第17回 ネットの銀証一体、きっと快適


これまで日本の金融機関や金融行政がガラパゴス化しているという話を書いてきたけれど、そろそろ文句のネタも尽きてきたので、これから何回か、「こんなふうに変わったら素晴らしい」という前向きな提案をしてみたい。とはいえ僕は金融関係者ではないので、市井の一利用者の願望だと思ってほしい。

日本では(というか世界のほとんどの国では)銀行業と証券業は法によって厳しく隔てられている。証券会社は登録制なのに、銀行業には免許が必要なのは、一般のひとから預金を集め、それを融資して利ざやを稼ぐ危ういビジネスをしているからだ。こんなことが自由にできれば、高金利をうたって預金を集め、情実融資で自分たちが儲けるネズミ講みたいな金融機関が続出するのは目に見えている(免許制でも同じようなことをやっていた銀行があった)。

ところが情報技術(IT)の急速な進歩で、インターネット銀行のように、融資を行なわず決済だけに特化した金融機関が登場した。こうした銀行は「貸金業」を営まないのだから、免許制でがんじがらめにする必要はない。

銀行業と証券業が一体化すれば、預金で株式や債券が買えたり、株を売却した資金をクレジットカードの買い物に使えたり、ものすごく便利だ。いまでも銀行窓口で現金を下ろし、証券会社に持ち込むひとがたくさんいることを思えば、預金口座と投資口座の合体は証券市場の活性化にもつながるだろう。

これは、夢物語なのだろうか。

そんなことはない。こうした金融機関は、ずっと昔から存在する。それが、プライベートバンクだ。

スイスのプライベートバンクに口座を開いていちばんびっくりするのは、一人の担当者がなんでもやってくれることだ。定期預金を解約して株式を購入したり、債券を売却した資金をドルに交換して海外に送金したり、どんな取引も電話一本ですむ(そのかわりプライベートバンクは、保有する金融資産を担保にした融資しかしない)。

日本の銀行も富裕層向けに「プライベートバンク・サービス」と称するものをやっているけれど、こんな芸当は絶対にできない。「プライベートバンク」の顧客が株式を買いたいというと、担当者は系列の証券会社の人間を連れてくる。彼らはみんなサラリーマンで、転勤でどんどん交代してしまうから、そのうちに誰が誰だかわからなくなってしまう。

でも僕は、「日本でもスイスみたいなプライベートバンクを始めろ」と言いたいわけではない(べつにあってもいいけど)。ITの進歩によって、いまではネット銀行やネット証券で必要なことはすべてできるようになった。だったら、このふたつを合体させるだけで、誰もがプライベートバンクと同等のサービスを受けられるようになるだろう。

僕たちはみんな、不便なことを当たり前と感じて、あきらめてしまってはいないだろうか。発想を少し変えるだけで、違う世界が開けてくるはずだ。

橘玲の「不思議の国」探検 Vol.17:『日経ヴェリタス』2010年10月17日号掲載
禁・無断転載

カテゴリー: Column, 橘玲の「不思議の国」探検 タグ: パーマリンク

第17回 ネットの銀証一体、きっと快適 への8件のフィードバック

  1. 独逸銀行屋 のコメント:

    >日本では(というか世界のほとんどの国では)銀行業と証券業は法によって厳しく隔てられている。

    「銀行業」と「証券業」は「世界のほとんどの国では厳しく隔てられて」いないですよ~

    ドイツ、スイスなど欧州大陸の金融機関は、そもそも銀行と証券の区別すらないです。プライベートバンクの一人の担当者が「なんでもやってくれる」のは、銀行と証券の区別がないからです。

    世の中アングロサクソンの金融システムがすべてだと思ったら大間違い。

  2. kk のコメント:

    ↑独逸銀行屋さん・・・
    だからPB(ドイツやスイスなど欧州大陸の金融機関)は銀行と証券の区別すらない、と書いてあるじゃん?
    全部ちゃんと読んでから投稿した方がよろしい。
    国語力が・・・

  3. 独逸銀行屋 のコメント:

    ↑kkさん、

    書いてない。記事では「PBが銀行と証券の区別がない」とは書いてあるけど、一般の独逸の銀行がそうだとは書いてない。
    ドイチェバンクもコメルツバンクも支店で株も預金もできるんよ。PBだけが特別じゃない。
    入社してびっくりしたね、オレは。ゲルマンの銀行は何なんだ!って思ったよ。
    今、世界はユニバーサルバンクの方向に向かっているが、日本やアングロサクソンのそれはひとつの傘の下に別の法人(証券子会社と銀行子会社)がぶら下がり、ひとつの支店に同居する形でワンストップのサービスを提供する形だが、ゲルマンのユニバーサルバンクは全然違うんだよ。
    それからバイサイドとセルサイドの区別もなかった。スイスの銀行でも働いたが、そこではもっとすごかった。あえてここでは書かないが。
    いやーそれにしても、フランクフルトは寒かったね。

  4. Yoshi のコメント:

    SBIと住信SBI銀行は建前上わかれているようですが、リンクされていてほとんど同じように使えます。
    とても便利です。
    すでにネット証券と銀行が一体化していると思っていいのではないでしょうか。

  5. sakuma のコメント:

    ↑独逸銀行屋さん

    ここを荒らさないで下さい。大好きなブログなので・・・

  6. 優介 のコメント:

    プライベートバンクとまでいかなくても、香港のHSBCなんかは、
    昔からそういうことができます。(パワーバンテージやプレミア口座)
    つまりインターネットバンキングから預金で株式や債券が買えたり、
    株を売却した資金をクレジットカードの買い物に使えたり…です。
    中国の銀行でもインターネットバンキングで証券会社の口座と連動させて、債券や株が買えます。それも何年前から…。

  7. KOM のコメント:

    これ、橘さんじゃなくてstaffがアップしてますよね。左上に「作成者staff」とありますから。
    銀証分離(正確には「商業銀行業務」と「証券業務」の分離)とはアメリカのグラス・スティーガル法に基づくもので日本はそれをアメリカに倣って取り入れたのであって、銀証分離は世界的なスタンダードではありませんよ。ヨーロッパではユニバーサル・バンキングが主流です。

    橘さん、ほぼ一日おきのアップは大変だと思いますがstaffが橘さんのスタイルでこのような勉強不足の文章をアップするくらいならアップの間隔が開いても橘さん自身の文章を読ませていただきたいですね。

  8. くさかべ のコメント:

    日経ヴェリタスに掲載した橘さんの原稿を、Staffがこちらのご本人のブログへ再掲載しているんでしょ?そのくらい見ればわかりそうなのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


(必須)

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。