第16回 住宅ローンは本能の産物


債券を買うと、半年に1回、利子が支払われる。アパートを誰かに貸すと、毎月、賃料を受け取れる。キャッシュフロー(お金の流れ)は同じなのだから、不動産は金融商品の一種だ。

株式の信用取引では、証券会社からお金を借りて、証拠金の約3倍の株が買える。マイホームの購入では、不動産を担保に頭金の5倍くらいの住宅ローンを組むのがふつうだ。バランスシートで考えれば、住宅ローンと株式の信用取引は同じものだ。

これは1+1=2みたいな単純な話だと思うのだけど、最初に書いたときはものすごい反発を受けた。「神聖なマイホームを信用取引なんかといっしょにするな」ということらしい。

マイホームの”物神化”は、なにも日本だけのことではない。アメリカンドリームというのは、貧しい移民が広い前庭のある一戸建てを郊外に買うことだ。

世界じゅうでマイホームが物神化する理由は、進化心理学という新しい学問で上手に説明できる。イヌは電柱に小便をし、ヤクザは命を賭けてシマを守る。これはたんなる偶然ではなくて、長い進化の歴史のなかで、「縄張り」が生き延びるための最適戦略として選択されてきたからだ。

ヒトは白紙で生まれてくるのではなく、脳には縄張りを守るプログラムがあらかじめインストールされている。これが、ぼくたちがマイホーム=縄張りを求めるいちばんの理由だ。

認知の歪みによって、合理的かどうかにかかわらず、ひとびとがマイホームを欲しがると、国や会社が住宅ローン減税や利子補給で支援するようになる。こうした優遇策でマイホームはますます魅力を増し、ひとびとは争って住宅ローンを借りようとする。この正の循環によって、不動産を所有したいという欲望が自己増殖していくのだ。

ここでのポイントは、なぜ自分がこれほどまでにマイホームを求めるのか、その理由を買い手が知らないということだ。

サブプライムローンは、低所得者層に返済不能の借金を負わせてお金を儲ける仕組みだった。でもなぜ、借り手はそんなリスキーな取引に応じたのだろうか。お金がないんなら、分相応の家を借りて暮らせばいいのに。

でも、そういうわけにはいかない。彼らを突き動かすマイホームへの衝動は、40億年の進化の歴史を背負っているのだ。

ここに、不動産ビジネスのヒミツがある。

不動産が金融商品なら、住宅ローンは数ある資産担保融資の一種にすぎない。それが特権化し、巨大ビジネスに成長したのは、縄張りを持ちたがるヒトの本能を利用しているからだ。

でもぼくはここで、マイホームを否定したいわけじゃない。経済は自己増殖する欲望によって成長する。欲望を加速する住宅ローンは、人類にとっていいことなのかもしれない。

夢を実現できれば、幸福になれる。それはもちろん、素晴らしいことだ。ただその夢が、勘違いかもしれないということも、知っていた方がいいと思うのだ。

橘玲の「不思議の国」探検 Vol.16:『日経ヴェリタス』2010年9月19日号掲載
禁・無断転載
カテゴリー: Column, 橘玲の「不思議の国」探検 タグ: , , , パーマリンク

第16回 住宅ローンは本能の産物 への6件のフィードバック

  • shushu のコメント:

    はじめまして。
    「雨の降る日曜は~」以来、橘さんの著書は全て大変楽しく読ませていただいています。
    マイホームに関して、素朴な質問なんですが、
    確かに不動産への投資はそのキャッシュインフローとリスクの類似性から金融商品ということができると思います。
    ただ、ことマイホーム(誰かへ賃貸するのではなく、自分で住むという意味でのマイホーム)に関しては、投資によりキャッシュインフローを得るのではなく、賃貸物件に住み続けた場合のキャッシュアウトを無くし、その上で居住という目的も達成するという点で、金融商品とは性質が違うと思います。
    この点では、企業における金融投資と事業投資の違いと似ていると思います。
    企業会計でも金融投資は時価で評価しますが、事業投資の土地建物などは取得価額で据え置くものと思います。
    確かに、賃借物件ではマイホームを購入するのとは異なり、生活ステージ(子供が出来たり、転勤したり)に合わせて、流動的に選択できるという点で、リスクを抑えられるとは思いますが、住居としてのマイホームを金融商品として扱ってしまうと、結局はキャッシュフローの大小で賃借物件と比較するほかなく(キャッシュフロー自体は用いる前提や政策などで容易に比較結果がことなり、どちらが有利かは一概には言えないと思います。)、マイホームを購入することのリスク(資金が固定されたり、無自覚にレバレッジを高めているリスク)が見えなくなってしまうと思いますがいかがでしょうか?

  • 吉村 のコメント:

    >>shushuさん

    その手の話は、
    お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方
    世界にひとつしかない「黄金の人生設計」
    辺りに書いてありますね。すこし昔の本なので本屋にはないかもしれませんので、アマゾンで買ってみればいいかと。

  • くるまは、高級とけいは のコメント:

    日本の戦前、特に都心部での持ち家率は、2~3%程度であったと思い
    ます。移民の国アメリカでは「家」を持つことが夢かもしれませんが、戦後の
    日本は経済復興の「えさ」としてアメリカから与えられたとしか考えられません。
    毎年のように、政府が年収の何倍(5から6倍でしたっけ?)程度で購入
    できる、ということを宣言しますよね、日本は。これに併せて、業界が動き
    国民は洗脳され、みな家を求めるのだと思います。100㎡もない「家」が邸
    宅でもないのに「マンション」だったり、ホームパーティとかやったことないし、リビ
    ングにジャージとTシャツで寝転がっているだけの週末を過ごすために、ハウス
    メーカーのパンフレットにだまされ、仲間をよぶから、もう少し広くしたいなん
    て「夢」をもった結果が、フラット35とかの購入金額の140%以上の払い
    こみに追われる人生。

  • 優介 のコメント:

    中国の場合、マイホームへの憧れは更に強くなります。
    持ち家は面子を保つ道具であり、結婚や子育ての必需品であるからです。
    借家の身分に法的な保障がないことも原因でしょう。
    そして経済発展に伴い無数に出てくる需要と、限られた供給によりバブル化しました。
    政府の引き締め政策(無理やり需要を抑え、供給を増やす)により、
    今ようやく曲がり角に差し掛かった中国不動産市場。
    中国の人たちがマイホームという(悪)夢から目覚める日も近づいているのかも知れません。

  • gtk のコメント:

     40代の私の周りにも平気で30年以上のローンを組む人がいます。「ゆとり世代」の人たちはバブルを知らないせいか、平気でパラサイトしています。それが一番懸命かもしれません。地方に至っては大学を出たとして実家に帰ってこれないのが現実です。(仕事がありません)
     飢えに苦しむことはありませんが価値観は間違いなく変わるでしょう。
     新しい価値観とライフスタイルを模索していく必要があります。
    不動産は供給過剰!ただ国策と相まって、宣伝活動のオンパレード。生活感のないあれらのCMはまるでリゾートのようです。
    中国は国内だけで解決?してもらいたいものです。良識ある日本人はむやみに近づかない方が良いと思います。

  • 優介 のコメント:

    バブルを引き起こした背景には2008年の金融危機、更に前では人民元高を見込んだ
    海外からのホットマネー流入などがあり、一概に中国だけの話でないところがあります。
    飽和状態に達した日本の市場ではこれ以上成長が見込めず、今後も中国市場を狙う
    (良識のある?)企業は増えるでしょう。
    最近の例では、三井不動産が中国華南地区で日系初の住宅分譲事業に参画。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。