最終回 沖縄をタックスヘイヴンに〈日経ヴェリタスVersion〉


これまで日本の金融機関に対していろいろぶしつけなことを書いてきたけれど(関係者にみなさま、すみません)、文句のネタも尽きたので、今回が最終回になる。

それを記念して、というわけでもないのだけれど、最後に日本を変える国家プロジェクトを考えてみたい。

沖縄県知事選が終わっても、普天間基地の移設問題は解決の糸口さえ見出せない。いったいどうすればいいのだろう。

そこで、提案。

  1. 米軍基地を受け入れるかわりに、沖縄は内政上の自治権を獲得する(外交と安全保障は日本国に属する)。
  2. 日本国の自治領として、タックスヘイヴン化を実現する。

チャネル諸島などイギリス周辺の島々は、実質的にはイギリス領だが、タックスヘイヴン化によって金融ビジネスの一大拠点になっている。これらの島の金融制度に準じれば、沖縄タックスヘイヴンは、具体的には次のような税制になるだろう。

  • 金融商品から得る利子・配当所得と譲渡所得は非課税。
  • 相続税・贈与税は廃止。
  • (沖縄の)域外で得た所得には課税しない。
  • 日本居住者は域内の金融機関を利用できない。

沖縄がタックスヘイヴンになれば、中国や台湾、韓国などから莫大な資金が流入するだろう。中国の富裕層にとっては、中国政府の管轄下にある香港よりも、日本とアメリカの安全保障下にある沖縄の方が資産の預け先としてはるかに魅力的にちがいない(厄介者だった米軍基地の存在が、ここではタックスヘイヴンとしての沖縄の魅力を増すことになる)。

沖縄が東アジア最大のオフショア金融センターに成長するとわかれば、世界じゅうから金融機関が進出してくる。銀行、証券、生保、ファンド会社のほか、周辺業務も含めれば大規模な雇用が発生するだろう。

それに加えて、アジアの富裕層が(相続税・贈与税のない)沖縄に移住してくるから、地価は高騰するにちがいない。不動産業や建設業はもちろん、富裕層を対象とする観光業や飲食業などのサービス産業も活況を呈するだろう。

一人当たりGDPで見て世界でもっとも豊かな国は、ルクセンブルクやモナコなどヨーロッパのタックスヘイヴンだ。こうした国々と比べても、東アジアの交通の要衝に位置し、美しい海に囲まれ、温暖な気候と魅力的な文化を持つ沖縄にははるかに大きな可能性がある。

沖縄は第二次世界大戦で焦土と化し、戦後はずっと差別と貧困に苦しんできた。だが自治権を獲得し、タックスヘイヴン化を実現すれば、10年も経たないうちに世界でもっとも豊かな島に生まれ変わるにちがいない。

閉塞する日本社会に必要なのは、みんながわくわくするようなイベントだ。東アジア最大のタックスヘイヴンつくるのは、沖縄の基地問題も、金融の国際化も、日本の不況もまとめて解決できる妙案だと思うのだけれど、どうですか、菅総理。

橘玲の「不思議の国」探検 Vol.20:『日経ヴェリタス』2010年12月12日号掲載

*                   *                   *                   *                   *                   *                   *                   *

本年の更新はこれが最後となります。

8月20日から見よう見まねでブログを書きはじめてみましたが、思ってもみないほどたくさんの方に訪れていただいて、正直、びっくりしています(たくさんのコメントもありがとうございます)。

『日経ヴェリタス』の連載の最終回は、エントリーのなかで大きな反響のあった「沖縄をタックスヘイヴンに」にすることにしました。こうしたアイデアが生まれたのも、みなさまのおかげです。

『残酷な世界~』の「あとがき」にも書きましたが、著述家の仕事というのは、自分と似たひとを探す旅なのではないかと思っています。

それでは、よいお年をお迎えください。

2010年12月27日 エジプト・カイロにて

カテゴリー: Column, 橘玲の「不思議の国」探検 タグ: , , , パーマリンク

最終回 沖縄をタックスヘイヴンに〈日経ヴェリタスVersion〉 への15件のフィードバック

  • やぴばら のコメント:

     こんにちは、橘さん。
     私は貴方の文章を心から愛するものです。

     一番心好きなのは「永遠の旅行者」です。
     「いったいどうやって、この世界で生きていくことができるのだろう。」
     この場面が一番好きです。 涙が、溢れてきます。

     最新の本も素晴しかったです。私は開発者ではなくdebian系ユーザでもありませんが、おっしゃることが非常に良く理解できます。(私は、あまり若くはありませんが・・)
     一方、他の方からも「小説作品も心待ちにしている・・」という書き込みがありました。私もその一人です。
     橘さんのペースで、執筆できましたら、また私達に読ませてください。

