第19回 年金オプションは取引所を救う


東京穀物取引所(東穀取)が、東京工業品取引所(東工取)に市場を移管するという記事が出ていた。東穀取は農水省の、東工取は経産省の管轄で、ずっと縄張り争いを続けてきたのだけれど、取引の減少で赤字に陥り、単独では存続できなくなったのだという。

日本には取引所が多すぎるから、統合は必要だ。でも縮小や整理ばかりでは未来に展望は開けない。いったいどこで間違ったのだろう。

もともと商品市場は、生産者や需要家がヘッジのために利用するものだ。ところが東穀取は、国内にほとんど生産者のいないコーヒーなんかを上場している。大豆もトウモロコシも外国産で、上場商品のなかで国産品は小豆だけだ。これでは、市場参加者が減ってジリ貧になるのも無理はない。

どうすればよかったのだろうか。

その答は簡単だ。日本でいちばん生産量の多い農産物は米なのだから、米の先物を真っ先に上場すべきだ。食糧制度の改革で価格の自由化が進めば、生産者や大口需要家が大挙して商品市場を利用するにちがいない。

子どもでもわかる理屈だけれど、それができないのは、僕の知らない大人の事情があるのだろう。

取引の低迷に悩んでいるのは、東穀取だけではない。東工取も最終赤字に転落したし、東証は売買代金で上海証券取引所に抜かれてしまった。新規上場会社は減り続け、鳴り物入りで上場した海外ETFも売買はほとんど伸びない。問題は、日本の金融市場にイノベーションがどこにもないことだ。

日本人がいまほんとうに必要としている金融商品はなんだろう。僕には、大ヒット間違いなしのアイデアがある。それは、年金先物・オプションだ。

高齢者を中心に、日本人の多くが年金制度の破綻に怯えている。でもこれはリスク管理の問題だから、適切な金融商品を提供することで解決できる。

年金先物は、平均的な年金受給額を原資産とするデリバティブだ。将来、年金が減額されると思えば、受給年齢まで先物を売りつないでいけばいい。

でももっと簡単なのは、超長期の年金オプションを上場することだろう。たとえばいま55歳で、年金が受け取れるかどうか心配な人は、10年もののプットオプションを買えばいい。万が一年金制度が破綻しても、オプションの利益で損失を埋め合わせられるから安心だ(プットオプションは「年金破綻保険」だと思えばいい)。

ところで、このオプション(保険)の売り手はいったいどこにいるのだろうか――そう思った人もいるだろうけど、これはぜんぜん心配ない。「100年安心」を約束した政治家や官僚たちが十分に賢ければ、この投資機会を見逃すはずがないからだ(彼らの約束どおり年金が破綻しなければ、オプションを売ってぼろ儲けできる)。

日本を救い、取引所に莫大な利益をもたらすことは間違いないと思うんだけど、誰か実現してくれないかなあ。

橘玲の「不思議の国」探検 Vol.19:『日経ヴェリタス』2010年11月21日号掲載
禁・無断転載

カテゴリー: Column, 橘玲の「不思議の国」探検 タグ: , パーマリンク

第19回 年金オプションは取引所を救う への4件のフィードバック

  • tonowoshite10 のコメント:

    年金を皆保険としているのが無理がある。税収のある頃は物価スライド制をとって、税収が減ると60歳で年金受給を約束を一方的に不履行にして65歳に延長。おいおい国は法律をその時
    税収にあわせてころころ変える。これはれっきとした国のオレオレ詐欺です。国を詐欺と訴訟しても勝てる訳もなくやりたい放題。これでは、国民は年金に対して不信感を持って当然。それよりも、自分で年金を運用できるようにすれば投資市場を活性化できるのでは。国をあてにせず、自分の老後は自分で守るというのもありでしょう。国民年金の赤字を厚生年金や共済年金から埋め合わせるのは最悪です。国民年金は収支が合わなくても政府発表の年金受給額が保障され、国民年金の不足分を税金をジャブジャブ投入するのはいかがなものかと。

  • 吉村 のコメント:

    江戸時代の大阪の米先物取引が世界で初めての先物だった、
    とかいうNHKの番組を見たことがある。
    いつの間にか日本の金融市場は退化して江戸時代以下になってますね。

  • HZ のコメント:

    すばらしい「リスクヘッジ」だと思います。
    いいですね、こういう自由な発想は。

  • ks のコメント:

    >ところで、このオプション(保険)の売り手はいったいどこにいるのだろうか――そう思った人もいるだろうけ>ど、これはぜんぜん心配ない。「100年安心」を約束した政治家や官僚たちが十分に賢ければ、この投資機会を見逃すはずがないからだ(彼らの約束どおり年金が破綻しなければ、オプションを売ってぼろ儲けできる)。日本を救い、取引所に莫大な利益をもたらすことは間違いないと思うんだけど、誰か実現してくれないかなあ。
    ・・・これは、100年安心を約束した人がプットオプションを売らないということを見越した、痛烈な皮肉を含んだユーモアですね、さすがは橘さん、切れ味が凄いです

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。