な主張だ。しかし残念なことに、60年代には分子生物学も動物行動学も社会生物学もその萌芽だけで、広く知られてはいなかった。そこで良識ある理想主義者でヒューマニストのマズローは、自分の信念にぴったりの仮説を提案することにした。それは簡単にいうと、次のようなものだ。

ひとの精神的本性は「善」であり(すくなくとも必然的に「悪」ではなく)、生存のための基本的欲求が満たされれば、ひとはごく自然に善なる本性に向けて成長していく。

マズローは、人格形成の目標をきわめて簡明な言葉で表現した。その後半世紀にわたって私たちを呪縛しつづけ、これからも当分のあいだひとびとをとらえて放さないだろうその魔法の言葉が、“自己実現(self-actualization)”だ。

カテゴリー: Column, 自己啓発の歴史 タグ: , パーマリンク

自己啓発の歴史(3) 「自己実現」という魔法の言葉 への16件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    「人の本性は善である」
    2400年前に、仏陀も言ってたようですね。

  2. ぶうすか1960 のコメント:

    人は神の魂を分けられて創られたので、そのとうりなのです。

  3. で? のコメント:

    大学のパンキョーで習ったよ

  4. 山田一雄 のコメント:

    BLOGOSとブロガー達へ

    あなた達のくだらないブログや助言の押し売りは必要ない!あなた達が私を苦しめ続ける手イル張本人だ!本当に社会の害虫と言う感じ 誰が支持するというのか?人の迷惑を無視したビジネスは止めろ!

  5. g のコメント:

    なんだこのコメント欄

  6. ライダー のコメント:

    チンパンジーと共通の祖先をもつホモ・サピエンスの精神的本性が善であるわけないだろ。

  7. gtk のコメント:

    欲求階層説で有名な「自己実現」ですが

    現代ではその後逆三角形的に「妥協」や「惰性」、「あきらめ」、「自己責任による行動」など
    ことさら日本人向けに理論が展開できそうですね。

     あとは、自己実現できていると思う(宗教的な意味含む)というのが真意では。

  8. 渡辺博文 のコメント:

    これからはマズローの時代だと痛切に感じ、
    「マズロー研究会のブログ」を運営しています。

    ただし、二年近く前からブログを書いているのですが、
    必ずしもマズローに関心がもたれているようではないようです。
    まだ、機が熟していないのでしょうか?

  9. 渡辺博文 のコメント:

    ちなみに、「マズロー研究会のブログ」のURLは
     http://ameblo.jp/sagelink/
    となります。ご関心のある方はどうぞ!

  10. gtk のコメント:

     マズローの自己実現をしたつもりの自分
    その上には。「妥協」「あきらめ」「惰性」「子供のため」「経済的理由」などさまざま。
    宗教的価値観とは違う新しい階層説を望みます。よろしくおねがいします。
     欲を言えば既婚・妻帯者および子育て奮闘中の方々のために。

  11. 中将 のコメント:

    マズローの5段階欲求説は大学のパンキョーで習いました。
    ですが自己実現の欲求まで辿り着ける自身はありません。。。

  12. もの のコメント:

    悪意のある書き方だな。
    マズローはうまいこと使えばきちんとしたモチベーションになるよ。

  13. 匿名 のコメント:

    信じたい人が信じ易い時に信じ易い場所で信じたいことを信じていく。

  14. ... のコメント:

    って、言われると、
    疑いたい人が疑い易い時に疑い易い場所で疑いたいことを疑っていく、
    と言いたくなってしまいます。

  15. kamo のコメント:

    自己実現。山田無文師が言ってましたね。

  16. tamiko のコメント:

    なつかしいです。実はマスローを卒論にしました。ですから、行動主義とか精神分析とかいう用語も一通り目を通したのですが、もう?十年前のことなので、すっかり忘却の彼方に飛んでおりました。でも、マスローの暖かな人柄と魅力が鮮やかによみがえってきました。今思うに、大学時代にマスローに出会ったことが、その後の人生にやはり、影響を与えていたと感じます。卒論の時は力足らず、翻訳で読んだマスローの作品(Toward a psychology of human being)を、改めて英語で読もうかという気になりました。(もう、定年して時間もあることだし。あー 年がばれる。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


(必須)

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。