     ご多忙とは思いますが、来年もお体に気をつけて素敵な文章を読ませて下さい。

     それでは。 
     

  • ドクター荒井 のコメント:

    すばらしい提案だと思います。

    でも、政治家がアレじゃあ、実現性は皆無でしょうね。

  • あずさ のコメント:

    いつも面白い話の提供をありがとうございます。

    とても為になります。

    よいお年をお過ごしください。

    また来年楽しみにしています。

  • ヨーコ のコメント:

    亜玖夢博士の経済入門を「ジャケ買い」してから、すっかり橘さんの世界観に虜になってしまいました。

    橘さんはエジプトで、年明けを迎えるのですか?
    素敵です。

    難しい経済の話も、金融の話も、とても刺激になりますが
    永遠の旅行者などの中で、ガイドブックとは違う
    橘さんの豊富な知識と、するどい切り口で書かれた現地の解説がすごく好きです。

    もし気が向かれたら、異国の探訪録もUPしてください!

    良いお年を!

  • シェンアール のコメント:

    いつも胸が躍る文章をありがとうございます。
    橘さんの著作はほぼ全て購入しており、色々と刺激を受け勉強させてもらっています。

    「沖縄をタックスヘイブンに!」

    政治家にはあまり期待できないのは承知の上でも、
    みんながわくわくできるイベントだと思います。

    まずは検討の前段階にでもあがって欲しいもんです。

    それと色々な方が書き込みされていますが、私も新しい小説を心待ちにしています。

    『マネーロンダリング』『永遠の旅行者』とも何度も読み返し楽しんでいますが、
    新しい文章でワクワクできる日がそのうちくるのが楽しみでなりません。

    橘さんの書きたいものと読者のニーズが一致するのは難しいかもしれませんが・・・

    では良いお年をお迎え下さい。
    来年のご活躍を楽しみにしています。

  • お父ちゃん のコメント:

     はじめて投稿させていただきます。沖縄在住のお父ちゃんと申します。

     いつも興味深くブログを拝見しておりますが、今回の提言は大変ためになりました。タックスヘイヴンが実現すれば、混沌たる沖縄にも光明が差す気がします。わが県の知事にぜひ見てもらいたいですね。
     ご迷惑かもしれませんが、私のブログで記事を紹介させていただきました。作って間もないブログですので至らぬ点が多いと思いますが、ご容赦ください。

    KY家族
    http://kykazoku.blog22.fc2.com/blog-entry-16.html

     それでは、良いお年を。また来年も楽しみにしております。

  • でで のコメント:

    今年一年間お疲れさまでした。

    橘先生がブログを始められて以来、ほぼ毎日の日課のようにわくわくしながらチェックしてました。

    先生の本を初めて読んだのは2003年頃だったと思います(最初は「得する生活」だったと記憶しております)が、それ以来のファンで、今は仕事の都合上、日本から遠く離れた土地で生活しており、なかなか先生の最新刊に追いつけていないのですが、こうやって先生の考えにリアルタイムで触れられることを大変幸せに感じてます。

    来年も益々ご活躍されることを願っております。

  • nabe のコメント:

    いつも拝見しており、著作も読ませていただいています
    沖縄の提案についてですが、私は反対します
    基地問題を含め国全体としてはいい案だと思いますが
    沖縄の自然、歴史、そこに住む人々にとって
    産業が栄え、地価が上がり、雇用が増えることが沖縄を幸せにするとは限りません
    失うもののほうが大きい気がします

  • kamo のコメント:

    反対します。
    確かに、仰るとおり、いい面だけを見れば結構なことでしょうが、実は大きな落とし穴があります。
     一つは、自治権が拡大すればそれに伴って責任が増大します。それだけの自治力、統治能力があるか。その負担に耐えられるか。
     二つ目は、外国から企業進出して確かに賑わいは生まれるでしょうが、その賑わいは沖縄の人々にとって良いことなのかどうか全くわかりません。単に、経済の進駐軍が来るだけかもしれません。
     三つ目に、アジアから進出してくる富裕層は、善良で友好的な安心できる人々だけでしょうか。
     雑多な外国人を受け容れれば、犯罪者も又多く入り込んできます。或いは、外国人は、単に経済だけでなく、自治や行政にも口出しをしてくるでしょう。
     モナコやルクセンブルクで成功しているからといって、沖縄で成功するという保証は全くありません。
     危険すぎます。
     私も、米軍基地を県外に出すことは出来ないだろうと考えています。其れは、内地が反対するからではなく、地政学上の問題と、基地機能の問題として無理だと考えます。
     現実的解決法は、決して札束で解決することではない現実的解決法として、国民が等しく経済的負担を共有することです。
     具体的には、国民一人あたり、毎年、5000円とか1万円くらいの資金カンパをしましょう。つまり、どう使おうが全く自由に使える資金を提供すべきです。つまり、毎年、五〇〇〇億とか、1兆円くらいの資金を提供したらどうでしょうか。其れをどう使うかは沖縄の皆さんにお任せしましょう。山分けしても良いし、税金を無税にしても良いし、産業振興に使っても良い。使い道はお任せします。期限は設けず、基地がある限り続けましょう。どうですか。足りませんか。
     或いは、非常識で、非礼な提案かもしれません。でも、此の国には、困難に対面している人に対して、カンパしたり見舞金を送ったり、感謝の気持ちを表す、謝礼を現金で贈る習慣があります。
     金で買うとか、金で解決するとかの卑屈な応接では無しに、沖縄の皆さんの困難を少しでも癒す方便として、そんな方法はありませんか。

  • すなまち のコメント:

    「ゴミ投資家」の頃から橘さんの発言には敬服しております。
    しかしながら、沖縄(あるいは日本政府)にタックスヘイブンを提案したところで受け入れられる可能性は
    低いでしょう。理想的ではありますが。守屋元防衛事務次官の「普天間交渉秘録」(新潮社)を読めば分かりますが、「基地」の存在は負担というより多分に利権となっており、地元マスコミ、自治体、ゼネコンの三者が本土からの莫大な援助を引き出す”装置”になっているのが実態です。改めていえば地元マスコミが反基地の世論を張り、自治体がそれを議決して中央にプレッシャーをかけ、分捕った予算をゼネコンに落とす→雇用という構図です。タックスヘイブンとして生きるよりそっちのほうが楽なのです。

  • すなまち のコメント:

    橘さま
    「ゴミ投資家」の頃から読んでおります。
    沖縄をタックスヘイブンにというご提案面白く読みました。
    しかしながら、この提案は政府が沖縄に持ちかけても、あるいは沖縄の誰かが考えたとしても実現は無理でしょう。
    守屋元防衛庁次官の「普天間交渉秘録」を読めば分かりますが、沖縄の基地はやっかいな存在でありながら、すでに利権でもあるからです。改めていうなら地元マスコミが「反基地」のキャンペーンを張り続け、
    その応援を受けた自治体が基地を人質?に中央から莫大な補助金(もの凄い金額ですよ)を分捕り、
    それを受けた地元ゼネコンが雇用という形で再分配するシステムが出来上がっている。沖縄の中心を握る3者が利権を構成しているのですからタックスヘイブンなんて制度を選択しなくても、現状のままのほうが楽なのです。
    それより心配なのは、上の書き込みにもいましたが安全保障などなくても大丈夫と考えている人がいる
    ことです。先日も市議が強行上陸しましたが、尖閣を抱える八重山の危機感を沖縄の人は理解しているのでしょうか。本島の考えが沖縄全体の考えなのでしょうか。

  • 尖沙咀 のコメント:

    「沖縄をタックスヘイブンにする」ということは、要するに「沖縄香港化」ということでしょう。
    沖縄も香港もかつては米英の植民地だったわけで、それをうまく活用できたのが香港で、
    そうでなかったのが沖縄というわけですよね。

    香港に良くとわかるのですが、イギリスの植民地であったことのメリット、「英語が通じる、経済の拠点、高度な自治」を十分に活用できているため、あのように発展しているわけです。
    沖縄も日本に返還される前に、アメリカの植民地であるメリットを活用できるようにすればよかったわけです。
    香港では、公然と中国共産党への批判を目にすることがあり、これを見た外国人からすれば、中国に返還されたあとの香港でも高度な自治が保たれていることから、投資先として安心できるというわけです。逆に中国共産党からすれば、香港は欧米社会への橋頭堡としての役割を果たしているといえます。

  • jm7rti のコメント:

    謹賀新年。
    記事は参考になりました。自分も最近、BLOGOSに関心を持ちまして記事を知りました。

    タックスヘイブンなのですがカリブ海でハバマという島国がありましてその辺で国家がなりたっているようです。アメリカからの観光地でもあるようですが。

    http://www.jm7rti.biz/archives/1889325.html

    プエルトリコも似たような感じかもしれません。

  • しにすぎ のコメント:

    タックスヘイブンとしてならやっぱり沖縄があらゆる面で優れてますね
    最後の問題は住民が納得するかどうか

    でも僕は別の経済特区が欲しいんですよ
    大阪府あたりでリバタリアン的政策の大規模な社会実験ってできないんですかね
    教育バウチャーとか最低賃金廃止とか、確認したいことがいろいろあるのにな…
    大阪人は頭悪いから、この政策なら東京に勝てるよ!関西復権だ!とか煽てたらやると思う

  • ピンバック: MSCIインデックス構成国とGDP | lifelife

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。